ダイエット

猫背の改善トレーニングで正しい姿勢を手に入れよう!(動画あり)

 

 

猫背には様々なデメリットがあります。

まず一番わかりやすいものとして猫背だと周りから見てあまりかっこいい(可愛い)とは思えないですよね。

 

ものすごく仕事ができそうにも見えません。

というかむしろ仕事できなさそうだなと思われる可能性まであります。汗

 

これは周りからみた場合のデメリットですが猫背には自分の体や精神面にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

今回は猫背改善トレーニングについて書いていきたいと思います。

 

 

 

猫背を改善するためのトレーニング方法

 

猫背になる原因は?

 

運動不足

 

 

最近は座っている時間が増えているので運動不足が進んでいますよね。

その結果筋力が低下してしまったり、反対に動かさないことで筋肉が凝り固まることで猫背になってしまいます。

 

背中側の筋力が低下すると猫背になりやすくなります。

そして猫背になると今度は体の前川の筋肉が縮んだまま固くなってしまうことで猫背が固定されてしまうんですね。汗

 

 

 

長時間のデスクワーク

 

 

運動不足の原因がデスクワークでしょう。

立ち仕事をしてると自然と腹筋や背筋に力が入るため気づかないうちにトレーニングになっていますが、座っていると相当意識しない限り猫背の状態になってしまいます。

 

背筋が綺麗に伸びた状態でパソコンを使ってる人なんてあまりいないんじゃないでしょうか?

 

 

スマホの普及

 

 

スマホが出てきてからはどんどん猫背が進んできてますよね。汗

もちろんスマホだけでなくゲームや漫画といった長時間体を丸める動作になるものは猫背が進んでしまいます。

 

PCやスマホなどを長時間使う場合は定期的にストレッチを入れていきたいですね!

 

 

 

椅子の座り方

 

 

座り方ひとつとっても猫背の原因になります。

椅子に腰を浅くかけて背もたれを使っているとだらーっとなって背中は丸まってますよね。

 

この状態を続けると猫背になるでしょう。

座るときだらーっとなった状態が楽と言う人はすでに猫背です。

 

 

 

ストレスがたまっている

 

 

人間はストレスを感じると縮こまっていきます。

強いストレスを感じているとどんどん身体が丸まり猫背になるんですね。

 

猫背になると余計気持ちはネガティブになって猫背が進みます。

逆にポジティブでストレスなんて感じてなさそうという人はすごく姿勢が良かったりしませんか?

 

実は姿勢を正すだけでも気持ちがポジティブになりやすくなり、ストレスも解消されるので気持ちがネガティブになってるなというときは意識的に姿勢を正してみましょう。

 

 

猫背改善のメリット

 

姿勢が良くなる

 

猫背という姿勢は見た目があまり良くありませんよね。

疲れてるような覇気がない雰囲気を漂わせています。

 

周りの人からネガティブに見られていたのを猫背改善するだけでもかなり変えることができます。

背筋がぴんっとなってる人は元気でポシティブな人に見えますよね!

 

 

 

テストステロン値が高まる

 

 

実は猫背を改善して正しい姿勢を取るだけでテストステロン値は高まります。

びしっと決まった姿勢は自分を大きく見せます。

 

実際に大きくならなくても大きく見せるポーズをとるだけでテストステロン値が高まるんですね!

反対に猫背のように自分が小さく見えるポーズをとるとテストステロン値は下がってしまい、やる気が低下したり気持ちがネガティブになってしまいます。

 

 

 

ストレスが減る

 

 

猫背を改善することでストレスも減少します。

 

さっきも少し書いたように自分が小さく見えるポーズはテストステロン値を下げます。

同時にストレスホルモンであるコルチゾールが高まるんですが、コルチゾールはストレスを増やしてしまうんですね。

 

姿勢一を変えるだけでコルチゾール値にも差が出てくるので気を付けたいところです。汗

 

 

 

肩こり改善

 

猫背では背中側の筋肉がつねに引っ張られて緊張しています。

つねに緊張しているので筋肉はどんどん固くなって血流が悪くなるんですね。

 

その結果が肩こりです。

血流が悪くなることで冷えやすくもなってしまいます。

 

 

バストアップ

 

 

肩こりと同じく背中側の筋肉が引っ張られ固くなることで血流が悪くなり、うまく栄養を送れない状況になり更に老廃物をため込んでしまいバストにとって良くない状況になっているのを改善することができます。

 

 

 

肺活量が下がる

 

 

猫背だと呼吸をするときに最大まで肋骨を広げるのが難しくなってしまい肺活量は下がってしまいます。

取り込む酸素の量が減ってしまうので脳への酸素も減り集中力が下がったり、免疫力の低下など様々な問題につながっていきます。

 

 

 

 

 

改善方法は2種類ある

 

猫背を改善するには大きく分けて2つの方法があります。

筋肉を強くするか固まった筋肉をほぐすかです。

 

要するに筋トレとストレッチを行っていくんですね!

しっかりとほぐすべき筋肉をストレッチして筋力不足の筋肉を鍛えることで猫背は改善され正しい姿勢をキープすることができるようになります。

 

一時的に改善することは簡単ですがずっと維持できるように改善していくには地道に行動していくしかないんですね。

 

トレーニングする筋肉

 

筋トレする筋肉は脊柱起立筋、広背筋、菱形筋の3か所を主にトレーニングしていきます。

この3か所を鍛えることで背中をしっかりと伸ばした状態がキープできるようになるんですね。

 

筋力低下した状態だと前側の筋肉の引っ張る力に負けてしまって背中は丸まり肩も内側に入っていくことで猫背になってしまいます。

 

脊柱起立筋

脊柱起立筋は背骨の左右に上から下まで通っている筋肉です。

この筋肉に力を入れることで背筋をまっすぐに保つことができるんですね。

猫背で背中が丸まりやすいのは脊柱起立筋が筋力低下している可能性があります。

筋力低下している場合は鍛える必要がありますがこの筋肉だけ鍛えまくると逆に背中が反りすぎて腰痛などの原因になってしまうので、ほかの筋肉とバランスよく鍛える必要がありますね。

 

 

広背筋

広背筋は背骨の真ん中~腰あたりから上腕に向かってくっついている筋肉です。

この筋肉に力を入れることで肩甲骨が内側に向かって動きます。(内転)

脊柱起立筋を伸ばしてある程度肩甲骨を内側に寄せた状態にすると綺麗な姿勢になりますよね。

そのまま1分ほどキープしてみましょう。

かなり辛くないですか?

綺麗な姿勢は本来体に負担が少ないはずですがきついということは筋肉が衰えている可能性があります。

 

 

菱形筋

菱形筋はあまり聞きなれない筋肉だと思います。

この筋肉は背骨から肩甲骨の内側についていて肩甲骨を内側に引き合わせることができます。

この筋肉が筋力低下していると肩甲骨が外側に開きやすくなって猫背になりやすいのでしっかりと鍛える必要があります。

 

 

ストレッチ

 

ストレッチをして固さをほぐしていく筋肉は大胸筋、腹筋群、腸腰筋、ハムストリングス、大臀筋などですね。

大胸筋や腹筋、腸腰筋は体の前側についている筋肉です。

この筋肉が硬くなることで無理やり前に骨が引っ張られる状態になってしまい猫背になります。

 

大臀筋はお尻の筋肉でハムストリングスは太ももの裏の筋肉です。

一見猫背とは関係ないように思われますが、この2か所の筋肉が硬くなると骨盤が後傾してしまいます。

 

骨盤が後傾すると猫背になってしまうんですね。汗

 

大胸筋

 

 

腹筋

 

 

腸腰筋

 

 

ハムストリングス

 

ハムストリングスは太ももの裏の筋肉で大臀筋はお尻の筋肉です。

一見猫背とは関係ないように思われますが、この2か所の筋肉が硬くなると骨盤が後傾してしまいます。

骨盤が後傾すると猫背になってしまうんですね。汗

 

 

 

大臀筋

 

 

 

整体は意味がない?

 

猫背改善のために整体に通う人もいますが実際のところどの程度効果があるんでしょうか?

整体は猫背改善に全く効果がないというわけではありません。

 

曖昧ないい方になってしまってますが、整体しにいくと一旦改善されますよね。

ですがまた猫背になってきては整体に通って、ということの繰り返しになると思われます。

 

一旦猫背が改善されたとしても普段の姿勢が改善されてなかったらまた猫背になるのは当たり前なんですね。

だって猫背になったのはあなたのその姿勢や生活習慣が原因ですから。汗

 

なので整体に通って猫背が少し改善されたらそのタイミングで自分でも猫背改善方法をとりいれてみましょう。

猫背改善のために筋力が足りていなければ軽い筋トレを始めるといいですし、整体で筋肉ががちがちに固まってる言われたなら毎日お風呂上りとかにストレッチを取り入れるようにするといいでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫背はしっかりとストレッチやトレーニングを行うことで改善していくことができます。

日々の習慣にして時間をかけて根本から猫背を改善していきましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。