ダイエット

タバタ式トレーニングのダイエット効果を最大限に高めるには

タバタ式トレーニング ダイエット

タバタ式トレーニングの効果がすごい!

とは良く言われたもので多くの人がダイエット目的でも取り組みます。

ただ普通にタバタ式トレーニングを取り入れてもそこまでダイエット効果ないんですね。

で、「きっついトレーニングしてるのに痩せない!やめた!」となりがちなわけです。

ですがタバタ式トレーニングを行うときちょっとした工夫を取り入れることでダイエット効果を高めることができ、痩せやすくなるんですよ。

今回はタバタ式トレーニングで超時短しつつダイエット効果を最大限高める方法について書いていきたいと思います。

タバタ式トレーニングのダイエット効果は大きくない

タバタ式トレーニングは一応痩せることができますが、考案者の田畑教授も「タバタ式トレーニングのダイエット効果はないけどついでに痩せることはある。」と言ってるレベルです。

ただこの効果はタバタ式トレーニングをダイエット方法として取り入れているのではなく、身体能力の向上などの効果を主に見るための研究だと思うんですね。

なのでダイエット効果を最大限に高める方法を取り入れてタバタ式トレーニングでもダイエット効果を得よう!ってことです。

ではタバタ式トレーニングでダイエットが進む方法についてみていってみましょう。

タバタ式トレーニングのダイエット効果を最大限に高める方法

タバタ式トレーニングのダイエット効果を高めるのは難しいことではありません。

トレーニング前後にちょこっとやることを増やすだけでも痩せやすくなるんですよ。

トレーニング30分前にカフェインをとる

タバタ式トレーニングを始める30分ほど前にカフェインかブラックコーヒーを飲んでみてください。

カフェインには脂肪燃焼作用があるので、カフェインなしでトレーニングするよりも多く脂肪を減らすことができます。

さらにきっついトレーニングに対しての忍耐力も上がるので、最後までしっかり追い込むことができてタバタ式トレーニングの効果を最大限手に入れることができるでしょう。

トレーニング後にホエイプロテインを飲む

タバタ式トレーニングは食欲を抑える効果が高いのですが、ホエイプロテインを飲むことでさらに効果を高めることがでいます。

なのでダイエット中食欲に悩まされている人にはかなり良い方法だと思います。

またトレーニング後は身体へのストレスによってコルチゾールが増えやすくなってしまいます。

コルチゾールの問題点は

  • 脂肪がたまりやすくなる
  • 筋肉が分解されやすくなる

ということなのでダイエットの大敵なんですね。

他にもコルチゾールの分泌を抑える方法があるので普段から心身ともにストレスの多い生活をしている人は「肥満はストレスによるコルチゾールの大量分泌が問題?」を読んでコルチゾール対策していきましょう。

トレーニング頻度を増やす

当たり前ですがトレーニングは頻度が多い方が消費カロリー増えます。

今まで完全な運動不足だった場合タバタ式トレーニングはきつすぎるかもしれません。

なのでまずは運動するところからスタートになります。

慣れてきたらタバタ式トレーニングを一度やってみましょう。

きついです。

筋肉痛になりますし疲労も残るでしょう。

ですがタバタ式トレーニングを何度も行ってると筋肉痛来なくなりますし、疲労の回復も早くなるんですね。

そうしたら1週間あたりに行うトレーニング回数を増やしてみてください。

最初は週1回のトレーニングだったのを2回に増やしてみる。

単純計算でも1週間に運動で消費できるカロリー2倍になるのでダイエットしやすくなるんですね。

こんな感じで体が慣れてきたらどんどんタバタ式トレーニングを行う頻度を上げていってみてください。

するとどんどん痩せやすくなりますし、お盆とか年末年始みたいな太りがちな時期も怖く無くなるでしょう。

トレーニングを継続する

タバタ式トレーニングの最大のデメリットがきついことです。

人間楽したいものですからきついと続かなかったりするんですよね。

継続できなければ当然ダイエット効果は0もしくは最小になっちゃうのでタバタ式トレーニングを継続するのが一番重要なダイエット効果を高める方法です。

週3回トレーニングするのと月1回思いついた日にやるのでは全然違ってきますよね。

タバタ式トレーニングを気合いで継続するのは難しいので習慣化の工夫を盛り込みまくって続けていきましょう。

タバタ式トレーニングは短時間なので劇的な代謝アップ効果が見込めません。

じわじわ筋肉ついて基礎代謝が上がっていくので気長にトレーニングを続けていくのがいいんですよ。

その代わり習慣化してしまえば短時間で終わるトレーニングなので継続がすごくしやすく体型維持には最高のトレーニング方法になってくれますよ。

2日に1回はトレーニングする

タバタ式トレーニングで本気で追い込んだ場合代謝が上がって消費カロリーの増えている時間があります。

この間は寝ていても消費カロリー少し高まってるんですが24〜48時間ぐらいなんですね。

なので2日に1度ぐらいのペースでタバタ式トレーニングを行うとかなりの時間代謝が上がった状態をキープすることができるわけです。

トレーニング内容をいくつか用意しておく

今まで生き残ってきたことからもわかるように人間の順応性はすごいです。

これは残念ながらトレーニングでも同じことが言えるんですね。

毎回同じ動作をしていると身体が慣れてきて省エネし始めるんですよ。

今まで1kcal消費していた動作が0.5kcalになったり。

生存のことを考えればすごいんですけどダイエットしたいのに消費カロリー減ると困るんですよね。

で、身体が慣れないようにするためには「いくつかのトレーニングを順番に行う。」といいですね。

タバタ式トレーニングで取り入れるなら

  • 1週間目はバーピージャンプ
  • 2週間目はスクワットジャンプ
  • 3週間目はダッシュ
  • 4週間目はバーピージャンプに戻る

って感じで追い込める強度のトレーニングをたくさん用意してください。

種類を増やすのはそこまで難しくなくてYouTubeで「タバタ式トレーニング」って検索すればいろんなトレーニング方法が出てきますよ。

タバタ式トレーニングに使えるアプリを利用する

タバタ式トレーニングをする場合アプリを使いましょう。

自分で測るのもいいんですが面倒です。

自分の勘でトレーニングするとトレーニング時間は短く、休憩時間は長くなるのでタイマー系アプリは必須ですね。

私はIntervalTimerというiphoneアプリを利用しています。

タイマーの設定を複数できるのでおすすめです。

まとめ:タバタ式トレーニングでのダイエットは超時短でできる!効率良く痩せていこう

タバタ式トレーニングは本来そこまでダイエットに効果はないと言われていますが、工夫をすれば消費カロリーを増やすことができてダイエット効果が高まります。

継続していくこと以外の方法は今日からでも取り入れることができると思うので、できるところから取り入れていってみましょう。