食事

1日1食で痩せる理由は?運動や単なる食事制限よりも圧倒的に楽!

1日1食で痩せる理由のアイキャッチ画像

 

「1日1食で痩せるって聞いたけど本当に痩せるの?というかなんで痩せるの?」

 

この記事を読んでくれているということは上記のような疑問を持ったんではないでしょうか?

 

  • 1日1食にすれば今よりも食べたいものが食べられなくなる。
  • だから痩せないならやりたくない。
  • やるなら痩せる理由も知っておきたい。

 

僕も以前こう思いつつ1日1食をはじめました。

結果としては1ヶ月で5kg減とダイエットとしては大成功です!

 

その後もしっかり体型維持できてるのでリバウンドもしていません。

この記事では「なぜ1日1食で痩せることができるのか?」の理由と後半ではリバウンド対策についても少し書いています。

1日1食が痩せる理由

 

摂取カロリーが減る

 

1日1食生活を始めると当然ながら摂取カロリーは減ります。

 

太り続けている人はレプチンという食欲を抑えるホルモンの働きが弱くなっていくので、どんどん摂取カロリーが増えてしまいます。

 

本来なら代謝も上がってるのでどこかで止まると思いきや食べる量も増えちゃうので、太り続けるんですね。

 

仮に今の時点で4000kcalを毎日摂ってるとしましょう。

 

20代の身長170cm成人男性が体型維持する場合1日に必要な摂取カロリーは2600kcalほどなので、1400kcalオーバーしてますね。

 

ですが1日1食生活を始めると単純に摂取カロリーは3分の1になるので1350kcalほどに抑えることができるんですよ。

 

1日1食を始めるだけで一気にカロリー摂取量を抑えられるので、ダイエットが進みます。

 

ちなみに1食で食べるすぎるんじゃないか?と気になるかもしれませんが問題ないです。

 

1食が普段よりも多くなったとしてもそこまで摂取カロリーは増えません。

そのため1日1食生活を始めると痩せることができます。

 

ちなみに1500kcalの食事量はこれぐらいです。

 

ダイエットのモチベーションを保ちやすい

 

1日1食生活をしっかりと始めると一気に変化を感じることができるのでダイエットのモチベーション維持が楽です。

 

  • 1週目:どんどん体重が減って体重計に乗るのが楽しい
  • 2週目:「あれ?少し痩せた?」と感じることができる

 

ぐらい、見た目に変化が現れます。

 

ダイエットを続けるための最高のモチベーションは痩せることですよね。

 

運動がメインのダイエットをした場合、きつい割にはなかなか見た目に変化が現れなくて挫折してしまったりするので、1日1食ダイエットは序盤で挫折するのを防ぐためにはかなりオススメのダイエット方法です。

 

 

食欲を抑えやすい

 

1日1食ダイエットでは食欲を抑えるのが簡単です。

 

まず1日1食が習慣化すると朝食や昼食のタイミングでお腹が空いたという感覚がなくなるんですね。

 

食べないのが当たり前なので。

 

最初の3日ほどは強烈な空腹感に襲われたりしますが、そういう場合は水を大量に飲みましょう。

 

”空腹感”を抑えるだけなら水でも十分なんですね。

 

水ならカロリーは0なので、どれだけ飲んでも1日1食生活に支障はありません。

 

むしろ1日1食生活を始めると食事から水分補給できなくなるので、水をたくさん飲むのが大切になってきます。

 

水分不足だと代謝落ちるので痩せにくくなるんですよね。

 

「1日1食してるのになかなか体重が落ちない!」という人は水を飲みましょう。

 

 

単純なので続けやすい

 

1日1食ってやることがめちゃくちゃ単純なんですよ。

 

「朝昼食べない。」

 

これだけですから。

あれこれと考えなくていいので続けやすいんですね。

 

多くのダイエットに失敗する人は細かく考えすぎで挫折してしまいます。

 

  • どんな運動をすればいい?
  • 何時に運動するのがいい?
  • 食事内容は?糖質制限?脂質制限?

 

色々考えると意志力が分散されてしまうため、全部を投げ出しやすくなります。

 

で、一つ失敗すると「あ、もう今日運動できなかったからなんでもいいや。」となって食事管理もやめていつのまにかダイエットが終わってるんですね。

 

これを心理学用語で「どうにでもなれ効果」と言うんですが、1日1食生活だとやることは「食べない」だけなので、無駄に色々なことを考えて挫折するリスクを上げないですみます。

 

ダイエットを頑張って挫折する大半の理由は複雑すぎることです。

1日1食でシンプルにダイエットしましょう。

 

やる気が出る

 

1日1食を始めるとやる気がめちゃくちゃ湧いてきます。

空腹によってアドレナリンやグレリンが分泌されるので、やる気と集中力が高まるんですね。

 

やる気と集中力が高まった上に、食事時間が浮いてるので運動することもできます。

 

もちろん運動は1日1食が習慣になるまでやる必要はないですが、気分転換に軽くウォーキングしてみるのもいいですよね。

 

僕自身は朝食を抜いた時間で睡眠時間を増やし、昼食を抜いた時間で30分ほどウォーキングするようになりました。

 

おかげで痩せただけでなく、健康にもなりましたね。

 

1日1食でリバウンドしないためには?

 

1日1食を始める前から一番気になるのがリバウンドですよね。

 

「1日1食ってやめたらすぐリバウンドするやろ?」って思うかもしれません。

 

ですが工夫をすれば大丈夫です。

 

細かいことに関しては「リバウンド防止をせよ!知っておきたい8つの対応策」で書いてるんですが対策は大きく分けて2つです。

 

  1. 1日1食を習慣化してしまう
  2. 1日1食をやめる前に運動を習慣化する

 

1日の摂取カロリーを増やすなら運動で消費してしまうということです。

 

さらに詳しくリバウンド対策を知りたい人は上記の記事も合わせて読んでみてください。

 

あわせて読みたい
リバウンドを防止する方法
リバウンド防止をせよ!知っておきたい8つの対応策 痩せた後に一番気になるのはリバウンドです。 ダイエット後半になると「リバウンド怖いなー」って思い始めるんですよね。 ...

まとめ:1日1食は痩せる!うまく取り入れて効率よくダイエットしよう

 

1日1食の痩せる理由はこの記事で紹介した通りです。

 

他のダイエット方法に比べて脂肪が減りやすく筋肉が落ちやすいという特徴があるので、工夫して理想の体型になれるようにしていきましょう!