ダイエット

砂糖断ちがダイエットに効果的!痩せたいならまず砂糖をやめてみよう

砂糖断ち

 

ダイエットしたいと思ってるもののどうも効果が出ない。

なんで?

 

そう思った人は砂糖をやめてみてください。

砂糖って案外色んなものに含まれていて私たちのダイエットを妨害してるんですよ。

 

砂糖をやめるとダイエットに成功する可能性は劇的に高まるでしょう。

今回は砂糖断ちのダイエットに対する効果について書いていきたいと思います。

砂糖の依存性はコカイン以上!?

 

砂糖はコカインよりも依存性が強いと言われています。

これはマウス実験の話なんですが、砂糖とコカインの両方を選べる状態にしたマウスは砂糖を選ぶんですよ。

 

それぐらい砂糖の魅力ってのは強いわけです。

ケーキとかジュースめっちゃ美味しいですからねー。

 

私もケーキとかチョコレートが大好きです。

ですがこの依存性の強さをうまく避けていかないと砂糖断ちを習慣化することはできません。

 

 

砂糖断ちがダイエットに効果的な理由

 

砂糖断ちのダイエット効果ははっきり言って高いです。

誘惑が強ければ強いほどそれを断てたときのメリットは大きくなりますからね。

 

どうしても甘いものをたくさん食べてしまうって人も多いですし、砂糖の中毒性はコカインよりも高いって言われてるぐらいですから。

砂糖たっぷりな食べ物を習慣的に摂ってる人には砂糖断ちがダイエット方法としてとても効果的でしょう。

 

 

口寂しさが減るので無駄に食べ過ぎなくなる

 

砂糖をやめて慣れてくると今までお菓子やジュースが欲しかったのは単なる習慣だったことに気づきます。

なんとなくおやつの時間になったら口寂しいので食べてしまってたってだけでそこまで好きじゃなかったという人も出てくるでしょう。

 

習慣として食べてたものは砂糖断ちが習慣化されれば食べたいと思わなくなるので、口寂しくて何か食べたいって気になることも減りますよ。

口寂しさの誘惑がなくなれば食べたい欲求を我慢しなくて良くなるんでダイエットはかなり楽になりますね。

 

ちなみに炭水化物以外なら口さびしくならないのでまずは間食を高タンパクなものに替えてみるといいんじゃないでしょうか。

 

 

体が元気になるので運動量を増やすことができる

 

意外なことに砂糖をやめると体に活力が溢れて来ます。

多くの人は「仕事とか勉強にはエネルギーが必要だからチョコレート食べよう。」とか色々言い訳をつけては甘いものを食べていますが、逆効果なんですね。

 

砂糖が多く含まれている食べ物は食後高血糖と血糖値の乱高下を起こすのでむしろ眠気やだるさ、気持ちの落ち込みに繋がります。

気分下がってるときん動く気にはなれないのは当たり前なんで、砂糖を摂りまくってると日中の運動量が減ることで、消費カロリーは低下。

 

ゴロゴロしてる時間が増えるとさらに甘いもの食べたくなって摂取カロリーは増加。

この無限ループによってダイエットとは程遠い生活となってしまうんですよ。

 

逆に砂糖をやめると血糖値が安定することで活力に溢れてくるので、仕事終わりに今までならぐったりしてたのに運動を始められるという変化を起こせる可能性まであります。

日中に疲れがひどい原因が実は砂糖の可能性もあるので、痩せたいなと思ったらまず砂糖断ちしてみるのもいいと思いますよ。

 

 

むくみが改善されるので痩せて見えるように

 

同じ体重でも体脂肪率でもむくみが改善されるだけでスッキリして痩せたように見えますよね。

砂糖をたくさん摂っているとむくみの原因になるので、砂糖断ちをすればむくみが改善される可能性があります。

 

糖質はとればとるほど体内に水分をため込む性質があります。

普段から運動量が多くて糖質も水分もしっかり消費できるなら問題ないですが、むくみが気になるということは消費できてないんですよね。

 

逆に糖質制限していると始めのうち一気に見た目が痩せますが、これは脂肪が減ったわけじゃなくて体内の水分量が減ったことでダイエット効果が出ているわけです。

なので砂糖をやめると他のむくみ改善方法を使わなくてもかなりむくみは改善するでしょう。

 

むくみなくなれば見た目はかなり痩せたように見えますから頑張っていきましょ!

 

 

単純に摂取カロリーが減るので痩せる

 

砂糖はダイエットの大敵です。

 

まず一つ目は砂糖のカロリー

炭水化物1gあたり4kcalなのでお菓子やジュースの表示を見て4倍してみてください。

 

飲み物ならだいた100mlあたりで書いてるのでさらに5倍するんですね。

それが1本飲みきった時に摂取するカロリーです。

 

例えばコーラは500mlのペットボトル1本で225kcalになります。

ジョギングを40〜50分はしないと消費できないぐらいのカロリーが入ってるんですよ。

 

そりゃあんなん飲んでたら太るわって感じですよね。

 

二つ目が砂糖が食欲に与える影響です。

砂糖を摂ればとるほど食欲って増すんですよ。

 

暴走と言ってもいいですね。

お菓子いっぱい食べる人って案外食事量も多くないですか?

 

これは砂糖をたくさん摂ることで食欲が暴走してしまっていて満腹を感じづらくなってるためなんですね。

なので砂糖たちに慣れてくると空腹に襲われることがかなり減ります。

 

結果砂糖断ちを始める前より食欲が収まり、摂取カロリーが減るのでダイエットが楽になるんですよ。

 

 

体温が上がり基礎代謝も上がるのでダイエットが簡単に

 

体温が1度上がると基礎代謝は13~15%上がるそうです。

この差はめちゃくちゃ大きいですよね。

 

砂糖断ちをしていると徐々にですが体温が高まっていきます。

結果基礎代謝も上がるので砂糖断ちで摂取カロリーが減った+基礎代謝アップで消費カロリーが増えるってことでダイエットに効果的なんですよ。

 

基礎代謝13%アップの効果を計算してみましょう。

現在基礎代謝が1200kcalの人の場合13%アップしたら1356kcalとなります。

 

何もしなくても1日あたり156kcalも消費量増えるんですよ。

コンビニのおにぎり1つで170kcalぐらいなので基礎代謝156kcalアップはダイエットとしてはめちゃくちゃ大きな差になるでしょう。

 

30日で4600kcalぐらい勝手に消費してくれるとしたらダイエットがめちゃくちゃ楽だと思いませんか?

砂糖が入った甘いものをたくさん食べていると砂糖でカロリー摂ってる上に基礎代謝下げちゃっててダイエットには不向きな状態なんですよ。

 

 

質の悪い脂質の摂取量も減るので痩せる

 

質の悪い脂質というのはマーガリンなどのトランス脂肪酸やオメガ6脂肪酸です。

オメガ6脂肪酸に関してはある程度必要なんですけど、現在は普通に食事してるだけでも過剰摂取気味なので質の悪い脂質ってことにしてます。

 

普通の食事でも多いのに甘いもの食べてるともっと摂りすぎになりますからね。

良質な脂質は健康のためにも食欲を抑えるためにも必要なんですが、トランス脂肪酸とかは不必要なカロリーとなります。

 

砂糖が多いものって脂肪が多いものもたくさんありますよね。

砂糖と脂肪が混ざるとめちゃ美味いんですよ。

 

砂糖断ちすると当然こういった脂質の多いお菓子も食べられなくなるので無駄な摂取カロリーを減らせることができ、ダイエットにつながります。

 

 

ビタミンB1不足が解消される

 

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるときに消費されます。

普通なら問題ないことなんですが砂糖を過剰摂取して糖質ばかりになるとエネルギーに変えるためにどんどん消費されてしまいビタミンB1不足になるんですね。

 

ビタミンB1不足だとどれだけ糖質を摂ってもエネルギーを作れないので疲れが出てきますし、頭もぼーっとしがちになります。

頭がぼーっとして疲れてたら「甘いもの食べたい。」ってなったときに我慢できるはずがありませんよね。

 

甘いものを食べれば食べるほど欲しくなるのはビタミンB1不足も関係している可能性があります。

砂糖をやめればビタミンB1不足はマシになっていくので甘いもの欲しいという欲求が減りダイエットも楽になるでしょう。

 

 

砂糖断ちで得られる他の効果

 

ダイエットに関してはこんな感じで色々と効果があるのですが、砂糖断ちの効果はまだまだたくさんあります。

 

  • 美肌になる
  • 老化を遅くすることができる
  • 睡眠の質が高まる
  • 集中力が上がる
  • イライラが改善される
  • 節約効果もバカにできない

 

最後は違いますけどどれだけ砂糖が体に悪影響を当てちゃってるのかがわかりますねー。

 

砂糖断ちをする方法

 

砂糖断ちは「よっしゃ!砂糖入ってるもん食べないぞ!」と意気込むだけではかなり難しいです。

しかしやり方さえわかればかなり難易度を下げられるので砂糖断ちの方法を知っておきましょう。

 

砂糖断ちをうまくやっていく方法については別記事で書くので参考にしてみてください。

 

 

砂糖断ちはどれくらいの期間が必要?

 

砂糖断ちを今までに数回やってみて最初の難関はやはり1週間目だと思います。

1週間過ぎるまでなんとか砂糖断ちを続けることができればその後続けていくのはかなり難易度下がります。

 

3週間経つと砂糖断ちの効果がかなり感じられるんじゃないでしょうか。

砂糖断ちを始めると友人の誘いやお菓子もらうといった断れない時もたくさんありますが、私の場合は誘いがあった場合は断らないようにしました。

 

お菓子はその場で食べる必要がなければ持って帰って家族にパス。

まずはうまいこと工夫して1週間砂糖断ちできるようにしていきましょう。

 

 

砂糖断ちと糖質制限は違う!

 

今回紹介しているのは砂糖断ちでして糖質制限ではありません。

まあ砂糖を減らす時点でトータルの糖質摂取量は減ってるかもしれませんが。

 

「砂糖やめるついでに糖質も減らしたるで!」とか気合い入れ過ぎると99.9%どっちも失敗して挫折の原因になるだけなのでまずは砂糖断ちを習慣化できるまで続けましょう。

 

 

まとめ:砂糖断ちでダイエットはかなり楽になる。下手なダイエット方法を試すなら砂糖断ちしてみよう!

 

世の中には色んなダイエット方法がありますが、砂糖断ちはその中でもかなり効果が高いものになります。

断食に近いダイエット方法とかカロリー制限しても一生できるわけじゃないのでリバウンドしてしまいますし。

 

砂糖断ちはむしろ習慣化して一生やったほうがいいぐらいのものなので砂糖断ちの効果を知って砂糖をやめてみてはどうでしょうか。

思った以上に体調良くなりますよ。