食事

デブエットで健康的に理想の身体を手に入れる方法!太り方は知識をつければOK

デブエット

もう少し体重増やしたいなと思っても全然太れない。

そもそも食べられないので太れない。

細すぎると言われている人たちはこういう状態だと思います。

太りたいのに太れないっていうのも悩ましいですよね。

しかしダイエットに知識を追加すれば一気に痩せやすくなるのと同じように太るのも知識をつければ一気に楽になるんですよ。

今回は太る方法に特化した「デブエット」について書いていきたいと思います。

ちなみにデブエットの知識はダイエットにも使えるので興味のある人は読んでみてください。

デブエットとは

デブエットとはヒョロヒョロだったりガリガリで痩せている人が太るための方法です。

今までもう少し肉つけたいなー。とか筋肉つけたいなー。と思ったことがある人が取り入れるダイエットとは真逆の方法ですね。

太れないというのはダイエッターとしては超羨ましい話ですが、太れない人は太れないなりに悩んでたりするんですよ。

で、色んな方法を用いて食べた分だけ栄養をしっかり体内に取り込み太るようにしていきます。

ダイエットにも応用できる

デブエットの知識はダイエットにも応用できます。

なぜなら「デブエットの方法をやった太る。」からですね。

逆にいうとデブエット生活をやめればダイエットは成功するし一生リバウンドしないということなんですよ。

なのでダイエットや肉体改造をして引き締まった肉体を作っていきたいという場合でも役立ちます。

デブエットのメリット

 

免疫力の向上

デブエットというのはなんでも食べていいってわけじゃないです。

健康的に太るためにはある程度食べてはいけないものってあるんですよね。

で、健康的な食べ物を食べるようにして体重が増えるぐらいしっかりと栄養素を吸収できるようになれば、免疫力を高めることができます。

細い人の中にはすごく免疫力が高くて風邪引いてるのみたことないって場合もありますが、基本的に栄養不足なので免疫力が下がりがちなんですよ。

体調不良な日が多いなって感じている人は健康的なデブエットやってみるのもいいんじゃないでしょうか。

標準体型ぐらいの人の体調不良は別にあるのでデブエットしなくてもいいですよ。

見た目の改善

私の親戚にもめちゃくちゃ細い子いるんですけど、子どもの頃から大人になってからも「体調大丈夫?」って聞かれることが多いそうです。

本人は特に体調悪いとかないそうなんですけど、確かにちょっとげっそりした感じがあって体調良さそうには見えにくいんですよね。

健康的なデブエットを成功させることで見た目が改善されるため、体調不良かと心配されることが激減するでしょう。

また見た目が改善するということは「魅力的になる」ということでもあります。

カリフォルニア大学で「男性はどれくらいの見た目が一番魅力的に見えるのか?」という研究がされたんですね。

その研究によると細マッチョが一番モテます。

有名人でいうとGacktさんぐらいかな。

残念なことにガリガリはデブと同じぐらい魅力度が低いんですよ。

なので男性はガリガリをキープしちゃうならデブエットして普通体型を目指した方がいいんですね。

見た目を良くして内外ともに魅力度上げていきましょう。

ちなみにGacktさんの標準体型だと言ってるわけではありません。

あの肉体はかなり鍛えないとなれません。

筋トレもするといい身体になれる

デブエットといっても本当にお腹プニプニで太りっぱなしというのはいやですよね。

男性ならしっかり筋肉つけてガタイ良くなりないものです。

女性でも脂肪だけついて中身は筋肉がないって状態だと動くのも面倒になりますし、やっぱり引き締まった上である程度体重を増やしたいと思うでしょう。

そこでやりたいのが筋トレ。

筋トレをすることで筋肉が大きくなればただ太ってるだけのデブエットにはなりません。

もし絞りたいってなった時は脂肪だけ落とすようにすれば筋肉が残って引き締まった体にもなれます。

筋トレしたらしっかり成長する

「身体細すぎるから筋肉つけよう!」って思う人は結構多いようですね。

ですが今まで全く太らなかった状態で筋トレをどれだけ頑張っても筋肉増えないんですよね。

筋肉増えないので当然ながら見た目にも変化はないです。

デブエットを開始するとある程度筋肉がつきやすい環境が整えてくるので筋肉量も増やすことができるようになるでしょう。

ホルモンバランスが整う

男女ともに痩せすぎはホルモンバランスの乱れを起こしがちになります。

男性の場合は体脂肪率が10%を切ると男性ホルモンであるテストステロンが低下していきます。

結果男らしさはなくなりやる気が低下しなんかだるいって感じで色々なデメリットが出てくるんですよ。

LoH症候群もテストステロン減少で起きると言われているので、細すぎる人は歳を重ねるごとに対策が必要になってくる可能性あります。

女性の場合も女性ホルモンのエストロゲンが低下すると言われています。

エストロゲンが低下してしまうと生理不順など色々なデメリットが出てきますよね。

ちなみに男性の場合は体脂肪率10~15%、女性の場合は15~22%を維持できるようになるとホルモンバランスが整うと言われているので、何もしていないのにこの数値以下の場合はデブエットした方がいいかもしれません。

ファッションを楽しめるようになる

雑誌やネットでモデルさんが着ていて「めっちゃ可愛い!」って思った服をいざ買って着てみると「なんか微妙。」ってことありませんか?

人が違うので似合うかどうかは違ってくるの当たり前なんですけど、痩せすぎが原因のこともあります。

デブエットをして標準体型ぐらいまで肉体改造すると似合わなかった服が似合うようになったりするので今似合ってない服を復活させるためにもデブエットが使えるんじゃないでしょうか。

もちろん痩せすぎ→標準までは問題ないですが、標準→デブに向かってくとまた服が似合わなくなっていってファッションを楽しめなくなるので気をつけましょう。

健康的なデブエットの方法

痩せすぎの状態から標準体型になれたとしても健康を損ねていたら全く意味がないです。

なのでここでは健康的なデブエット方法を知っていきましょう。

食事回数を増やす

まずはとにかく食事回数を増やしましょう。

太れないと言っている人の多くは「俺結構食べるんやけど全然太らへんねん。ガリガリいややわー。」みたいに言います。

ですが昼食とか夕食を一緒に食べるとわかるんですけど全然食べてないんですよ。

「え?もう終わり?」みたいな。

そりゃ太らんわって感じの量です。

なのでデブエットとして最初に行うのは食事回数を増やすことですね。

1回にたくさん食べられない場合は回数を増やして摂取カロリーを増やせばデブエットが加速しますよ。

食事を摂るタイミングはある程度いつでもいいんですが

  • 朝食
  • 間食
  • 昼食
  • 間食
  • 間食
  • 夕食

って感じでいいんじゃないでしょうか。

夕食後は寝る時間なので睡眠の質を落とさないためにも間食はやめたほうがいいですね。

回数食べてもまだデブエットに成功しない場合はプロテインのような飲み物で摂取カロリーを増やすと簡単に増やせていいですよ。

消化吸収能力を上げる

割と最大の原因は食事量が少ないことなんですが、2つ目の原因が消化吸収できていない。

ということです。

食べたものを消化してしっかり吸収できてなかったらどれだけ食べても栄養素は体に入ってないので太ることはないんですね。

万年ダイエッターとしては羨ましい限りですが、体としては大問題。

無駄に頑張って消化吸収することになるし頑張ったのに栄養入ってこないので疲れ切っちゃいます。

消化吸収能力が低い理由は色々ありますが、よく噛んでない&早食いってのがありますね。

噛んでないので大きな塊が胃に入っていきます。

さらに早食いだとどんどん大きな塊が入ってくるので消化されずにどんどん胃から出て言っちゃうことになるんですね。

消化されていない大きな塊は腸に行っても吸収されることないですから体の栄養とはならず出てきます。

結果摂取カロリーが減って太れないんですよ。

なのでまずはよく噛んでゆっくり食べましょう。

食事の時ながら食べしてませんか?

仕事しながらとかテレビやスマホを観ながらだといつのまにか噛まずに早食いしてしまっています。

まずは食事中は食べ物だけをみてゆっくり食べましょう。

腸内環境を整える

よく噛んでゆっくり食べるようにしても腸でしっかりと吸収されないと意味がありません。

元々の吸収能力はおそらく差があると思うんですが、自分の中で最大限吸収できるようにすればそれだけでもデブエットが成功しやすくなるんですよね。

近年食生活の乱れによって腸内環境ボロボロな人が増えています。

よく噛んでゆっくり食べるというのは意識すれば次の食事から可能ですが、腸内環境は1日で整うわけじゃないのでゆっくりと時間をかけて取り組みましょう。

と言っても早ければ1週間もしないうちに体調が良くなって変化を感じる場合もありますよ。

腸内環境改善でベストな体型を維持する方法

炭水化物を増やす

炭水化物というのは白米とかパンですね。

糖質制限ダイエットがはやる理由は体重が落ちやすいからです。

糖質には水分を溜め込む働きもあるので、糖質制限をすると体内の糖質が減ると同時に水分も減るんですね。

結果体重が一気に落ちるんです。

じゃあ逆に糖質をしっかり摂るようにすれば、水分が増えますから体重と見た目を改善することができるんですね。

ただただ太ってる人をみたらわかるようにむくみ対策しないとむくんで大変なことになります。

同時にむくみ対策をして綺麗に体型を良くしていきましょう。

むくみ改善!見た目を綺麗に見せる方法

炭水化物も基本的には健康的なものを食べることで体型と健康を同時に整えることができるので、ジャンクフードは極力避けましょう。

健康的な食事を増やす

食事を増やすといってもなんでもかんでも食べていいってわけじゃないです。

ジャンクフード食べまくってたらすぐに太れる可能性はありますが、将来病気にかかるリスクは跳ね上がりますから。

ヒョロガリを卒業して普通体型になれたとしても病気になったり、日中が眠気やだるさにおおわれてるなんていやですよね。

食事量を増やす時は健康的なものを食べましょう。

例えば間食にポテチを食べるのではなくアーモンドやくるみを食べる。

パンじゃなくオートミール食べる。

って感じですね。

食事のメニューはめちゃくちゃ大事

健康的な食事をしてデブエットするには食事メニューがめちゃくちゃ大事です。

適当な食べ物をがっつり食べても太ることはできるでしょうけど健康を損ないますからね。

健康的な食事をするためには食事メニューを考えておくのが近道。

学校とか仕事が終わった後に「今日晩御飯何しようかなー?」と考え始めると面倒になってだいたい適当な食事になってしまいますから。

休憩中や休日にまとめてメニュー考えておきましょう。

デブエットに使える間食は?

間食は時々ならなんでも食べてもいいでしょう。

でもやはり基本的には健康的なものを食べるようにしてください。

間食としておすすめは

  • アーモンドやクルミなどのナッツ類
  • 良質な脂質
  • プロテイン
  • 肉類
  • 高カカオチョコレート
  • キムチ

キムチは食事量を増やしてお腹の調子が変わるので整えるために例として入れてみました。

個人的にはプロテインに亜麻仁油を入れて飲むのが一気に摂取カロリー増やせる上に不足しがちな良質な脂質を摂れるのでおすすめですね。

おすすめのプロテイン

食べる量を一気に増やすのは難しいと思います。

そういう時はプロテインで摂取カロリーを補うといいでしょう。

デブエットのためには「ウエイトゲイナー」と書かれているものが良いと言われています。

が、ぶっちゃけなんでもいいです。

さっきも言ったようにプロテインに亜麻仁油を入れて飲めば、タンパク質と良質な脂質を摂取できるのでかなり効率的に栄養バランスを整えることができます。

ウエイトゲイナーよりも効率よく健康にデブエットすることができるんです。

 

プロテインを持ち歩くのはさすがに難しいと思うので外ではプロテインバーで摂取カロリーを増やすのもありでしょう。

 

プロテインバーって思ってる以上に美味しくて普通にお菓子なので気になる人は一度食べてみてください。

デブエット中に使えるアプリ

デブエットに使えるアプリとしてはダイエットアプリの「あすけんダイエット」ガオすすmです。

あすけんダイエットは名称の通り本来はダイエットのために使うアプリなんですけど、写真を摂るとその食事で摂ったカロリーをある程度計算してくれるので、今日あなたが何kcal摂ったのか?がわかるようになります。

あすけんで計算してくれた摂取カロリーがあまりに少ない場合はもっと摂取カロリーを増やす必要があるでしょう。

「摂取カロリーと消費カロリー的に太るはずなのに。」ってぐらい食べてる場合は吸収できていない可能性があるので、よく噛むことから始めましょう。

デブエットの成功ってどんな状態?

デブエットの成功は基本的に見た目で判断するといいでしょう。

デブエット中にガンガン筋トレしていると思ってるより脂肪増えずに体重増えていて見た目のぽっちゃり感はないかもしれません。

げっそりした感じが嫌ならげっそりしなくなるまでデブエットすればOKです。

標準体型とぽっちゃりの基準は体脂肪率と見た目で判断していきましょう。

体重計についてる体脂肪計っていいやつ使っても割と性能が微妙なんで、基本的には満足な見た目になればいいかなと。

まとめ:デブエットはやり方を知れば難しくない!うまく増やして魅力的な見た目になろう!

痩せすぎな人にとって何も知らない状態だと太るのって難しいですよね。

ですが知識を少し追加すれば太ることの難易度を劇的に下げることができるんですよ。

今日からできることばかりなのでぜひデブエット試してみてください。