ダイエット

筋トレを趣味にするデメリット。対策をしてメリットをたくさん手に入れよう!

筋トレを趣味にするデメリット

趣味がない。

筋トレでも趣味にしようかな。

でも筋トレを趣味にするのってデメリットとかある?

趣味がないから筋トレでも始めてみようかと思ったとき趣味が筋トレだとデメリットあるのかな?

ということかもしれません。

この記事では実際に筋トレが趣味の一つである僕の経験から趣味が筋トレであるデメリットについてまとめています。

正直そこまで大きなデメリットはないですが参考にしてみてください。

筋トレを趣味にするデメリット

 

減量つらい

 

筋トレが趣味になると筋肉を効率よくつけるための増量期と脂肪を減らして見た目をかっこよくする減量期を作り始めるようになります。

減量期は食事制限をするのでかなりきついんですね。

減量期はかなりきついので仕事や勉強の質が下がることもあります。

今の僕自身は筋トレに増量期や減量期を作っていないので問題ありませんが。

僕が減量期を作らなくても問題ない理由は普段からトレッドミルデスクで仕事をしているから。

トレッドミルデスクについて詳しくは別記事で書きますのでそちらを参考にしてみてください。

 

減量中はネガティブになりがち

 

減量中はとにかくきついです。

肉体的にもきついんですが、精神的な辛さが半端ないんですね。

筋肉量が多くなってるので1日に必要なカロリーが多くなってるのにも関わらずあまり食べてはいけない。

食べていいものも細かく決まっているというのはメンタルがかなり削られるでしょう。

ネガティブなってると人間関係も微妙になってしまうので気をつけましょう。

イライラしても自分の趣味のことなので周りに迷惑かけるならやめた方がいいですね。

 

食事管理がガチガチ

 

趣味が筋トレになると普段からある程度食事管理するようになりますが、減量期の食事はガッチガチに決まっています。

  • タンパク質が何g
  • 炭水化物が何g
  • 脂質は何g
  • これは食べてはいけない
  • あれは食べないといけない

かなり食事の制限が多くなるのは筋トレを趣味にするデメリットですね。

食事の楽しみが減ってしまうこともありますから。

と言っても軽く趣味を筋トレにするぐらいなら食事もそこまで細かく管理するわけじゃないので問題ありません。

僕も週5日ぐらいは筋トレしてますがタンパク質以外は適当ですからね。

それでも太ることはありませんし、筋肉もしっかりついています。

 

最優先が筋トレになる

 

筋トレを加速的に広めたtestosteroneさんも言ってますが、筋トレが趣味化すると最優先事項が筋トレになります。

筋トレが最優先になることにはメリットもあります。

筋トレを趣味にするメリットの記事でも書いてますが、何よりも筋トレをしたいので仕事を爆速で終わらせられるようになったりします。

ですが筋トレを優先しすぎると

  • 飲み会に行けなくなる
  • 旅行も行けなくなる
  • 外食すらあまり乗り気じゃなくなる
  • 夜は早く寝たい
  • タンパク質!

となるので気をつけましょう。

ほどほどの筋トレ野郎が最高かなと思います。

 

ゴールはない

 

成長を常に感じ続けられるという大きなメリットと同時に筋トレにはゴールがありません。

筋肉が増えて少し体に変化があればもっと筋トレしたくなります。

理想の先にはさらに大きな理想あるのでゴールと思ってたところすら実は通過点だったりするんですね。

そのため真のゴールがなく、人によっては終わりのない迷路に入ってしまったように感じるかもしれません。

何のために筋トレやってるんだろ?とならないようにある程度の目標設定をしてそれ以上はできればラッキーぐらいにしておくといいんじゃないでしょうか。

 

気持ち悪いと言われる

 

人によっては筋肉を付けまくると「気持ち悪い」と言われることもあります。

ノリで言ってくる人はたくさんいるので気にしないでOKです。

ですが時々筋肉モリモリのマッチョが本気で好きじゃない人がいるのでそういう人とは筋トレ関連の話はしないようにした方が無難ですね。

何も話してないのにマッチョきもいって言ってくる人は離れられるなら離れた方がこちらの気分的にもいいですよ。

 

食事量が増える

 

筋トレして筋肉をつけるにはたくさんのカロリーが必要になります。

当然食事量増やさないと摂取カロリーは増やせませんよね。

筋肉をつけるときの最初の難関として「量を食べられない」という人も多いんですよ。

そういう場合は少しずつ食べる量を増やしていくといいですね。

いつのまにかかなりの量を食べられるようになりますよ。

 

食費がかさむ

 

食事量が増えるということは食費も増えるということ。

筋肉を増やすにはそれなりの経済力が必要なんですね。

筋トレのメリットとして仕事できるようになるのでその過程で昇給する可能性も十分になりますが、筋トレの大きなデメリットとしては食費が思ってる以上にかかるよということも知っておきましょう。

僕はそこまで筋トレガチ勢ではないですが、それでもプロテインやサプリなどの補助食品だけでも月1万ぐらいはかかっています。

 

暑苦しい

 

筋肉がつけばつくほど暑苦しい雰囲気になりがちです。

すごく爽やかな人もいますが少数派ですね。

筋トレを趣味にすると見た目がどんどん大きくなるので場所をとり暑苦しく見えてしまうんですよ。

代謝が高まり体温も上がるので実際に暑くもなってますし。

暑苦しくならないような服装を心がけましょう。

 

まとめ:筋トレを趣味にするのはデメリットもある。でもメリットが大きすぎるから気にしなくても大丈夫!

 

筋トレを趣味にするとデメリットも出てきます。

ですが個人的にはメリットがめちゃくちゃ大きいよなと思ってるので気にしなくて大丈夫でしょう。

飲みに行けないとか筋トレを始めた頃は気になりますが、筋トレが趣味になるにつれて自然と飲みに行かなくてもよくなりますし。

デメリット対策をして筋トレを趣味にするメリットをたくさん手に入れましょう!