ダイエット

プロテインには効果なしと言われる理由は?ぶっちゃけ効果が出る飲み方してないだけ!

プロテイン 効果なし

僕は結構プロテイン推奨派なんですけど、「プロテイン飲んだことあるけど効果ないからやめた。」ということを時々聞きます。

というか友人に言われることもあります。

ですがプロテインを飲んでいて効果を感じられないのは「効果が出る飲み方をしていないから」なんですよね。

プロテインに効果ないっていうならこんなに販売してないでしょうし、ボディビルダーやフィジーカーも飲まないでしょうから。

今回はプロテインには効果なしと言われる理由と効果をしっかり得る方法について書いていきたいと思います。

プロテインの効果については「プロテインの効果はがすごい!人生の質を良くしたいなら飲んだほうがいい!」にてまとめてますので興味があれば読んでみてください。

プロテインを飲んでるのにダイエット効果がない?

プロテインを飲んでいるのにダイエットの効果が出ないという人もいますね。

いくつか理由があります。

2つ理由があります。

  • 食べ過ぎ
  • カロリー制限しすぎ

ですね。

食べ過ぎ

一つ目の食べ過ぎはわかりやすいでしょう。

ホエイプロテインには食欲を抑える働きがありますが、それでも食べられなくなるわけじゃありません。

なのでプロテインを飲んだからと言って食事量が変わらなかったり間食をたくさん食べているとダイエットが進まないというのは当たり前なんですね。

カロリー制限しすぎ

2つ目が意外かもしれませんね。

詳しくは別の記事で書きますが、カロリー制限をしすぎると甲状腺ホルモンの分泌が悪くなってしまい代謝が下がります。

結果消費カロリーが減るのでプロテインを飲んで食欲を抑えても結局は痩せないということになる場合もあるんですよ。

しっかりカロリー制限してるのに全然痩せない人は怖いでしょうが一度摂取カロリー増やしてみてください。

くわしくは「ダイエット中の爆食いOK!?チートデイを使って効率的に痩せていこう!」を読んでみてください。

タンパク質がすでに足りている

あまり多いパターンではありませんが。

1日に必要なタンパク質が食事から摂れている場合はプロテインを飲んでも何も効果を感じられない可能性はあります。

プロテインってタンパク質ですからね。

プロテインからしか摂れない栄養素はないので、不足しているものがなければ効果はないです。

これは悪いことじゃなくてむしろ栄養はできれば食事で摂りきった方がいいので、良い状態と言えるでしょう。

腸内環境が悪化している

腸内環境が悪化していると栄養素がしっかり吸収できません。

なのでがっつりプロテインを飲んでいても効果が出ないんですね。

栄養補給のためのプロテインが吸収されてないなら効果なくて当たり前ですよね。

腸内環境生きてる?って思った時の判断としては

  • 肌荒れひどい
  • 食欲止まらない

ってあたりを見てみるといいかも。

腸内環境悪くなってると肌荒れが改善しないし食欲も暴走しがちなので。

乳糖不耐症

ホエイプロテインを飲んだらお腹壊しませんか?

そういう人はホエイやカゼインといった乳糖が含まれているプロテインが合ってないので別の種類のプロテインでタンパク質を摂るようにしましょう。

乳糖不耐症の場合ホエイの中でもWPIを選べばお腹壊さなくなる可能性があります。

プロテインの選び方については「プロテインの選び方がわからない!解決するためにプロテインの特徴とかまとめてみたよ。」を読んでみてください。

1回のプロテインの量が多すぎる

プロテインは1回に大量に飲めばいいってわけじゃありません。

1回の食事ではタンパク質20~30g程度が良いと言われているのでプロテインを飲むときもこれを判断基準にしていきましょう。

「飲む時間ないからまとめて飲めばいいやろ!」って感じで飲むと吸収されずに効果ない可能性あります。

と言っても下痢しなければある程度一気にとっても効果出るんですけど下痢しちゃう場合は全部出ていってるのでわけて飲みましょう。

プロテインを飲んでるのに筋肉が全然増えない

「筋トレの後にプロテイン飲んでるのに全然筋肉増えないんだけど!」という人には4つの可能性があります。

  • カロリー不足
  • 脂質減らしすぎ
  • 歳とってる
  • 筋トレの負荷不足

って感じですね。

カロリー不足

1つ目はカロリー不足。

カロリーが不足しているとタンパク質もエネルギー源になっちゃうので筋肉がめちゃくちゃ増えにくくなります。

基本的にはダイエットしながら筋肉を増やすというのはできないので筋肉つけたいなら脂肪も増えちゃう覚悟で摂取カロリー増やすしかないんですね。

脂質不足

2つ目が脂質不足。

脂質って太るから良くないとか思われてますがある程度は必要なんですよ。

脂質不足になると男性ホルモンあるテストステロンが減少してしまいます。

テストステロン不足は筋肉が付きづらい状態になってしまうので、脂質制限している場合は一旦やめましょう。

わりと歳とってる

3つ目は歳とってる場合ですね。

実は年齢を重ねると体内でのタンパク質合成能力が低下するんです。

なので20歳の時と40歳の時同じタンパク質摂取量だと筋肉の付き方が全然違ってくる可能性あるんですよ。

摂取カロリーは増やしてるのに筋肉が付かない場合はタンパク質の摂取量を増やすか吸収をよくする方法を取り入れてみてください。

筋トレの負荷不足

4つ目が筋トレの負荷不足。

これ結構ありがちなんですよ。

「筋トレしてるのに全然筋肉つかへん体質やねん。どうすればいい?」って言われることあるので、「どんなトレーニングしてるん?」って聞くと「そりゃ筋肉増えへんわー。」っていうしかない返事が返ってくること多いんですね。

筋トレをして筋肉を大きくしたい場合はしっかり追い込むことが大切です。

追い込まない筋トレは筋肉維持には効果ありますが今よりさらに筋肉つけたいって場合には効果ほぼないんですね。

最初に3つに問題がないのに筋肥大しないって場合は筋トレの負荷を上げてみてください。

プロテインを飲んでいるのに髪が綺麗にならない?

髪の99%はタンパク質の一種であるケラチンと言われています。

タンパク質を増やすことでケラチンも増えるので髪が綺麗になるんですけど、人間の生存ってことを考えた場合髪って優先順位低いんですね。

なのでまずは体の修復とかにタンパク質が使われて何番目になるかはわからないですが、髪の順番までタンパク質が残ってれば髪質が良くなるんですよ。

髪質を良くしたいならプロテインの摂取量を少しずつ増やしてみて気長に調整していきましょう。

プロテインを飲んでいるのに美肌にならない?

美肌も髪質と同じくですね。

おそらくですが神よりは優先順位高いですが細胞の修復とかよりは優先順位が劣ります。

なので肌質改善するぐらいまでタンパク質摂取量を増やしていくと少しずつ美肌になっていくでしょう。

ただ体質に合わないプロテインを飲んでいると逆効果の可能性があるので、プロテインの選び方を学んであなたにあったプロテインを使いましょう。

プロテインの摂取量が足りていない

タンパク質摂取量の最低ラインは摂取カロリーの15%です。

最高は35%ですね。

15~35%の間で収まるようにしつつ最低でも体重1kgあたり1gのタンパク質を摂取しましょう。

食事記録をつけてみるとわかるんですけど最低ラインの体重1kgあたり1gって量ですら案外摂れてなかったりするんですよ。

最低ラインのタンパク質を摂取するためにプロテインを飲むのは大いにありです。

まとめ:プロテインの効果がないのは案外他の部分の原因が多い!一つずつ見直してプロテインの効果をしっかり得よう!

今回の記事で開設したようにプロテインの効果が出ないのは案外プロテイン以外のところにも原因があったりします。

せっかくプロテイン飲むんですからしっかり効果が出るようにしていきましょう。