水を飲んでダイエットが超効果的!5つのメリットとは?

ダイエット中は食事からの水分摂取量がかなり減ります。

お米とか炊くときに結構水いれますよね。

その分が取れないとなると結構水分は不足してきます。

なので意識的に水を飲む量を増やさないといけないんですね。

実は水を飲む量を増やすだけでダイエットに成功してしまう可能性があります!

水を飲むだけでダイエットできるとかめちゃくちゃうれしくありませんか?

今回は水を飲んでダイエットに効果がある理由について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

水ダイエットとは?

一日に飲む水の量を増やす

まずは1日に飲む水の量を増やしましょう。

だいたいの人は1.5ℓ~2ℓを飲めばちょうどいい水分摂取量です。

水ダイエットを知る前から意識的に水をこんなに飲んでる人はほとんどいないと思います。

2ℓって言ったら大きいペットボトル1本分ですからね!

自分も水ダイエットを知ってから家にいるときはペットボトルをそのまま机の上に置いて1日で飲み干すようにしてます。笑

1日の水分摂取量は体重の4%

さっき1,5ℓ~2ℓと言いましたが正確には自分の体重の4%リットルです。

たとえば50kgの人の場合は50×0.04=2ℓとなります。

もっと体重が重ければ水分量も増えますし、軽ければ減ります。

自分の体重から一度計算してみましょう!

といっても55kgの人だと2.2ℓなのでコップ1杯程度の差が付くだけの場合もあります。

カフェイン、アルコールには気を付ける

カフェインとアルコールの入った飲み物は気を付けましょう。

水ダイエットは名の通り水を飲みます。

基本的にはジュースなども含まないし、厳しく言えばお茶すら含まれません。

カフェインやアルコールには利尿作用があるので水分がどんどん体外に排出されてしまうんですね。汗

特にビールなどのアルコール飲料は大変です。

たとえば1ℓ分のビールを飲んだとしましょう。

すると1.1ℓ分の尿が出ていくんですね!

体内の水分が減ってしまうんですよ。

なのでビールを飲んだ分水も同じ量を飲まないといけなくなります。汗

できるだけ常温で飲む

水を飲むって言ってもキンキンに冷えた水はやめましょう。

たまにはいいかもしれませんが冷えた水は体温を下げ、代謝を下げてしまいます。

代謝が下がればその分消費カロリーが減ってしまいます。

かき氷を食べたり冷たいジュースをたくさん飲んでいると身体が冷えて場合によっては寒くなってきますよね。

出来る限り常温の水を飲むようにしましょう。

朝寝起きは白湯を飲むことでいっきに体温を上げることもできますよ♪

いっきに飲んでも効果なし

水は一度にコップ1杯程度にして分けて飲みます。

一度に500mlとか1ℓをがぶ飲みしても身体はそんなに吸収できません。

食べ物でもいっきに食べ過ぎると栄養を吸収しきれませんよね。

一度に吸収できる量には限界があります。

なので一度の水分補給は200ml程度にして何回もに分けて飲むようにしましょう。

1時間にコップ1杯とか決めておくと飲みやすいですよ♪

水をのむタイミング

起きた直後

まずは起きたら水を飲みましょう。

起床後すぐに水を飲むことで寝ている間に使われた水分を摂ります。

そうすることで1日の代謝をすっと上げることができるんですね♪

朝起きたらとりあえずコップ1杯の水を飲む、を習慣にしましょう。

食事前

食事前にコップ1,2杯の水を飲みます。

そうすることで食事中に食べ過ぎるということが防げるんですね♪

水を炭酸水にすると炭酸のおかげでもっと満腹感を得られるのでたまに炭酸水を試してみるのもありですね!

食後は飲まない

食前と違って食事前はできるだけ水分をとらないようにします。

食事中もあまり飲まない方がいいですね。

食事中、食後に水を飲むと胃液が薄まってしまいます。

胃液が薄くなると消化するために胃への負担が大きくなってしまいます。

食後2,3時間は水分補給を減らすようにしましょう。

寝る前

寝る30分ほど前に水を飲みます。

寝る直前に飲むと水をしっかりと吸収できなかったり、夜トイレにいかないといけなくなったりするので30分~1時間前に飲むようにしましょう。

これである程度睡眠中の水分不足は防げます。

水ダイエットの効果

満腹感を得られる

水を飲むことである程度満腹感を得ることができます。

昼食や夕食前の微妙な時間帯にお腹が空いたときは少し多めに水を飲んでみましょう!

満腹感を得ることができれば無駄にお菓子とか食べなくて済むのでダイエット中はオススメですよ♪

美肌になる

普段水分不足の人はめちゃくちゃ多いです。

多少意識していても足りないのが水です。

なのでしっかりと飲む量を決めていることで肌まで綺麗になってきます。

肌の成分にはタンパク質とか色々ありますが、水分もたっぷり含まれているんですね。

その水分が足りてなかったらかさかさになりやすくなるわけです。

便秘改善

水分摂取をしっかりとすることで便秘が改善できることもあります。

水分が足りていないと便がかちかちに縮こまるのでなかなか出てきてくれないんですね。

食物繊維をとることも大切ですが、水分もしっかり摂ることで胃腸の調子を整えることもできますよ♪

デトックス

水を飲めばその分血液もサラサラになります。

当然タバコを吸ったり運動不足やお菓子の食べ過ぎだと、血液はドロドロになります。

ですが水を飲むことで多少改善されるんですね♪

血液の循環が良くなれば体内の老廃物も取れやすくなります。

尿から老廃物を出すことができるようになるんですね!

ダイエット

水ダイエットなので当たり前ですが痩せることができます。

と言っても水自体に痩せる効能があるわけではなく、水を飲むことでデトックスしたり無駄に間食をする回数を減らすことでダイエットにつながるというだけです。

お菓子の代わりに水にしましょう!

デメリット

水中毒には注意

いくら水を飲むのがいいと言っても飲みすぎはよくないです。

毎日5,6ℓを飲むと水中毒になってしまうそうです。

体内のビタミンやミネラルが全部尿で出ていってしまうんですね。汗

また1日に2ℓ飲めばいいといっても1時間にコップ1杯~500ml程度にしておきましょう。

短時間で大量に飲むのも水中毒になる原因なので気を付けてくださいね。

何事もやりすぎはよくないようです。

程よい量の水を毎日飲むようにしていきましょう!

最初は飲むのが辛い場合も

水を意識的に飲む習慣がなかった人は最初2ℓも飲むのは結構難しいです。

あの大きいペットボトル1本分ですからね。汗

2ℓを飲むためにはすぐに水が飲めるようにすることと、今まで飲んでいたものを水に変えていく必要があります。

1日に5杯とかコーヒーを飲んでいた場合はそのうちの2杯程度を水に変えてみるといいですね♪

トイレの回数が増える

仕事上トイレにすぐ行けない場合は水を大量に飲むのが難しいです。

2ℓ飲もうと思ったら今までより数回トイレに行く回数が増えるんですね。

となると何時間も同じ場所でいないといけない職業の場合はかなり厳しくなってきます。汗

職業上何回もトイレにいけない場合は朝と夜家に居てる間にある程度水分摂取をしておくといいですね!

もちろん定期的に飲んだ方がいいんですが、飲まないよりは飲んだ方がいいですよね♪

水ダイエットは基本中の基本!

痩せたい!と思うときに水をしっかり飲むように意識づけておくのはあらゆるダイエット方法に置いて基本中の基本です。

水分不足は代謝が落ちてしまい身体がだるくなるだけでなく消費カロリーも落ちてしまうため痩せにくくなってしまいます。

ダイエット中は食事制限をすれば食事からの水分が減りますし、運動量を増やせば呼吸や汗で水がたくさん出ていきますよね。

必ず水の摂取量は増やさないといけないので毎日しっかりと水分補給する癖をつけていきましょう。

まとめ

水ダイエットは水を飲んで満腹感を得ることで無駄な摂取カロリーを抑えることができる方法です。

水を飲み始めたらものすごい勢いで体重減ってきた!というようなダイエット方法ではないので長期的な目線で見ていきましょう♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク