食事

ダイエット中の野菜の食べ方を紹介!工夫するだけで痩せやすさは全然違ってくるぞ!

ダイエット中の野菜の食べ方

野菜を食べるのってなかなか面倒ですよね。

好きじゃない人は食べたくないですし、僕なんかは途中で「あ、食べるの面倒になってきた。」とかなっちゃいます。笑

野菜好きの人はある程度気をつけることを知っておきつつ野菜を食べる量増やせばOK。

ですが野菜があまり好きじゃない人には工夫が必要でしょう。

今回はダイエット中に痩せやすく状態を作る野菜の食べ方について書いていきたいと思います。

ダイエットは野菜の食べ方一つで楽になる!

とりあえず野菜くっとけばいいんだろ?と思ってませんか?

ダイエット中は野菜の食べ方と食べる野菜に工夫を入れるだけでかなり楽になります。

食欲を抑えられるし摂取カロリーも減るしでとにかくダイエットしやすくなるんですよ。

ちなみにもっと多くの食欲を抑える方法を知りたい人は「ダイエット中の食べ過ぎを防ぐ12の工夫!食べる量を減らすなら肉を食え!?」を読んでみてください。

ダイエット中の野菜の食べ方

野菜の食べ方を工夫しましょう。

ダイエット中に野菜の食べ方を知ることができれば、ダイエットが終わった後も楽に体型維持できるようになりますよ。

野菜は食事の一番最初に食べる

これはテレビとかでも紹介されていて定番ですね。

食事の一番最初に野菜を食べましょう。

野菜を最初に食べることで満腹中枢に向けて刺激が入り始めます。

するとメインを食べ始める前にある程度空腹感が抑えられているので、食べ過ぎを防ぐことができるんですよ。

だいたい20分ほどでいい感じに満腹中枢への刺激が入って満腹感出てくるようなので、食事前にサラダとか食べるのもいいですね。

僕は最初にサラダを一皿食べるようにしてますが、「あ、今日なんかたくさん食べられるきがする」って思った日はサラダを2皿食べるか別の野菜を追加して満腹感を上乗せしています。

毎回大量のサラダを作るの面倒!

という人はカット野菜を使いましょう。

カット野菜ってあんま体に良くないとか言われてたりするんですが、栄養的にも消毒とかでも基本的には安全ラインなの気にしないでOKです。

むしろ面倒なことばっかして不健康な生活してる方が危険かと。

ドレッシングはかけないもしくは少量にする

外食時にサラダにドレッシングをかけまくって食べてる人はすごく残念だなーと思って見てしまいます。

というのもドレッシングでカロリーかなり高いんですよ。

なんせ脂質と糖質から作られてますからね。

少しでも食べすぎないためにサラダを最初に食べていてもドレッシングをたっぷりかけると台無しです。

ドレッシングの脂質はたいてい質も良くないので、体にも良くないですし。

ドレッシングをかけないと食べられないという人は少しだけドレッシングかけたら後は塩で味付けしましょう。

塩はカロリー0なので食べてダイエットが進まないということはありません。

ちなみにマヨネーズもカロリーめっちゃ高いのでアウトです。

ナッツを追加する

サラダにドレッシングはNGですが、ナッツを砕いてまぶすと栄養バランスがさらに良くなり食べ過ぎを防ぐことができます。

と言ってもナッツ類は基本的にカロリー高めなので、1日あたり手のひら1回分ぐらいまでですね。

ナッツで健康的な栄養とカロリーを増やしましょう。

アーモンドの効果はダイエットだけじゃない!?7つの効果と摂取量など

カロリー制限中は根菜類を控える

根菜類って案外糖質が含まれています。

なので食事を減らしても野菜を根菜類メインで摂っているといつのまにかカロリー摂取量が増えていて痩せないということになりかねないんですね。

根菜類とは

  • ダイコン
  • ニンジン
  • じゃがいも
  • さつまいも
  • ゴボウ
  • カブ
  • レンコン

などですね。

じゃがいもとさつまいもは炭水化物が多いイメージあると思うんですが、ダイコンとかそんなにカロリー多そうじゃないのにって感じですよね。

ちょっとした積み重ねで意外と摂取カロリー増えちゃうので気をつけましょう。

糖質制限をしている時は根菜類から糖質を摂る

カロリー制限と違い糖質制限をしているときの糖質は根菜類から摂るといいでしょう。

糖質制限と言っても糖質を限りなく0に近づけると代謝が劇的に落ちてしまって全然痩せなくなってしまうんですね。

一応対策もありますが、糖質はある程度摂った方がいいでしょう。

と言っても白米とかパンは糖質量とタンパク質やビタミン・ミネラルのバランスが良くないので、じゃがいもやさつまいもをメインとした根菜類から糖質を摂ると栄養バランスが整いやすくてオススメです。

とくにさつまいもは甘いのでおやつ代わりにもなっていいんじゃないでしょうか。

野菜をスープにして食べる

ダイエット中の野菜はスープにして食べるのもありですね。

スープにすると本来煮た時点で野菜から出ていってしまう栄養素もしっかり摂ることができます。

水分も多くなってるのでお腹が膨れやすくなって無駄に食べ過ぎることが減るでしょう。

野菜があまり好きじゃないって人も結構いると思いますが、スープにしてしまえば味付け次第で気にせず食べられるんじゃないでしょうか。

低温調理する

これは野菜に限った話じゃないんですけどできる限り低温調理することで料理内のAGEsが少なくなるため体の炎症を減らし、痩せやすい体にすることができます。

低温調理とはそのままの意味でして、できる限り低い温度での調理法を使って料理していくことです。

例えば卵を使う場合は

  • 卵の天ぷらより卵焼き
  • 卵焼きよりゆで卵

って感じですね。

できる限り低温調理をすることで自然と摂取カロリーが減るためダイエットに繋がるよ!と言われております。

僕もほとんど毎日タンパク質源として鶏肉食べてますけど、ほぼ焼かずに煮込んでいます。

と言っても水が沸騰するのが100℃なのでまだまだ甘いなーと思っていて、最近は低温調理器が欲しいなと思っている次第ですね。

炎症とダイエットに関して詳しくは別の記事で書こうと思います。

色々な野菜を食べる

野菜によって含まれている栄養素の種類や量は違います。

当たり前なんですけどやっぱ好みとか調理の楽さによって結構偏ると思うんですね。

栄養不足だとついお菓子とかジュースに手が伸びちゃう可能性上がるので、いろんな野菜を取り入れていきましょう。

今なんの栄養が不足しているかに関してはこちらを参考にしてみてください。

まとめ:ダイエット中は野菜の食べ方を工夫しよう!それだけで痩せやすい食事に変えられるぞ

野菜の食べ方はダイエットの成功率を左右すると言っても過言ではありません。

野菜嫌いからするとなかなか抵抗の強い話なんですが、調理方法を工夫すれば案外食べられるので野菜も食事に追加してみましょう。