ダイエット

腸内環境改善が一生太らないダイエットへの近道!?

 

あなたの腸内環境は良いですか?

とか聞かれても見えないからわかりませんよね。笑

 

しかし判断する方法はあります。

”今調子がいいか悪いか”である程度は判断できるんですよ。

 

調子が悪いのが続いている場合は腸内環境が悪くなってる結果調子が悪いという状態が起きてる可能性が高いんです。

実際腸内環境を整えるように生活を変えていくだけでどんどん体調が良くなっていく人は多いですし、実際に私もチャレンジした結果どんどん調子が良くなっています。

 

今も腸内環境を良くしている最中ですが数年前に比べると圧倒的に調子がいいですね。

腸内環境だけで普段の生きやすさにどんだけ差ついてんだって感じです。

 

ちなみにこのブログはダイエットブログなので当然腸内環境を整えることがダイエットにも効果的だということです。

今回は腸内環境を整えることとダイエットの関係と腸内環境を整える方法について書いていきたいと思います。

 

腸内環境を改善することがダイエットにつながる理由

 

あなたのその食欲は腸内環境の悪化が原因かもしれない

 

 

腸内細菌のバランスが悪いと食欲を抑えられなくなるので、「なんて意志が弱いんだ!」と思ってたのも腸内細菌のせいで仕方ないとも言えるんですよ。

しかし最終的にはその腸内細菌のバランスになるような食事をしているのは自分ですよね。

 

なので腸内環境を改善して必要以上に食欲がわいてくるのを防ぐ必要があります。

無駄な食欲を抑えることができるようになればダイエットも簡単になっていくと思いませんか?

 

 

食欲を抑えるにはどうすればいいの?空腹感を防ぐ16選!

 

 

糖質摂りまくりでも腸内環境が良ければセーフ?

 

 

キューバ人はアメリカ人に比べると砂糖の摂取量が2倍とめちゃくちゃ多いんですがそれでも肥満などは少ないそうです。

これは腸内環境がいいからであると言われていますね。

 

糖質を摂ると太る!というのは腸内環境も大きく関係している可能性が高いというわけです。

ただ当たり前ですが摂取カロリーが増えれば増えるほど太る可能性は高まります。

 

 

 

腸内環境を改善する方法

 

ジャンクフードをやめる

 

 

2日連続ジャンクフードなだけでデブ菌は一気に増えると言われています。

2日連続ジャンクフードというのはおそらく朝昼晩3食だと思われますが、一度ぐらいは経験してる人もいるんじゃないでしょうか。

 

「私2日連続は結構頻繁にあるけど昼だけだから大丈夫だわー」と思った人も6食に比べてマシなだけで大丈夫ではありません。

大丈夫かどうかは身体が物語っているでしょう。

 

いきなりジャンクフード全撤廃は難しいと思うので、まずは減らすことを考えてみてください。

週7日昼はジャンクだったなら2日に1回にして、慣れてきたらもっと減らしていくというように。

 

 

 

無脂肪をやめる

 

 

低脂肪とか無脂肪食品ってありますよね。

あれも腸内環境のことを考えるとあまり良くないんですよ。

 

人によってはむしろ低脂肪のやつの方が好きっていう人もいると思うんですけど、低脂肪で美味しくするためには何かしら添加物が入ってるんですよ。

添加物は腸内環境を悪くしてしまうので同じ乳製品を摂る場合は低脂肪とかじゃなく普通のやつを飲むようにするといいでしょう。

 

 

 

プチ断食

 

 

断食の方がいいんですけどきついと思うのでプチ断食で全然OKです。

プチ断食は前の食事から18時間空ければいいだけなので比較的簡単なんですよ。

 

前の日の夕食を20時に食べ終わったとすれば次の日の14時まで食べないようにするだけです。

たったこれだけでも腸が回復する時間を作ることができ、結果腸内環境は良くなっていくんですね。

 

断食をする場合は2,3日行いたいので家でやるのは少し難しいでしょう。

ただしダイエットのために頻繁に断食をするのは筋肉量が落ちて見た目は普通なのに肥満な状態のサルコペニア肥満の原因になってしまうので気をつけましょう。

 

 

超簡単!半日断食でダイエット!いっしょに健康も手に入れられる!

 

 

食生活を変える

 

 

これが一番大切です。

一旦断食して腸内環境を良くしても食生活が良くないと堂々巡りになるだけなんですよね。あ背

 

最近は野菜を全然食べない人が多いですよね。

食物繊維をしっかり摂っていればいいのできのこ類などでもいいですが、それも摂ってない人が多く肉や魚ばかりの人もいるので少しずつでも食物繊維などの量を増やしていきましょう。

 

とか言ってる私も野菜を食べるようになったのは20歳を過ぎてからだったりします。笑

今もまだまだ多くはないですが、ここ数年で20歳になるまでに食べた野菜量の数倍は確実に食べてますね。

 

野菜類なんて本当に食べませんでしたから。汗

 

 

 

抗生物質を使った肉を食べない

 

 

天然のやつを食べるようにして抗生物質が使われている肉は食べ名ようにしてみるという方法があります。

抗生物質を使ってるものは微量とは言え残ってるので食べた後腸内環境を悪化させやすいんですね。

 

ただし抗生物質を使わずに作られた食肉は値段が高くなってしまうので、お金との相談も必要になってきます。

そういう面もあるため優先順位は低めですね。

 

 

 

抗生物質をやめる

 

 

その代わり自分が使う抗生物質は減らすようにしましょう。

ほんの少しの頭痛とか咳で薬を飲む人がいますが、できるだけ避けた方がいいです。

 

抗生物質を飲んでいると腸内細菌は死んでしまうんですが、この菌はもう戻ってこないと言われています。

腸内環境が悪くなればなるほど病気にかかりやすくなったり体調不良を起こしやすくなるので余計に薬を飲まないといけなくなるという無限ループに入ってしまうんですよ。汗

 

クリニックで処方されている薬をやめるのは難しいと思うので、市販の薬は飲まないとか決めておくといいですね。

 

 

 

自然に触れる

 

 

現代人は自然と触れる機会が少なくなっていて腸内細菌の数が少なくなっていると言われています。

都市部で住んでいると自然自体が少ないんですが、公園などのちょっと木があるところを散歩したり観葉植物を置くだけでも違ってきますよ。

 

家にいる時間が長い場合はできるだけ換気をすることで少しでも外にいる最近を部屋に取り込みましょう。

細菌を取り込むと言ったら風邪ひきやすくなるとか思われるかもしれませんが、腸内環境を良くすることを考えるととても大切なことなんですね。

 

 

 

ペットを飼う

 

 

自然に触れるのが難しい場合はペットもありです。

自分とは違った細菌をもってるものと触れあることで腸内細菌のバランスも整うんですよ。

 

ちなみにペットとの触れ合いはストレス解消にもとてもいいのでオススメです。

家でペットを飼えない場合はストレス解消もかねて猫カフェとかフクロウカフェみたいなところに行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

たくさんの人と会う

 

 

腸内細菌は人から人に伝染すると言われています。

そのためたくさんの人と会う機会があるとそれだけ腸内細菌の種類を増やすチャンスを得ることができるんですね。

 

腸内細菌はバランスも大切ですが、種類が豊富なことも大切です。

なので普段から元気でポジティブな人と会う機会を増やすといいでしょう。

 

 

 

ストレス解消

 

 

ストレスは腸内の防御を崩してしまい腸内細菌のバランスもボロボロになってしまいます。

これは仕事や勉強でストレスを溜めすぎたら便秘とか下痢になったりする人はわかりやすいと思うんですね。

 

ストレス解消は休日にまとまって行おうと思っても難しくて全部解消しきれません。

徐々に溜まっていってストレス過多になりかねないので、毎日少しずつでも解消していくようにしましょう。

 

ゆっくり湯船に入るのもいいし、瞑想とかジョギング、ストレッチを10分するだけでも全然違ってきますよ。

 

 

ストレス太り解消!今日から取り入れたい11の行動

 

 

レジスタントスターチを摂る

 

 

食物繊維の一種で食欲を抑えたり、腸内がボロボロになってるのを改善する役割をしてくれます。

腸内がボロボロになるリーキーガットという状態を改善することで食欲を抑えるだけでなくアレルギー改善にも効果的と言われているんですよ。

 

腸内がボロボロになってる状態で”腸内環境にいい”と言われている食物繊維や乳酸菌を摂っても意味がないどころか余計に腸を傷つけてしまう可能性もあるので、今までの感覚から腸内環境がすごく悪いだろうなと思った場合はまずは腸内の傷を回復させることを始めましょう。

これにはプチ断食が一番効果的だと言えますね。

 

 

 

発酵食品を摂る

 

 

納豆やキムチなどの発酵食品は腸内環境を整えるためにはとても効果的な食べ物です。

ただしヒスタミン不耐性の人は醤油も含め発酵食品を摂ることで体調不良になる可能性もあるので気を付けましょう。

 

逆に今までの体調不良がこういった発酵食品にある可能性もあるので、納豆が大好きで毎日食べてるけどなんか体調いまいちという人は一度発酵食品をやめて様子見するのもありですね。

 

 

 

運動をする

 

 

運動は腸内環境を改善させる効果があります。

ストレスを解消できるという面から考えても効果的ですね。

 

ただし運動をするというと極端な運動(急に毎日1時間のジョギングとか)を始める人がいるんですが、それはストレスが増してしまうため逆効果なのでやりすぎには気を付けましょう。

最初は簡単なことでいいです。

 

10分のウォーキングとかから開始して慣れてきたら10分ジョギングにしてみるとかでOK。

10分のウォーキングも嫌だったら5分で慣らしていきましょう。

 

 

10の運動の効果を紹介!ストレス解消や仲間が増えるなど。

 

 

まとめ

 

 

腸内環境改善は一朝一夕でできるものではありません。

しかし腸内環境を改善することで食欲を抑えてダイエットが楽になるだけでなく、体調が良くなりますしホルモンバランスが良くなることで集中力ややる気も高まるのでいいことばかりです。

 

少しずつ腸に悪い習慣をやめて良い習慣を増やしていきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です