有酸素運動

有酸素運動のメリットがすごい!知ってしまうと運動するしかなくない!?

有酸素運動のメリット

ウォーキングやジョギング、ランニングなどの有酸素運動。

なんとなくいいのはわかってるけど実際どんなメリットあるの?

と色々気になっている人は多いと思います。

私も以前はめちゃくちゃ気になってました。

実際習慣的に有酸素運動をするようになってからは「めちゃくちゃいい!」って感じですね。

今回は有酸素運動のメリットについて書いていきたいと思います。

有酸素運動のメリット

有酸素運動にたくさんのメリットがあります。

知ってることやら知らなかったことがあると思うので、この機会にメリットを知って「え、有酸素運動めっちゃいいやん!今から走りに行こ!」と思ってください。

では有酸素運動のメリットについてみていってみましょう。

ダイエットに効果的

ダイエットは食事制限をすることで進みます。

ですが食事制限だけですとつらいですよね。

そこでジョギングやランニングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。

1日200kcal食べられる量が増えるだけで精神的にかなり楽になると思います。

ただ「ジョギングをすると食欲が増して消費したカロリー以上に食べてしまう!」というデータもあるので、これを知った上でうまく有酸素運動を利用して行けばダイエットがはかどりますね。

あわせて読みたい
有酸素運動のダイエット効果を上げる13の方法!せっかくやるなら効率よく痩せよう! ジョギングしてるのになかなか痩せない。 他の人はすぐ痩せてるのになんで私は痩せないんだ? こう思ってる人かな...

美肌は有酸素運動で作ることができる!?

ニキビや肌荒れに悩んでいる人は有酸素運動を取り入れてみてはどうでしょうか。

運動を継続していくことで毛細血管の数が増えていくことがわかっています。

その量もびっくりでしてなんと30~50倍。

いやー、めちゃくちゃ増えるんですよね。

毛細血管が増えると体の隅々まで血液がしっかり行き渡ることで栄養素と熱を運ぶことができます。

栄養不足の肌はターンオーバーが乱れがちになり綺麗さを保つことなんてできません。

しかも手足の先は熱が届かなくて冷え性に悩まされるでしょう。

有酸素運動で毛細血管を育てると美肌を作ることもできるんですよ。

毛細血管がいい感じに増えるまで3ヶ月ぐらいかかると言われているので、ウォーキングなどを習慣化して日々取り入れてるといいですね。

ストレス解消で健康的な肉体が手に入る

運動のストレス解消効果は凄まじいです。

最終的には運動しまくれば全部解決じゃない?と思ってしまうほど。

今お菓子やジュースをやめられなかったり食事でどか食いしてしまう人はもしかしたらストレスが溜まってるのかも。

あなたが大好きだと思ってるお菓子とかはストレスによって「食べさせられているだけ」かもしれないんですよ。

精神的なストレスは肉体的なストレスで発散することができます。

つまり仕事や勉強で溜まったストレスは運動で解消できるんですね。

ストレス解消方法って色々ありますが、やはり運動がベストかなと。

運動でストレス解消すれば無駄に食べ過ぎて太る原因を減らすことができますし、添加物などの影響で肌荒れを起こす心配も減りますよね。

一気にダイエット+美肌を手に入れられるんですよ。

一度試してみてください。

睡眠の質が上がる

1日30分以上の運動で睡眠の質が高まることがわかっています。

運動の強度はウォーキング程度でも十分です。

しかも分割でいいので5分×6回とかでもいいんですよ。

こう考えるとできそうじゃないですか?

睡眠の質が高まれば今と同じ睡眠時間でも疲れが取れやすくなります。

また食欲ホルモンのレプチンとグレリンのバランスが整うので、食べ過ぎによる肥満を防ぐことができ必要以上にダイエットを頑張らなくて良くなるでしょう。

有酸素運動は負荷が軽いので楽

ジョギングやランニングなどの有酸素運動は筋トレやHIITに比べると負荷が軽いので楽です。

楽というのは身体への負担のことでして、長時間やり続けなれば怪我のリスクを抑えることができるでしょう。

筋トレの場合フォーム間違えて高負荷トレーニングしたら一気に怪我しちゃうことありますからね。

ただジョギングの場合もアスファルトで長時間アップダウンを繰り返すような場所を走ってると怪我のリスク高まるので気をつけて。

心肺機能を鍛えることができる

心肺機能が高いことは運動面だけでなくメリットがあります。

心肺機能が高ければ運動するとき酸素を多く取り込むことができるので、楽に運動できるのはもちろんなんですが、実は寿命長いこともわかってるんですね。

寿命を長くするってそう簡単なことじゃないですから定期的な有酸素運動はかなり効果的なんじゃないでしょうか。

身体のコリを解消することができる

デスクワーカーが増え、スマホが普及した今「身体のコリ」が強烈になってきてると思います。

「ひどすぎて仕事に集中できない。」って人もいるでしょう。

コリの原因は血流の低下です。

筋肉が動かないことで疲労物質がたまりコリとなります。

有酸素運動を継続していくことで毛細血管が発達し、疲労物質を取り除くスピードが上がるのでコリも改善されるでしょう。

座りすぎの害を抑えることができる

私の周りでも最近はかなりスタンディングデスクで仕事している人が増えたように思います。

と言ってもツイッターなどのSNSでの話ですが。

現実の友人や知人にスタンディングデスクを利用している人はいないので未だ変人扱いされています。

しかし座りすぎはイギリスが国家レベルで注意を歓喜するなどまじでやばいんですよ。

早死にするリスクが40%上がるよ!とか言われてますからね。

そんなリスクを少しでも減らせるように有酸素運動を取り入れてみましょう。

普段座りっぱなしのデスクワーカーは本当自分が思ってる以上に座ってる時間が長いので、日中歩く時間を増やすとか仕事前後にジョギングしてみるといいんじゃないでしょうか。

1本早い電車に乗って1駅前から歩いてみるのもいいですね。

筋トレでも効果あると思いますが、有酸素運動の方が精神的にお手軽です。

有酸素運動は気分を良くしてくれる

「脳を鍛えるには運動しかない!」では有酸素運動のメリットをたくさん書いてくれています。

その中には「鬱が改善した!」みたいなことが書かれていたり、「気分が落ち込むことが劇的に減った!」みたいなことが書かれているんですね。

確かに私の経験上でもジョギングをした後はスッキリしてますし、ちょっと長距離歩かないと行けなくなった場合でも歩ききった後は結構気持ちいいんですよね。

有酸素運動の継続で頭が良くなる

少し息がきれる程度の運動を続けていくことで頭が良くなるタンパク質であるBDNFが増えると言われています。

上でも言った「脳を鍛えるには運動しかない!」ではBDNFについても書かれています。

  • 学力の低い学校が1限目の前に運動を取り入れたらアメリカの中でも上位になった
  • 毎朝運動していた双子がすげー成績を出してた

みたいなことが書かれています。

確かに学生時代のことを思い出してみると成績トップクラスの人の中に結構運動部の人いたんですよねー。

「頭いいし運動できるとか!」って思ってましたが運動してるから頭も良かったんですね。

やる気が湧いてくる

  • 朝からやる気が出ない
  • 仕事終わりにやりたいことあるけど疲れ切っててやる気でない

そんな人はとりあえず有酸素運動をぶち込んでみましょう。

ウォーキングでもOKです。

ジョギングのような少し負荷高いやつの方が効果は大きいですね。

まず有酸素運動をすることでやる気ホルモンであるドーパミンが分泌されます。

運動で出てきたドーパミンは勉強とか副業みたいな別分野でも利用できるので、出てきたやる気を使ってガンガン作業こなしましょう。

もちろん掃除とかもはかどります。

また仕事や勉強のような脳のストレスは身体を動かすことで解消できます。

「帰ってから勉強したいんだけど仕事で疲れ切ってて無理。」って人はたいていの場合脳が疲れているだけ。(正確には脳って疲れないんですけど。)

そのストレスを有酸素運動して取り除くことで勉強することができるようになるでしょう。

自分に自信がつく

有酸素運動を継続していくと毎日のように消費カロリーが増えるし、基礎代謝も上がっていくので少しずつでも痩せていきます。

運動して痩せて言って気分も良くなる。

自分に自信つかないわけないんですよね。

自分に自信ないって人が最近は多いように感じますが、もしかしたらジョギングするだけで解決することができるかもしれませんよ。

まとめ:有酸素運動を習慣化してメリットをとことん手に入れよう!

有酸素運動にはたくさんのメリットがあります。

もちろん1日だけでも気分が良くなるなどのメリットを得ることはできますが、習慣化して続けていくことで他のたくさんのメリットも得ることができるんですよ。

継続の工夫を取り入れて週に何度かの有酸素運動を続けていくようにしましょう。

ちなみに有酸素運動のデメリットを知ることで対策して、メリットを多く手に入れることができるので効果を高めたい方は「有酸素運動のデメリット」についても読んでみてください。