有酸素運動

有酸素運動にプロテインは必要なのか?効率を上げたいならタンパク質は必須!

有酸素運動 プロテイン

筋トレにはプロテイン!

筋トレしてる人には当たり前ですし、やってない人でもなんとなく筋トレやってる人はプロテイン飲んでるってイメージがあるかもしれません。

実はジョギングとか水泳などの有酸素運動にもプロテインがめちゃくちゃ使えるの知ってますか?

プロテインを活用することで有酸素運動の効率もめちゃくちゃ上がるんですよ。

今回は有酸素運動とプロテインについて書いていきたいと思います。

筋トレの場合はプロテイン飲む

筋トレをして筋肉つけよう!と思ってる状態だとプロテインを飲むのは当たり前となってきます。

トレーニング初心者は飲まないかもしれませんが、ちょっと慣れてきたらプロテイン買ってるでしょう。

それぐらい筋肉を増やすためにはプロテインというかタンパク質が大切なんですね。

では有酸素運動の場合プロテインは必要あるのか?

「別に筋肉増やしたいと思ってないし筋トレしないならプロテインいらないよね?」って思うかもしれません。

が、結論から言いますとプロテインは飲んだ方が圧倒的にいいです。

プロテインにはタンパク質が補給できる以外にもたくさんメリットがありまして、その一つが「筋肉の分解を抑えることができる」という点ですね。

有酸素運動をしていると糖質だけでなく筋肉もエネルギーとして使われてます。

筋肉が分解されてエネルギーになっちゃうんですがプロテインを飲むことで抑えることができるんですね。

特にダイエット中の有酸素運動は筋肉の分解速度が加速しまくってるのでプロテイン必須と言ってもいいレベルでしょう。

有酸素運動でプロテインを飲む効果

有酸素運動をするときプロテインを飲むことで効率を上げることができます。

ダイエット以外にも効果を発揮しているのでみていってみましょう。

ダイエット効率が上がる

有酸素運動後は食欲が増すことがありますが、プロテインを飲むことで食欲を抑えられます。

ダイエットのためにジョギングしたのに、食べ過ぎたら意味なくなりますからね。

ダイエットを成功させるには常に摂取カロリー<消費カロリーの状態を作り出さないといけませんから「今日は30分ジョギングしたから食べても大丈夫!」とか言ってたら全然痩せないどころかダイエットしてるのに痩せるという謎現象に陥る可能性あります。

この謎現象けっこう起こりがちなので気をつけましょう。

有酸素運動のダイエット効果を上げる13の方法!せっかくやるなら効率よく痩せよう!

運動のストレスを解消する

有酸素運動は体へのストレスが大きくコルチゾールの分泌が高まっています。

コルチゾールが高い状態を維持してると脂肪燃焼しにくく、筋肉が分解されやすくなってしまうのでダイエットの大敵なんですね。

有酸素運動後にプロテインを飲むことでコルチゾールを抑えダイエットや筋肉量を維持するのに役立ってくれます。

有酸素運動後の水分補給

運動後は体内の水分がだいぶ減ってるでしょう。

そんな時の水分補給としてプロテインが使えます。

水分補給は水でいいんですが、プロテインの方が体内の炎症を抑え、疲労回復が早くなるので運動後はプロテインがいいですね。

栄養補給

有酸素運動中にはさまざまな栄養が使われています。

エネルギー源の糖質や脂質はもちろんビタミンやミネラルも使われてるんですね。

たいていのプロテインには豊富なタンパク質以外にもビタミン・ミネラルも含まれているので栄養補給としてプロテインを取り入れてみましょう

プロテインを飲むタイミング

筋肉をつけたいのかダイエットしたいのかによってプロテインを飲むタイミングは変わります。

細かいプロテインを飲むタイミングに関してはプロテインを飲むタイミングについての記事で書きますが

  • 筋肉増やしたいなら食事と食事の間
  • ダイエットしたいなら食事前

って感じでプロテインを摂りましょう。

別に有酸素運動直後じゃなくても同じレベルで効果あるので問題ありません。

筋トレと有酸素運動両方するときのタイミングは?

筋トレと有酸素運動両方のやるんだけどどのタイミングでプロテイン飲めばいいの?という人もいますよね。

さっき言ったようにトレーニング後6時間ぐらいの間ならいつでもいいんですが、トレーニング前後に飲みたいという人もいるでしょう。

筋トレと有酸素両方やる場合は

筋トレ→有酸素運動→プロテイン

の順番でいきましょう。

有酸素運動を先にして筋トレに入ると筋トレにMAXの力使えなくなってしまいますから効率が悪いです。

筋トレと有酸素運動の間にプロテインを飲むとジョギングとかしたらお腹痛くなりかねません。

ウォーキング程度ならその前にプロテインを飲んでも大丈夫ですがトレーニングが全て終わった後に飲むよう習慣化していくといいでしょう。

プロテインの最適な摂取量

プロテイン1回は20〜30g程度でいいでしょう。

基本的には購入したプロテインの1食あたりと書かれている量で。

1日のタンパク質摂取量の目標が体重×1,6gなので食事から摂れるタンパク質を大まかに計算して残りをプロテインで摂ればOKです。

プロテインの選び方

プロテインには色々種類がありますが、ひとまずホエイプロテインを選びましょう。

ホエイとかカゼインとかソイとかあるんですけどたいていの人はホエイでOK。

カゼインは吸収が緩やかなので寝る直前に摂ると寝ている間の筋肉分解を抑えると言われていますが、アスリートやボディビルダーでない限りそこまで気にしなくていいでしょう。

ソイプロテインは筋肉がつきにくく脂肪が増えやすいです。

「テストステロンが減るかも」とも言われているのでホエイプロテインでいいんですね。

自分好みのプロテインならなんでもいいので色々買ってみて続けられる値段で好みの味を探しましょう。

 

まとめ:有酸素運動にプロテインは必須。効率よく身体を変えるためにもプロテイン飲もう!

プロテインはただのタンパク質の飲み物です。

足りていない栄養素を摂るだけなので有酸素運動をするときはプロテインを飲んで効率よく理想の身体を目指しましょう。