筋トレダイエットが効果なしと言われる理由。しっかりと筋トレできてますか?

筋トレでもダイエットなんて効果出ないよ!って思ってる人は短期間でも筋トレをやってみたことのある人だと思います。

しかし筋トレはダイエットに効果あるんですよ。

スポンサードリンク

筋トレがダイエットに効果なしと言われる理由

栄養不足

一番可能性が高いダイエット効果の出ない理由は栄養不足です。

ダイエットを始めると食事制限するわけですが栄養不足にもなりやすいんですね。

食事の中の栄養バランスと量をしっかり見て高タンパク低糖質な食生活を心がけましょう。

何度か言ってますが脂質も大切なので良質な脂質をしっかり摂る必要もあります。

トレーニング初心者でふだんあまり運動することのない人の場合しっかりタンパク質を摂ってその他栄養を整えるだけで筋肉量は増えるんですよ。

しかしタンパク質不足で他の栄養素も不足していれば筋トレしてても筋肉落ちます。

プロテインの飲むタイミングは筋トレ後6時間以内ならOKと言われています。

筋肉作るにはこれで大丈夫ですが疲労回復を早くしたい場合は筋トレ後すぐの方がいいでしょう。

筋トレ後すぐにプロテイン飲めないから意味ないし筋トレしないとか、筋トレ後プロテイン飲めなかった!と落ち込む必要はありません。

筋トレダイエットの場合プロテインの摂取は必須になってくるでしょう。

プロテインを飲むことで得られる8つのメリット!肌を綺麗にしたい人も!?

食事が良くない

これは筋トレが原因ではありません。

食事管理ができていないパターンになりますね。

なんでもかんでも減らせばいいと思っているとさっき言ったように栄養不足になりますし、筋トレとジョギングしたし食べても大丈夫!とか謎の考えを持ち出すと簡単に太ります。

そもそもダイエットしてるのに運動したら食べてもいいという考えが失敗でしかないですね。汗

脂肪の落ちる量=筋肉が増える量

脂肪は1か月あれば簡単に1kg増えますが筋肉を1か月で1kg増やすことは不可能です。

それでも体重が変わらないのは筋肉は水分をため込む性質を持っているから。

筋肉が増えると体内では水分も増えていくんですね。

そのため脂肪が減ってるのに筋肉とか増えて体重に変化がないわけです。

そのため体重だけ見てると「筋トレしてるのに痩せない!」となりかねないわけです。

体重神話は捨てて見た目で判断しましょう。

体重は増えるかも

最終的に体重は増えるかもしれません。

これは筋肉増えて水分量も増えるからというのがありますが筋肉自体も脂肪よりも重いからです。

しかし同じ重さで見ると筋肉は脂肪の半分以下のサイズなので筋トレダイエットをしたら体重に変化はないけど見るからに引き締まった健康体になることができるんですよ。

期間が短すぎ

筋トレしてるのに痩せない!というのは最低でも筋トレを週2~3回を3カ月続けてからしか判断できません。

筋肉は3カ月ほどトレーニングを続けるとようやく「そういやちょっと筋肉ついてきたかも。」と見た目でわかるようになるんですよ。

最初の1~3カ月は筋肉が運動に適応するのがメインになるんです。

バーベルとかダンベルを使ってトレーニングするとわかるんですが序盤は見た目に変化がないのにどんどん重いものを扱えるようになります。

これは神経が慣れることで発揮できる筋力が高まってるんですよ。

でだいたい神経が慣れてきたら今度は筋肉を大きくしないとさらにレベルアップできないのでようやく筋肥大が起こり始めます。

1か月目から筋肥大は起きてるんですが少しだけって感じなんですね。

3カ月トレーニングを続けて全く変化がない場合は筋トレの負荷、回数、食事内容、睡眠と見直していきましょう。

ちなみに1週間とかで痩せない!って言ってる場合は論外です。汗

オーバーワーク

どんな運動でもやりすぎは逆効果。

筋トレは週3回ぐらいでいいです。

毎日やっても疲労が回復しないのでできるトレーニング量が減ってしまいますし、まだ筋肉が回復してないときにトレーニングを重ねるとむしろ筋力低下の原因になります。

しかもコルチゾールが大量分泌され体内の炎症もガンガン増えて老化の原因になったりもするのでやりすぎには気を付けましょう。

1回あたりのトレーニング時間は1時間までがいいと言われてますね。

仕事や勉強のある中で1時間トレーニング時間を作るのも難しいですが目安として1時間以内で終わらせるということを覚えておいてくださいね。

筋トレが習慣化されてくると「休むと効果がなくなるんじゃないか。」と強迫観念にとらわれたりするんですが、「休息もトレーニングのうち」と割り切ってください。

男女で筋肉の付きやすさには差がある

やはり男性の方が筋肉は付きやすいですね。

テストステロンの影響によるものです。

もちろん男性の中でもテストステロンが高い人と低い人だと筋肉の付きやすさは違うし、女性でも同じなんです。

脂肪が少なく筋肉がしっかりと付いて引き締まった身体を目指し維持するためにはそれなりにテストステロンが大切になってくるのでテストステロンを増やす方法と減らしてしまう原因についてはしっかり抑えておきたいところですね。

筋肉太りはしないので安心して筋トレをどうぞ

筋肉太りすると言ってる人の大半(たぶん99%以上)は脂肪太りです。

さっきも言ったように運動することで満足してしまい実は摂取カロリーが増えてることが多いです。

筋トレしながらスポーツドリンク飲んだり帰りにコンビニでジュースとかお菓子買ったり。

そう簡単に筋肉量は増えないので筋肉太りを心配する必要はありません。

アスリートとかボディビルダーはいかに1kgの筋肉を増やすかにめちゃくちゃ研究してトレーニングしてますからね。

それぐらい筋肉を増やすのは難しいことなんです。

まとめ

筋トレダイエットに成功した人の画像検索するとあまり体重に変化がないのにめちゃくちゃスタイル良くなった人の画像がかなり多くありますよ。

なので実際のところ筋トレダイエットには効果ありありです。

私も筋トレを習慣化したことで体重は5kgぐらい減って引き締まった身体になりましたし最近はずっとキープできてます。

食事制限をあまりせず筋トレメインでダイエットを進めていくと最初はカロリー消費量が少ないし基礎代謝も上がってないのであまり変化がないですか少しずつ「あれ?そういえば最近結構食べても全然太る気配ないな。」って感じになっていきますよ。

ゆっくりと気長に筋トレで綺麗な体に向けてダイエットを進めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク