ダイエット

プロテインの効果はがすごい!人生の質を良くしたいなら飲んだほうがいい!

プロテインの効果

プロテインはタンパク質をできるだけ凝縮したものです。

粉状なので基本的には水や牛乳・豆乳に溶かして飲むですが、このプロテインが色々と良い効果あるんですよ。

プロテインといえばボディビルダーみたいなイメージがあってなかなか浸透しませんが、タンパク質が足りていない人が多い現代人はかなりの人が飲んだほうがいいでしょう。

今回はプロテインの効果について書いていきたいと思います。

プロテインを飲むことで得られる効果

美容面

プロテインはタンパク質です。

人間の体のあらゆる部分はタンパク質を元にできているんですね。

なので普段あまりタンパク質の摂取を気にしていない人で肌が荒れがちな人はプロテインを飲み始めると肌質が良くなったり、髪が綺麗になったりする可能性があります。

カロリーを気にしたり色々食べるのが面倒だけど美容面でもっとレベルアップしたいという人はプロテインを飲んでみてもいいでしょう。

薄毛改善

さっきも言ったようにタンパク質は髪の材料にもなります。

髪の99%はケラチンというタンパク質です。

なんですが髪って「人間が生き残る」ということに関しては優先順位が低いので後回しにされがちなんですね。

結果タンパク質不足から薄毛になる人もいます。

タンパク質不足で薄毛になっている場合はタンパク質を摂取することで薄毛が改善される可能性があるので、プロテインを飲んでみるのもいいと思います。

今まで食事から摂ってこなかったのでプロテインの方が手っ取り早いですね。

ただ残念なことに薄毛の原因というのは他にも色々あるので、プロテインを飲めば100%改善されるというわけではないので気をつけて。

筋肉量が増えやすくなる

男女ともに「筋肉量を増やしてかっこいい体を作りたいな。」と思った時にはプロテインを飲みましょう。

プロテインはタンパク質なので食事から摂れればベストですが、筋肉量を増やすには普段よりも多くのタンパク質が必要なのでたいていの場合プロテインを補助として使わなければ不足してしまいます。

プロテインをタンパク質の必要量までしっかり摂ることで筋肉の同棲量が多くなるだけでなく、分解される量も減って2重の効果で筋肉がつきやすくなるんですよ。

筋トレしているのに全然筋肉が成長しないとか仕事上かなり運動量あるのにガリガリって人はプロテイン飲んでみましょう。

それだけで筋肉が付きやすくなるかもしれません。

効率よく筋肉を付けたい時プロテインを飲むタイミングとしては食間がいいですよ。

食事でもタンパク質を摂っておやつ代わりにプロテインを飲むことで食事とまとめてプロテインを摂るよりも筋肉が増えやすくなると言われています。

ダイエット

プロテインはダイエットにも効果的です。

特にホエイプロテインは食欲を抑える効果が高いので、プロテインを摂ることで自然に摂取カロリーが減って痩せるって感じなんですよ。

様々な研究でタンパク質の摂取量が増えると自然にトータルの摂取カロリーが減るというデータが出ています。

プロテインでタンパク質を1%増やすだけでも総摂取カロリーが50kcal減るとか。

また総摂取カロリー中のタンパク質量を増やすことでDITが高まり消費カロリーも増えるのでダイエット中はプロテインで痩せやすい状態を作っていくといいでしょう。

高タンパク質ダイエットが効果的な11の理由。楽に食欲が抑えられる?

睡眠の質改善

体重1kgあたり1,5gのタンパク質を摂取することで睡眠の質が改善されると言われています。

睡眠はダイエットや筋肉をつける肉体改造でめちゃくちゃ大事。

睡眠不足だとストレスレベルが激増しちゃってコルチゾールがテストステロンを減少させます。

すると筋肉がつきにくく脂肪が溜まりやすい状態になるのでダイエット中の睡眠不足はやばいんですね。

また睡眠不足で食欲ホルモンのレプチンとグレリンのバランスが狂うので食欲の暴走も起こります。

とまあ怖いこと言ってますが急に睡眠時間を増やすのはなかなか難しいです。

タンパク質の摂取量を増やすと睡眠の質が改善されると言われているので、普段あまりタンパク質を気にしていない人はプロテインを飲むことで睡眠の質を上げていきましょう。

疲労回復

トレーニング後にプロテインを飲むことで疲労回復を早める効果を期待できます。

早く回復できれば次のトレーニングまでの期間を短くすることができますし、筋肉痛の辛さも短くてすみます。

動くたびに足痛くて辛い時間は少しでも短いほうがいいですよね。

また仕事では疲れも早く取れるようになるので、特に運動していない人もプロテインを飲むと人生楽になります。

テストステロンが高まる

プロテインでテストステロンが高まる理由としては

適切なタンパク質量

があります。

1日のタンパク質摂取量が体重1kgあたり1,6gの時テストステロンの分泌量がMaxまで高まるんですよ。

1,6gというのは50kgの人だと80gのタンパク質になりますから毎日しっかり食事だけで摂取するのは割と難しかったりします。

テストステロンの効果については別記事でまとめてますので参考にしてみてください。

テストステロンを増やすには?今からできる10の方法と食べ物や栄養素まで紹介!

身長が伸びるかも

成長期が過ぎていて骨端線が閉じていればもう栄養摂取で身長を伸ばすことは期待できません。

が、子どもの身長を伸ばすのにプロテインが効果を発揮する可能性が大いにあります。

骨ってカルシウムって思われがちですが、実はほとんどがタンパク質なんですよ。

タンパク質を元に周りをカルシウムとかで固めてるわけです。

ということは元になるタンパク質が不足していると骨が効率よく作られなくて身長伸びないってことになりかねないんですね。

身長に関しては遺伝や環境要因が大きいのでプロテインを飲むことで必ず身長が伸びるとは言えませんが、後から伸ばすのは困難なのでプロテインでタンパク質をしっかり摂っておくといいんじゃないでしょうか。

私はタンパク質不足の影響もあるのか全然身長が伸びなくて今となっては「うわー、もっとタンパク質しっかり摂ってればよかった!」と思ってますが遅かったですね。

アンチエイジング

プロテインに含まれているシステインがグルタチオンという抗酸化物質を作るためアンチエイジングにも効果的と言われています。

グルタチオンは「抗酸化の王」とか言われているぐらいアンチエイジングにとっては効果的な物質なので、プロテインをしっかり摂って老化防止していきたいところですね。

摂取量に関しては睡眠の質が高まる量ぐらいでいいんじゃないかと思います。

リーキーガットの改善

リーキーガットとは腸壁がボロボロになっている状態のことです。

健康的な腸は必要な栄養素をしっかり取り込んで不必要な老廃物とか大きすぎる物質は取り込まないようにできています。

しかし腸壁がボロボロになっていると普段取り込めないサイズの不要なものもどんどん取り込んでしまって体内をボロボロにしてしまうんですよ。

結果だるいとか以上に眠いとかアレルギーが悪化したとか頭痛がひどいとか色々な状態が出てきてしまいます。

そのとにかく面倒なリーキーガットを改善するのにプロテインが効果ありって言われてるんですね。

一度リーキーガットになると改善するのに時間と手間がかかるので、なる前の対策としてプロテインを飲むのもありでしょう。

ストレス解消

筋トレにはストレス解消効果があります。

筋トレ後にプロテインを飲むとさらにストレス解消効果が高まることがわかっているんですよ。

また有酸素運動のランニングやジョギングを長時間行うとコルチゾールの分泌がかなり高まっているため放っておくと筋肉がガンガン分解されていくんです。

しかしプロテインを飲むことでその筋肉分解を抑えることができるので、運動後のプロテインは欠かせないでしょう。

プロテインの選び方は?

プロテインには色々種類があります。

ホエイプロテインの中にも製法の違いでWPCとかWPIがあったり、ホエイとかカゼインとかソイプロテインとかあります。

ですが基本的にはホエイプロテインでOKです。

ドラッグストアとかスポーツショップに売ってるのもホエイプロテインですし。

もっと詳しく知りたいという人はプロテインの選び方について別の記事で解説していますので参考にしてみてください。

まとめ:プロテインは効果絶大!1日1杯のプロテインで生活が激変するかも

プロテインはタンパク質の不足を改善することで様々な効果を得ることができます。

最初にも言ったように体内でどのように使われるかは人によって異なるので「プロテイン飲んだ時の効果」も出てくる順番も違うんですね。

なので1日のタンパク質摂取量をある程度計算しつつ、効果を感じられるまで少しずつ増やしてみましょう。