筋トレのモチベーションを高めるには?がんがんやる気を出す11の方法

筋トレしてかっこよくなろう!綺麗になろう!と思う人は多いです。

ですが実際筋トレを始めてみるとかなり辛いんですよね。

筋トレが趣味だ!って人は問題ないかもしれませんが、たいていの人は筋トレがきついと思うことがよくあります。

たとえ目標があってもやりたくない人もいるんですよね。

やりたくなくても理想の体型を目指すために必要ならやらないといけません。

そんなときに筋トレしよう!って思うためには高いモチベーションが必要になってくるんですよ。

今回は筋トレを継続させるためのモチベーションを上げる方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

筋トレのモチベーションを高めるには

毎日同じ時間にトレーニングをする

トレーニングの時間帯を毎日同じにするとかなりモチベーションを保てます。

その時間になったら勝手に気持ちが筋トレモードに入るんですね。

ただ夜は仕事や友人との付き合い、疲れから一定の時間をキープするのがめちゃくちゃ難しいです。

なのでトレーニング時間の分を早起きして朝に筋トレしちゃいましょう!

朝にトレーニングをするとパンプアップして少し自分の理想に近づいた状態で出社できます。

テンション上がりますよね。笑

しかも朝に運動をすると一日の脳と身体の動きを良くしてくれるので、仕事や勉強もはかどるでしょう。

学生時代一番勉強できる人は部活をしている人じゃありませんでしたか?

運動をすることでリフレッシュされた状態で作業できるので朝の筋トレはオススメです。

筋トレを行う理由を明確にする

あなたが筋トレを行う理由はなんですか?

理由は本当に様々でしょう。

自分以外にとってはどうでもいいような目標もあるはずです。

ですがその目標をしっかりと思い出しながらトレーニングすることでモチベーションを高く維持できます。

目標が多ければ多いほど思い出したとき力になってくれるのでちょっとした目標でも加えておきましょう!

継続して理想の体型になったら手に入るものを考える

さあ、筋トレして理想の身体を手に入れた!

そのときにあなたは何を手に入れることができるでしょうか?

  • 目標を達成したことで自信がわく
  • 太ってるからと周りの目を気にしなくていい
  • 彼女や彼氏ができるかも。
  • 人からの接し方が変わるかも
  • テストステロン増えてやる気がんがんあふれる
  • 膝痛いの改善されるかもしれない

まだまだたくさんありますよね。

理想の身体になって手に入れることができそうなことを考えてみましょう。

それだけでニヤニヤしてしまいますよ。笑

そして紙に書き出す

目標を考えたし達成したときに手に入れるものも考えました。

じゃあ次は考えたことを紙に書き出しましょう。

書き出すということは思っている以上に大切です。

一度書くことで脳にしっかりとインプットされるんですね。

そうしてモチベーションを維持しやすくなってきます。

目標と達成後を考えたことでかなりモチベーションは上がっているはずです。

そのモチベーションを保つことができればかなり本気で筋トレできますよね♪

紙に書き出した内容を想像する

紙に書き出しました?

では次は書いた内容を想像してみましょう!

細マッチョになった自分、モデル体型になった自分。

かっこいいですよね!

想像しすぎてもう目標達成してる!?って勘違いするぐらい想像できればベストです。

トレーニングを行う前に5分程度の妄想タイムを設けてもいいでしょう。笑

モチベーションを高めるためにはなんでもやりますよ!

理想の体型をしている画像を見る

理想の体型を想像すると言っても、やはり本物は気になります。

なので画像なり雑誌なりでこの人めっちゃかっこいい!って思うような写真を見つけましょう。

自分の部屋に貼っとくのもいいですね!

「細マッチョ 画像」とか「モデル 体型」とか検索するといくらでも出てくるのでモチベーションを高めるためにどんどん利用していきましょう!

筋トレ以外のことにも興味をもつ

ゲームとか漫画に興味をもつって意味ではないですよ。笑

筋トレして筋肉を付けるには睡眠や栄養も大切になってきます。

しかもタンパク質もただ摂ればいいだけじゃなくて摂るタイミングや量も関係してくるんですね。

そういった筋トレに関係しているようなことも知識として知っていると、色々とトレーニングしながら試すことができるので楽しくなってきます。

「これから一ヶ月はあえて筋トレのルール無視してがんがん鍛えてみる。」とか「普段自重トレしかしてないから一ヶ月だけジムに通って思いっきり追い込んでみる。」とかですね。

工夫をすれば筋トレはどんどん楽しくなってきます。

きつい上にいつも同じ内容で飽きてくるからやりたくなくなってくるんですね。

本を読む

筋トレの雑誌を読むとモチベーションが上がります。

雑誌には自分の全然知らなかったトレーニング方法やさっきも言ったような細マッチョやモデルがたくさん写されているので、読んでるだけで楽しくなってきます。

勢い余ってそのままトレーニングしたくなるときもあるでしょう。笑

たまに雑誌を読んでみるのもいいですね♪

鏡を見る。そして写真に撮る

自分の今の体型しってますか?

お腹が出てるのは知ってるけどちゃんと見たことない。という人がほとんどだと思います。

自分の体型を全身鏡で見てみると思いのほか残念な体型をしています。汗

それを写真に残しておきましょう。

写真を一週間ごとに撮っておくとサボらずしっかりトレーニングや食事コントロールをしていると確実に理想に近づいていきます。

理想にしっかり近づいているわかると嬉しいですよね♪

80点でOK

毎回のトレーニングを本気で集中するのは当たり前ですが、100点を目指そうとしなくても大丈夫です。

80点を目安にトレーニングしましょう!

80点というのは時間がないときとかどうもやる気が出ない時ですね。

時間がなくて予定のトレーニングができなかったとき完璧を目指していると「あー、今日は思ったようにできなかった。」と思ってモチベーションが下がっていきます。

やる気がないときも集中できなかったせいでやる気がなくなってしまうかもしれませんよね。

筋トレはやらないことが一番良くないのでしっかりトレーニングをした時点で60点です!

後はそのときの最大で集中してトレーニングするようにしましょう。

たまには休む

どうしてもやる気が出ないときは休むことも大切になってきます。

トレーニングしないと筋肉落ちると強迫観念にとらわれて筋トレするぐらいだったら一度休憩して精神を整えましょう。

精神を整えればまた以前のように集中することができるはずです。

ときには休憩することもトレーニングの一環ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

筋トレはモチベーションを保つことでどんどん楽しくなってきます。

まずは筋トレしながらどうすれば常にモチベーションを高めることができるか考えていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク