太陽光でビタミンDを作ろう!日光浴の効果とは

朝起きたら日光浴びていますか?

最近では日焼けを気にされてものすごく日焼け対策をしている人もいます。

ですがそんな日光には健康的な効果もあるんですよ!

今回は太陽光を浴びることの効果について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

太陽光を浴びると得られる効果

セロトニンの分泌

日光を浴びることでセロトニンの分泌が高まります。

セロトニン不足になると気分の落ち込みが激しくなったり、気持ちが乱れやすい、やる気が出ないといった症状が表れます。

うつの原因にもなりかねないのでセロトニンを分泌させるためにもしっかり日光を浴びたいですね!

日照時間の短い地域ではうつ病や自殺が多くなってしまう傾向が高いそうです。

日光の力はかなり大きいですね。

メラトニンの抑制

日光を浴びるとメラトニンが抑制されます。

メラトニンが分泌されているとまだまだ脳が睡眠モードなのでいつまで経っても目が覚めないという状態になってしまいます。

朝起きてさっと日光を浴びることで寝起きが良くなるんですね。

またさっき書いたセロトニンは夜になるとメラトニンになるため、セロトニンの分泌量が少ないと睡眠ホルモンであるメラトニンの量も減ってしまいます。

その結果夜なかなか寝付けなくなって睡眠の質が下がってしまうんですね。汗

ビタミンDの生成

ビタミンDは体内で合成できる唯一のビタミンと言われています。

と言っても勝手にどんどん合成されるわけではなく太陽光を浴びることで合成されていきます。

ビタミンDは骨を作るためにも大切なものです。

日光浴をしながら散歩をすることで骨が強くなり、骨粗鬆症の予防にもなるんですよ!

ビタミンDは体内で様々な働きをしているので、合成量を増やしたいところです。

朝日を浴びながら20分程度散歩をしたり、自転車通勤に変えてみたりして日光に当たる時間を増やしましょう。

血圧を下げる

紫外線には血圧を下げる作用があるようです。

高血圧にならないためにも毎日日光浴も効果的です。

30代に入ってくると高血圧になる可能性は高くなってくるので十分に注意しましょう。

血圧が下がると心臓病や脳卒中の予防にもなります。

とくに女性は紫外線に対してものすごく対処していると思いますが、やりすぎは良くないかもしれませんね。汗

ダイエット効果

日光浴によって作られるビタミンDはダイエットにも効果的で肥満予防になります。

ビタミンDをサプリで摂取して運動を行った場合血中のビタミンDが多い人の方がダイエット効果が高かったそうです。

ビタミンDは日光浴をすることで作られますが、毎日日光浴をゆっくり行える人はあまり多くないと思います。

そういった方は食べ物から摂取するといいですね!

食べ物の中では魚がビタミンDを多く含んでいるので、日常的に食べるようにしてみましょう。

免疫力が高まる

これもビタミンDの力です。

風邪やインフルエンザだけでなく、がんなどの重病にも効果があるため健康に生きていくためには必要です。

アンチエイジング

ビタミンDにはアンチエイジング効果もあります。

肌荒れの改善、コラーゲンの生成など美肌効果も大きいんですね。

長すぎる日光浴は肌トラブルの原因になりますが、適度な日光浴は肌の健康にも効果的です。

記憶力の維持

ビタミンDが不足していない高齢者は「認知機能障害のリスク」が半減すると言われています。

15分間の日光浴で認知症患者が新聞を読めるほど回復した例もあるそうです。

高齢者だけなく若者でも記憶力を維持するというのはとても大切ですよね。

学生の場合受験など記憶力が大切な時期があります。

ですがそのときに限ってみんな勉強に必死で教室や自習室にこもりっきりになりますよね。

部屋にこもりっきりではビタミンDの量は減り、記憶力を下げてしまって結果的に勉強の効率が悪くなってしまっているという可能性もあるんですよ。汗

効果的な日光浴

夏場は30分程度、冬場は1時間程度日光浴すればいいようです。

個人的にはまとまった時間でなくても効果があるように思います。

とくに冬場1時間もじーっとしてるなんて相当時間がないとできませんからね。汗

日光浴の時間を利用して運動や移動をするといいでしょう。

ただし適度が大切

もちろんやりすぎは良くないです。

夏場に真っ黒になるほど日光を浴びる必要はありません。

肌が黒くなるのはやけどなので良くないですよね。汗

なのでほどよく日光浴していきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近では日光に当たる時間が全体的に少なくなっていますが、効果は絶大です。

毎日浴びるのが難しいという場合でも2日に1度は浴びるようにしてみましょう。

ビタミンDは体内でためておけるので毎日作れなくても大丈夫です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク