プロテインを飲むことで得られる8つのメリット!肌を綺麗にしたい人も!?

筋トレには必須のプロテイン。

最近では少しずつですがダイエットにはプロテインがあった方がはるかに効率的だと言われるようにもなってきましたね。

しかしまだまだプロテインはボディビルをしている人とかアスリートが飲むものだと思っている人は多いです。

美味しいのにね。笑

今回はそんな勘違いをしている人にもわかってもらえるようにプロテインのメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

プロテイン摂取で得られるメリット

テストステロン分泌アップ

体重1kgあたり1,6gのタンパク質を摂取することでテストステロンが最大になると言われています。

これはあくまでタンパク質の摂取量とテストステロンの関係なので他の要素はまた別で工夫する必要ありですが、タンパク質の摂取目安がわかってるならそこはクリアできるようにするといいでしょう。

ちょうど1日に必要なタンパク質量が1kgあたり1,5gなのでしっかりとタンパク質を摂るための目安としても使えますね。

テストステロン分泌を増やすには?今日からできる11の方法

1日のタンパク質摂取量を簡単に補える

1日に必要なタンパク質量は最近では体重1kgあたり1,5gなんじゃないかと言われています。

これをしっかり摂取するのは結構難しいんですよ。

たとえば50kgの人の場合は50×1,5=75gとなるんですが、タンパク質75gというのはステーキ100gにタンパク質が22gなので350gぐらい食べる必要がある。

1日ぐらいなら男性の場合は問題ないけど1日でも女性だと結構きついと思います。

これと同じ量のタンパク質を毎日食事だけで摂るのは面倒なのでプロテインで補うといいでしょう。

プロテインの場合1杯あたり15~20gぐらいは摂れるようになっているので食事で足りなかった分はプロテインで軽く補うことができます。

安い

タンパク質の摂取から考えるとプロテインは食べ物に比べて圧倒的に安いんですよ。

卵よりも安いのでとりあえずタンパク質摂取量を増やすという目的の場合はプロテインを買うのが実は一番節約できます。

肉類は脂肪も多いのでタンパク質の摂取量だけを増やしたいときにはあまり効果的じゃないですね。

もちろん卵みたいな完全食の場合は他にも豊富な栄養素が含まれているので、プロテインで代用できるわけではないんですが補うという考え方をすればプロテインが一番安くて使いやすいですね。

なんせ卵毎日食べるのって空きますけどプロテインは飽きません。

空腹感を抑える

減量中やダイエット中の空腹感に負けそうになるときにプロテインが使えます。

プロテイン自体はタンパク質の塊なのでほとんど炭水化物や脂質が含まれていないんですね。

そのため太らずに空腹感を抑えることができるんですよ。

ちなみにタンパク質のカロリーは太らないとも言われていたりします。

タンパク質の摂取量が足りていると空腹感が出にくくなるとも言われているので腹減ったらプロテインでいいと思いますね。

なお飲みすぎで肝臓や腎臓にダメージが入ることはないそうなのでそのあたりは気にしなくて大丈夫です。

たしか体重1kgあたり3gとかをボディビルダーの人たちが飲んでの研究だったので1日のタンパク質摂取量は200gとか300gぐらいになってたけどそれでもダメージはないそうなので一般人が自分の体重に合わせて2g程度摂っても大丈夫でしょう。

食欲を抑えるにはどうすればいいの?空腹感を防ぐ16選!

筋肉量アップ

筋肉を効率よく作るためにはタンパク質が必須です。

タンパク質は筋肉量を増やすためには1回の食事辺り30~40gが限界と言われているんですが、それ以上摂った場合は筋肉の分解を防ぐために働いてくれているため無駄にはなりません。

筋肉を増やすには筋トレして更に大きくするのも大切ですが、分解されないようにするのも大切ですよね。

筋肉量を増やすためにプロテインを摂るといいでしょう。

筋肉量が増えるとテストステロンが高まると言われているのでいい感じに無限ループが可能になります。

低カロリー

タンパク質を食事のみで補うのはとても難しいんですよ。

タンパク質が多い食べ物は脂質も多く食べ物には炭水化物も含まれているからですね。

食事だけでタンパク質を補おうとすると炭水化物と脂質の量も多くなりすぎてカロリーオーバーしてしまうのでタンパク質だけ増やすためにプロテインが活躍してくれます。

プロテインにも炭水化物が含まれていますが肉を食べるより圧倒的にするないですから誤差の範囲でおさまってくれますよ。

時間がないときにも使える

筋トレを続けていると筋肉のためにも「何か食べないと!」とか思ってきたりします。笑

でも5分も昼食の時間がないというレベルで忙しいときもあると思うんですね。

昼食を5分でかきこむとなるとしっかり噛めてなくて消化吸収にエネルギーが使われて無駄な疲労の原因になってしまいます。

しかしプロテインならあらかじめシェイカーにプロテインを入れておけば後は水を入れてシェイクするだけですし、噛む必要もないので1分で昼食終了です。

それにやはり炭水化物が少なくて眠気の原因を作らなくていいのも強いですね。

コラーゲンよりプロテイン

女性が大好きなコラーゲン。

コラーゲン!コラーゲン!って言ってますけど、コラーゲンって体内に入ると分解されてアミノ酸になるんですね。

つまりタンパク質の元みたいなやつです。

ちなみにこのアミノ酸になったコラーゲンはもう一度元のコラーゲンに戻る前にタンパク質が不足していれば他のことに使われるのでコラーゲンにはなりません。

しかししっかりとプロテインでタンパク質を摂取していればそれだけで多少のコラーゲンは作られますし、コラーゲンを摂ったときコラーゲンになる量も多くなるんですよ。

コラーゲン!っていうより先にがんがんタンパク質摂取しましょう。

それだけで身体はかなり綺麗になりますよ。

まとめ

プロテインは本当に使いやすい食品です。

サプリメントというよりは食品としての感覚の方が強くなるので肉や魚を食べるのと同じようにプロテインを摂取するといいでしょう。

いきなりがぶがぶプロテインを飲まなくてもいいので1日1杯間食替わりに飲んでみるのもいいんじゃないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク