ダイエット

ダイエットのメリットとデメリット。痩せると生活が一変する!

ダイエットのメリットとデメリットまとめ
ダイエットで痩せて綺麗になれるイメージあるけどメリットだけじゃなくてデメリットもあるの?

あるとしたらデメリットってなに?

ダイエットは痩せるという大きなメリットがあるのでそれ以外がほとんど見られていません。

ですが実際ダイエットって痩せる以外にもたくさんのメリットがあるんですよね。

逆にダイエットにはデメリットもあります。

ダイエットのメリットとデメリットを知っているとモチベーションを維持しやすくなりますし、失敗も減らすことができます。

今回の記事ではダイエットのメリットとデメリットについて書いていますので、しっかり理解してダイエットの成功率を上げていきましょう

ダイエットを成功させることで得られるメリット

自信がつく

ダイエットを成功させることができれば自信がつきます。

痩せれば今まで太ってるという自覚があった人でもそうでない人でも、見た目が変わるので自信が出てくるんですよね。

「ダイエットに成功した」という成功体験自体も自信を持つことができる理由の一つになります。

自信ってめちゃくちゃ大事でして、ダイエットして見た目が変われば仕事や勉強のやる気まで上がったりするので人生変わるレベルの変化が起こることもあります。

また自信がつくことで日常でネガティブなってしまうことが激減します。

ネガティブになることが減るとストレス源も減りますので、暴飲暴食が減るんですよ。

結果リバウンドする可能性も減らすことができます。

ダイエットで自信をつけたいならただ脂肪を落とすだけでなく筋肉もつけてメリハリのついた体型を目指すといいでしょう。

メリハリボディを作りたい場合は筋トレが効果的です。

あわせて読みたい
女性こそ筋トレダイエットがいい6つの理由。今こそ体重神話を捨てるとき! 女性の皆様。 筋トレしてますか? してない? 出来るだけ早く筋トレを始めた方がいいですよ! ...

自制心がつく

ダイエットに成功するということは痩せるまでの計画や食べたいものを我慢する自制心が必要になってきます。

もちろん一発でダイエットに成功する人もいますが、多くの人はなんども失敗を重ねつつダイエットできるようになっていくでしょう。

何回もダイエットを繰り返していく間に自制心が少しずつ育っていくんですよ。

最初は3日坊主だった食事制限や運動が1週間続くようになったり。

このように少しずつついてきた自制心はダイエット以外にも使えます。

勉強しないといけないのについ遊んでしまうのを我慢できるようになったり、明日も仕事だから早く寝ないといけないところをテレビみないでしっかり睡眠取れるようになったり。

自制心が育つと人生も割と好転するのでダイエットで自制心鍛えまくっていきましょう。

健康になる

太っている状態というのは不健康です。

太る食生活や運動不足な状態は不健康です。

肥満になると血管や心臓に負担がかかって病気のリスクが高まりますし、太れば太るほどやる気がなくなっていくのもわかっているのでさらに動かない生活になってしまうんですよね。

以前は「少しぽっちゃりしている方が健康的」とか言われてる時期があったんですけど、あれは間違いだったこともわかっています。

ダイエットして健康的な体型になることで心身ともに健康度が上がるので少しずつでも痩せましょう。

肥満を解消することで病気のリスクを減らすことができるのはかなりのメリットじゃないでしょうか。

もちろん肥満じゃなくなれば100%病気にならなくなるわけではないですが、病気の要因をひとつ減らすことができます。

身体が軽くなる

太っている時にくらべてやはり身体が軽くなります。

身体が軽いのは体重が軽くなった分当然軽くなりますし、精神的にも軽くなるんですよね。

身体が軽ければちょっと運動量を増やしてみたり、今まで断っていたようなイベントにも参加してみたりと行動力が増してきます。

行動できるようになればそこでもまた自信をつけることができますよ。

睡眠の質が高まる

太っていると睡眠の質が下がることがあります。

寝ている間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群(SAS)は太っている方が起きやすくなるんですね。

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に呼吸が止まることで酸素をうまく取り入れることができなるので、睡眠の質がグッと下がってしまうんですね。

また心臓への負荷も強くなって突然死の原因にもなるようなので気を付けたいところ。

肥満が原因の睡眠時無呼吸症候群は痩せると改善していくこともあるのでまずは脂肪を減らしていきましょう。

印象が良くなる

痩せれば印象は良くなります。

たまにマスコットキャラ的な存在でぽっちゃりなのに人気な人もいますが、例外ですよね。

たいていの人は痩せている方が好印象をもってもらえます。

見た目なんて関係ないっていいますが、第一印象はめちゃくちゃ大切ですよね。

恋愛でも最初は中身わからないので絶対に見た目で判断しますし、仕事面でいうと太ってる人は自己管理ができてない証拠だって思われる場合もあります。

痩せるというのは簡単なことじゃありませんが、それ相応にメリットもあるので少しずつ痩せていきましょう。

食費が減る

太っている時に比べたら食費は減ります。

痩せるということはほとんどの場合食事制限をしないといけません。

食事制限をすれば当然食費は安くなりますよね。

普段の食事はもちろん間食する量も減るので人によっては驚くほど節約になる場合もあるでしょう。

疲れにくくなる

食事量を減らして運動をすれば疲れにくくなります。

運動を続けていると体力がついてだんだん疲れにくくなるのはわかると思います。

実は食事量を減らすことでも疲れにくくすることができるんですよ。

消化吸収というのはものすごくエネルギーを使います。

実際に1日プチ断食とかしてみるとわかるんですが、次の日身体がものすごく軽いです。

食べてない分軽いというのを越えて疲労感がものすごく減るんですね。

ただ逆に何日も断食をするのはエネルギー不足でフラフラになるようなので危険です。

ほどよく食事量を減らしていきましょう。

生活習慣病のリスクが減る

肥満は生活習慣病のリスクが上がります。

糖尿病はインスリンの分泌などが関係してきますが、毎回の食事でインスリンを分泌しすぎると耐性が出来てきてしまって起こります。

インスリンの分泌は血糖値を調整するために行われるので、糖質などGI値の高いものをたくさん食べると分泌量が増えます。

太っている人って間食が多かったり、麺類や米、パンが好きというイメージが強くないですか?

糖質の多い食事はインスリンの分泌を高めてしまうので注意しましょう。

体臭が減る

太っていると汗をかきやすく雑菌の繁殖が増えます。

それが原因で体臭がきつくなっている人は痩せることで少しずつ改善していくことができますね。

また太っていると動くのが面倒で運動不足になることが多いです。

その結果運動で汗をかくことが少なくなって老廃物がたまり、体臭がきつくなっていることもあるんですね。

普段から汗を流すようにしてみましょう。

運動をしたり半身浴で汗をかいたりすることで体臭を抑えることができます。

汗をかいた後はちゃんと水分補給してくださいね。

運動後体重が落ちるのは水分だけでほぼ脂肪は落ちていないので、そのまま放置しておくと脱水症状の原因になることもあります。

また水分不足では代謝が下がりダイエットも上手くいかなくなるので気を付けましょう。

みんなに優しくなれる

ダイエットに成功すると周りに対して優しくなれます。

これは自信がついたことや心に余裕ができたことが理由です。

周りに優しくなれれば周りからの見る目も変わってくるでしょう。

ダイエットで起こりがちなデメリット

もちろんダイエットにもデメリットはあります。

ですがちゃんと理解しておくことで防げるデメリットなので知っておいてください。

急なダイエットは体調を崩す

数日の断食やほぼ糖質0の糖質制限、脂質制限は体調を崩す原因になります。

場合によっては拒食症などの病気にもなることがあるので気を付けましょう。

急激なダイエットは筋肉を分解してしまって思ってる以上に脂肪は減りません。

一見痩せたように見えても筋肉がたくさん落ちて基礎代謝が下がってしまっている分、リバウンドの可能性が高くなるんですね。

というかほとんどの場合リバウンドします。

急なダイエットは短期間で行うことが多いので、今までより少ない食事量が習慣になっていません。

なのでダイエットが終わったらすぐ太ってたときの食事量に戻ってしまって、しかも基礎代謝が落ちてるので前よりも太るんですね。

しっかりと計画を立てて筋肉量を落とさず少ない食事量を習慣にしていくとリバウンドはしません。

ゆっくりとダイエットしていきましょう。

ストレスになる

ダイエットはうまくやらないとストレスがたまりまくります。

ストレスはダイエットを失敗させる原因になります。

ストレスによってストレスホルモンが暴走して暴飲暴食してしまうこともあるんですね。

またストレスによって老化の原因になってしまうこともあります。

ガリガリに痩せたのはいいけどなんかすごい老けたって人周りにいませんか?

ダイエット中のストレス対策はやりすぎってぐらいに対策していくといいでしょう。

食事に制限がかかる

今までと同じ食生活でダイエットを成功させることはできません。

当たり前ですよね。

今の食生活で太ってしまったんですから。

ダイエットを始めると好きなものを好きなタイミングで好きなだけ食べるというのはできなくなってしまいます。

「食事だけが毎日のストレス発散方法だったのに。」という人は間違いなく挫折しますので、ダイエットを始める前に別のストレス解消法を見つけておきましょう。

僕も食べるのは大好きなんですが、最近は量を食べるのがダメになったので本当に美味しいものを少量だけ食べるようにしています。

筋肉量が落ちる

ダイエットは特にタンパク質をしっかり確保しないとどんどん筋肉量が落ちていきます。

筋肉量が落ちるのってめちゃくちゃ問題ないんですよ。

  • 代謝が落ちる=リバウンドしやすくなる
  • 動くのしんどくなる
  • 日常生活の怪我のリスクが高くなる
  • 見た目にメリハリがなくダサい

って感じです。

ダイエットをしてできる限り筋肉量を落とさないためには

  • 急激なダイエットはしない
  • タンパク質を摂りまくる
  • 筋トレをする

の3つが必須なので気をつけましょう。

あわせて読みたい
できるかぎり脂肪だけを落とす!筋肉量を維持して痩せるために知っておきたいこと 脂肪だけ落としたい! こう考えてる人はとても多いでしょう。 と思ったんですがそもそもダイエットしたら筋肉もバ...

皮膚がたるむ?

ダイエットで皮膚がたるむことはそうそうありません。

少なくとも1ヶ月に5~10kgの減量なら問題なさそうです。

というのも以前与沢翼さんという人が2ヶ月で22kgの減量をしたのをツイッターで報告してたんですが、一切皮膚たるんでなかったんですね。

著書の「ぶち抜く力」の中でも一気にダイエットしても皮膚はたるまなかったと書かれています。

直接お会いして確認したわけではないですが、わざわざ嘘をいうメリットはないので間違いないんじゃないでしょうか。

と言ってもリバウンドしないことを第一に考えてダイエットする場合は1ヶ月あたり体重の5%ほどの減量にとどめた方がいいので皮膚がたるむ心配はあまり必要ないですね。

ダイエットする前に知っておきたいこと

 

ダイエットは一生もの

ダイエットは目標の体重になったときが終わりではありません。

むしろそこが始まりと言ってもいいでしょう。

目標の体重はあなたにとって理想の体型だと思います。

その体型を維持することがダイエットの本当の成功なんですね。

まずは目標体重になったことを喜びましょう。

頑張った自分を思いっきりほめましょう。

その後は体重、体型をキープするという新しい目標を立てて運動や食事計画を立てていくと一生リバウンド知らずになることができますよ。

太ってた自分とはおさらばしましょう。

ダイエットのメリットとデメリットを理解してリバウンド知らずの健康的な体を手に入れよう!

ダイエットのメリットはたくさんあります。

デメリットももちろんありますが、しっかり対策をしておけばそこまでビビることはないかなって感じですね。

むしろ太りっぱなしのデメリットの方が圧倒的に大きいので少しずつでも痩せましょう。

ダイエットのメリットは一つ一つがものすごくいいものですが、たくさん増えるほど相乗効果が出てくるのでゆっくりとダイエットを成功に近づけていってくださいね。