おにぎりダイエットで得られる9つの効果!なんでおにぎりで痩せられるのか知ってる?

おにぎりダイエットってご飯食べてるけど効果あるの?

と思う人が多いでしょう。

しかし正しい方法でやれば痩せるんですよ!

今回はおにぎりダイエットの効果ややり方について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

おにぎりダイエットとは?

おにぎりを主食とするダイエット方法です。

白米を茶碗によそって食べるのではなく一旦おにぎりにして食べるということですね。

パスタとかうどん、ラーメンなどの麺類とかパンもアウトです。

おにぎり以外の肉とかは食べてもいいのか?ということに関しては、おにぎりダイエットをどこまで厳しくするのか?によって変わってきます。

人によってはおにぎり以外の食べ物も禁止したりしますが栄養バランスとかリバウンドの確率を考えるとおにぎりに替える以外は他のダイエットと同じように高たんぱくな食事にすればいいのではないかと思ってます。

食べる炭水化物をおにぎりに絞れば基本おにぎりダイエットです。

ただし普通と少し違うのはおにぎりダイエットの場合はかならず”冷たいおにぎり”ということ。

おにぎりを作ってすぐの温かいやつはおにぎりダイエットにならないんですよ。

細かいことに関しては後ほど書いていきますね。

おにぎりダイエットの実践者

つんくさんやEXILEはおにぎりダイエットをしたことがあると言っています。

実際に試してみて痩せている人もいる方法ですね。

ということはやり方さえ間違えなければおにぎりダイエットで痩せることは可能なんです。

ちなみにつんくさんは2週間のおにぎりダイエットで4kg体重が落ちたそうですよ。

おにぎり1個の摂取カロリーは?

おにぎり1個分のカロリーは大きさによります。

これは茶碗一杯がその大きさによって変わってくるのと同じです。

なのでおにぎりを作るときは1個の量が多くならないように最初は今までに食べてた茶碗一杯によそってからおにぎりにしてみましょう。

だいたい同じカロリーになりますよ。

正確には冷たいおにぎりにすることでほんの少しカロリーが減りますが。

なぜおにぎりダイエットでは痩せられるのか?

さて、糖質制限とは真逆で糖質だらけのおにぎりでなぜ痩せられるのか?ということですが、これはおにぎりに含まれるレジスタントスターチという食物繊維の一種が理由になります。

レジスタントスターチは食物繊維なのでそれだけで食欲を抑える働きがあるし、満腹感も得やすくなるんですね。

また何も摂らない場合に比べて脂肪燃焼が早くなることもわかっています。

さらに体内の炎症を抑える働きもあるため腸内環境が良くなり効率良く栄養素を吸収できるようになるため食事量も減らすことができるというかなり効果の大きい食物繊維なんですよ。

おにぎりダイエットのやり方

おにぎりダイエットにはいくつかのルールがあります。

まあやり方なんですがこれを適当にすると全然痩せないしむしろそれおにぎりダイエットになってないよってことにもなりかねません。

他の炭水化物は避ける

おにぎりダイエット中はパンや麺類など他の糖質メインになる食べ物は避けましょう。

これらを食べると全然おにぎりダイエットじゃないですよ。

パスタとかじゃがいもも冷やすことでレジスタントスターチが増えるんですが今回はおにぎりダイエットの話なのでおにぎりでいきましょう。

いかせてください。笑

ダイエット中の米の種類

玄米、雑穀米、白米など色々な米があるんですが私としては白米をオススメします。

玄米は栄養価がいいと言われています。

しかしフィチン酸が多く含まれていてミネラルの吸収阻害が起こってしまい逆効果になる可能性もあるんですよね。汗

白米から玄米に主食を変えた途端貧血になったとかの場合はフィチン酸によって鉄分が吸収できなくなってるからかもしれません。

冷たいおにぎり

これは必須です。

今回のおにぎりダイエットでは冷たいおにぎりじゃなかったら意味がないと言ってもいいです。

なぜかと言うとおにぎりの中のレジスタントスターチは冷やすことで作られるので、炊飯器から出してすぐの温かいおにぎりではおにぎりダイエットとしての効果はほぼないんですよ。

なのでおにぎりを作ったら一旦冷やしましょう。

昼食で食べるなら作ったおにぎりを保冷バッグに入れておけば昼には冷えてますよ。

朝食でおにぎりを食べたい場合は乾燥しないようにラップして冷蔵庫に入れておけばいいですね。

コンビニのおにぎりはあり?

おにぎり作るの面倒という人はコンビニのおにぎりでもOKです。

ただし具には気をつけること。

メニューに関しては後ほど書きますが無駄なカロリーが多くなる具はダメです。

コンビニでおにぎりを買う場合は余計な食べ物やジュースを買わないように気をつけてくださいね。

間食はおにぎり

ダイエット中はどうしても空腹感との戦いになります。

おやつの時間帯とかに「お腹空いてもう無理」っていう日がくると思うんですがそんなときには冷やしたおにぎりを食べましょう。

ここでお菓子とかジュース、ケーキを食べるとダイエットは遠回りになりますがおにぎりならセーフです。

と言ってももちろん何個も食べていいわけではなくとりあえず1個で済ませることが大事になってきますね。

ダイエット中のおやつがやめられない!どうしても食べたいときの6つの対処法

リバウンドしないためには

おにぎり”だけ”ダイエットを行うと間違いなく栄養バランスは崩れます。

しかしおにぎりを食べつつのダイエットなので他の食べ物が制限されるのは間違いないんですよね。

そこで筋肉量をできる限り維持するためにサラダチキンとかササミなどの高タンパク低糖質の食べ物を選んで食べるようにしましょう。

そうすれば糖質の摂取量を増やすことなくタンパク質を補うことができます。

筋肉量が減るとリバウンドの餌食ですよ!

そもそも量が食べられないという場合はプロテインがいいですね。

プロテインは飲み物なので食べ物に比べてカロリー補給が楽になるんです。

脂質が不足しても筋肉量が落ちますから脂質はオリーブオイルとかココナッツオイルなどの良質な脂質を摂ってください。

もしくは魚の油は身体にすごくいいのでサラダチキンとかササミに飽きないように魚も入れていくといいですね。

筋肉は栄養が足りていれば自分が使う量まで増えるが、栄養不足の場合筋トレしても落ちていきます。

その他の栄養素もカロリーオーバーしてしまう場合はサプリメントで補給するのが望ましいです。

メニューはどうすればいい?

おにぎりダイエットは具が気になると思います。

ここで避けたいのはツナマヨみたいな無駄にカロリーが多くなってしまうものです。

ちなみにツナマヨじゃなくツナだけならOK。

マヨネーズがアウトというわけですよ。

牛めしとかオムライスのおにぎりがありますがそういった確実に他の何かが入ってるものもおにぎりダイエット中は避けた方がいいですね。

おにぎりダイエットに成功する人と失敗する人(太った)の違い

おにぎりダイエットに失敗する人は極端なダイエットを行います。

おにぎり”だけ”ダイエットみたいな。

極端なダイエットが最終的に失敗するのはどんなものでも同じですね。

ちなみにこの失敗とはリバウンドも含めています。

ダイエットに失敗しないためにはまず主食をただの白米から冷たいおにぎりに変えるだけでいいんですよ。

それだけで食欲が抑えられ自然と食べる量が減ることはあるし、もし変わらなくても最初の1ヶ月ぐらいはおにぎりに変えるだけでOK。

冷やしたおにぎりにすることで同じ量の温かい白米に比べるとカロリーは減ってます。

でんぷんの一部がレジスタントスターチになるからです。

ついでに便秘改善?

レジスタントスターチは食物繊維の一種です。

そのためダイエット中の食物繊維不足で便秘になるのを防ぐことができるかもしれません。

ただし作られるレジスタントスターチもめちゃくちゃ多いというわけではないので変化があるかは人それぞれになりますね。汗

ダイエット始めてから便秘になった場合は「糖質制限で便秘になってしまう5つの理由!糖質制限したままでも改善できるぞ!」にダイエット中の便秘対策について書いていますので参考にしてみてください。

しっかり対策をすればかなり改善されると思います。

おにぎりダイエットを1週間やってみることに

私の場合以前ちょっとだけおにぎりダイエット実践したことあるんですがもう5年以上前のことなので今とは知識量が違います。

そのときでも1週間で1kg痩せたのでもう一度やれば2~3kgは減らせるんじゃないかなーと思うんですよね。

なので今度また試してみてそのときの結果を書いてみますね。

1週間~1ヶ月程度で効果があるとのことなので実際やってみます。

試したら追記しますね!

まとめ

おにぎりダイエットは普段の白米を冷えたおにぎりに替えて他の糖質はやめるという結構単純な方法です。

一見簡単なので楽勝!と思うかもしれませんが油断して案外お菓子とかジュースでカロリー摂ってしまって太ったということにもなりかねないので気を付けましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク