ダイエット

ダイエットは頑張ると失敗する。だから頑張らなくても痩せる工夫をしよう

ダイエット 頑張る

ダイエットは頑張ると失敗します。

頑張るということは無理してるってことですからね。

短期的には無理してもなんとかなるかもしれませんけど、一生無理し続けるなんて不可能なんですよね。

結果頑張るのに疲れたらリバウンドです。

しかもダイエットを頑張る時ってかなり頑張っちゃうので早い段階でリバウンドしがちに。

今回はダイエットを頑張ると失敗してしまう理由とその対策について書いていきたいと思います。

シロクマ理論で食べたい欲求爆上がり

シロクマ理論とはアメリカのウェグナーという心理学者が、1987年に「シロクマ実験」という実験を行ったところから出てきたものです。

超簡単にいうとシロクマの映像を見た後に「シロクマのことは絶対に考えないで!」と言われたらめちゃくちゃ考えちゃって映像のこと覚えてたってことですね。

これダイエットにもめっちゃ当てはまると思いませんか?

「今はダイエット中だから糖質は絶対ダメ!」とか考えると白米食べたいしパン食べたいしラーメン食べたい!って普段よりも思いますよね。

完全にシロクマ理論にとらわれた状態。

食べたらダメだ!と思えば思うほど食べたくなるし実際我慢できずに食べちゃうことになるので、ダイエット中は食べたらダメだと考えるのやめましょう。

どうすればいいのか?

「健康に痩せるには何を食べたらいいのかな?」と考えればOKです。

痩せるために食べるのは

  • 満腹感の割に低カロリーなもの
  • 美味しいけど低カロリーなもの
  • 高タンパク質なもの
  • 良質な脂質が入ってるもの

って感じですかね。

この辺りを意識して食べるようにすれば食欲に悩まされることが激減するでしょう。

ストレスで脂肪が落ちにくくなる

ストレスはダイエットの大敵です。

ストレスが多い状態だと基礎代謝が下がることで1ヶ月に約400gほど脂肪がつきやすくなると言われてるんですよ。

やばいっすよね。

400g脂肪だけ落とそうと思ったら結構頑張らないといけないのに頑張れば頑張るほどダイエットのストレスで痩せにくくなるという。

ダイエットはとにかく頑張らずストレスをためないことが大切になるんですよ。

頑張れば失敗するので頑張らない工夫をしていきましょう。

仕事や勉強でストレスが強い人はまずストレス解消していくのも効果的なダイエット方法になりますね。

ダイエットを頑張ろうとすると先送りしがちになる

頑張るって面倒じゃないですか?

運動をしようと頑張るなら「よし、今から30分ジョギングに行くぞ!」と気合い入れるわけですよね。

1日だけ気合い入れて走るのはそこまで難しいことじゃないです。

ダイエットのモチベーションが高い初日なんか楽勝でしょう。

ですがそれを何日か続けていけばやる気は落ち着いてきてると思うんですよ。

頑張ってる状態だとここで面倒になってきて何かしら理由をつけてサボりだすんです。

「今日は帰りが遅かったからジョギングは明日にしよう。」とか「仕事頑張ったし今日はデザートに1個だけケーキ食べていい!」みたいな。

先送りっているのは今すぐやめたほうがよくて、先送りすればするほどストレスになっちゃうんですよ。

まあ「ジョギングサボっちゃった。」って気持ちが出てくるのでわかると思いますが。

頑張るってことはあなたにとってハードルの高いことなのでもっともっとハードルを下げてまずは「頑張らなくていいダイエット」を始めてみましょう。

ダイエットを頑張って失敗しないための対策

 

ダイエットを習慣化する

運動やダイエットの食生活を習慣化してしまいましょう。

毎日のジョギングが習慣化すると多少残業で遅くなっても問題なく続くようになります。

食生活が習慣化されるとダイエットはもっと簡単になりまして、「太る食生活」が入り込んで来なくなりますからね。

食生活の習慣化

食生活の習慣化とは

  • ジャンクフードをやめる
  • 質の悪い脂質をやめる
  • 高タンパク質な食事をする
  • 野菜めっちゃ食べる

とかですね。

一気に全部変えたらわかりやすいですが難易度高いので一つずつ習慣化していきましょう。

個人的におすすめは高タンパク質な食生活を作ることですね。

運動の習慣化

運動を習慣化すると運動しないことに違和感を覚え始めます。

習慣化されるまではやはり面倒と感じる日もあるんですが、工夫を重ねて習慣化すれば勝ちですね。

運動する時間を固定で取れない場合は日常のNEATを増やしていくと消費カロリー増やせますよ。

睡眠時間の確保

睡眠不足を解消するだけで

  • ストレスが減る
  • 食欲が自然と抑えられる
  • 衝動に対して強くなる

というダイエットには最強と思われる3つの要素を手に入れることができます。

睡眠時間を必要量確保するだけでダイエットを頑張らなくてよくなるので、睡眠時間を確保していきましょう。

睡眠をとると痩せる8つの理由!

ダイエットについて勉強する

実はダイエットにも勉強があります。

今あなたが見てくれているこのブログの情報も一種の勉強ですよね。

勉強っていうと学生の頃の面倒な記憶のせいでアレルギーでる人もいるかもしれませんが、そんな面倒なことじゃないんです。

ダイエットの勉強をするということは「できるだけ楽に痩せて体型維持する方法を知る」ってことですから。

勉強すればするほどダイエットは楽になりますし、頑張って失敗しちゃうということも減ります。

セットポイント理論を知る

人はできるだけ今の体重をキープしようと生きます。

ホメオスタシスというのが働いてまして「今の状態を維持するのが一番楽に生きられる」と体は知ってるから維持しようとするんですよ。

と言っても1gの誤差もないわけじゃなくだいたい4~7kg前後で普段の体重を維持するんですね。

日によって急に2kgぐらい増えたりするのはセットポイントの誤差なだけです。

ダイエットが難しいのはセットポイントを超えて体重を減らそうとしてるからなんですよ。

なのでセットポイントを下げるように調節すればそこまで苦労せずにダイエットを成功させることができます。

セットポイントのことを知らずに「よっしゃ!目標体重まで痩せた!今日から食事制限は解禁!」とか思ってるとまだセットポイントはダイエット前の体重に残ってるのですぐリバウンドということに。

セットポイント理論については別の記事で詳しく解説しますね。

まとめ:ダイエットは頑張ると失敗する。だから頑張らない工夫をしよう

ダイエットは頑張ると必ず失敗します。

リバウンドを含めたダイエット失敗率は95%以上と言われているので、いかにみんな頑張ってダイエットして失敗しているかがわかりますよね。

頑張るよりもとにかく工夫をして「ダイエットなんて当たり前」という状態にしていくのが大切です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です