プロテインを飲むときに知っておきたい6つのデメリットとは?プロテインって太るの?

前回プロテインのメリットについての記事を書きました。

プロテインってタンパク質の塊でしてすごく身体にいいんですけどデメリットもあるんですね。

場合によってはデメリットがメリットを上回ってしまって逆効果になってしまうこともあります。

今回はプロテインを飲む上で知っておきたいデメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

プロテインのデメリット

肝臓や腎臓への負担?

これは最近の研究では大して負担はかからないと言われています。

ボディビルダーが200g以上のタンパク質を摂取して調査された研究なので一般人が多少取りすぎた程度だったら問題ないでしょう。

なので体重1kgあたり1.5~2g程度をキープして摂取するようにすれば効率よく筋肉を付けたり筋肉量を維持しやすくなりますね。

ただし元から肝臓や腎臓に異常を持っている場合は別なので気を付けましょう。

太る?

プロテイン分のカロリーを普段の食事に追加してもむしろ痩せたよという研究があるのでプロテインのせいで太るということはないそうです。

むしろ筋肉量が維持しやすくなるのでダイエットにはとても効果的と言えるでしょう。

カロリー収支も大切なんですがカロリーが全てではないと最近では言われつつありますね。

ただプロテインは太らないと言ってもこれは水で割った場合です。

牛乳で割れば牛乳に含まれている炭水化物や脂質のカロリーが増えますしスポーツドリンクで割ればそこに含まれている炭水化物の分カロリーは増えるので太る可能性はありますよ。

乳糖不耐症の人は下痢する

日本人は80%以上の人が乳糖不耐症と言われています。

しかも牛乳は健康にいい!と言われているので子供の頃からがぶがぶ飲んでいる人も多いですよね。

というか学校給食だと毎日牛乳出てきてましたし。汗

牛乳を飲んだ後は下痢をするのは乳糖不耐症の可能性が高いです。

なぜ乳糖不耐症の話をするのかというと一般的にプロテインで多いのが牛乳の乳清から作られているホエイプロテインだからなんですよ。

乳糖不耐症の場合はWPI製法という乳糖が含まれない製法で作られているホエイプロテインもあるのでそれを試してみるといいでしょう。

牛乳アレルギーだと体調に異変が

あなたの体調不良の原因が牛乳などの乳製品にあるかもしれません。

私の場合もホエイプロテインを飲み始めてから肌荒れがひどくなりだしたんですが「もしかしてこの肌荒れプロテインのせい?」と思って玄米プロテインに変えたら治りましたね。

そこで乳製品もやめたら子供のころからずっと身体中季節関係なくかゆみがあったのもおさまってしまいました。

牛乳アレルギーの場合ホエイプロテインを飲めば飲むほど身体がボロボロになっていくので他のプロテインを飲むようにしましょう。

個人的には男女関係なく大豆プロテインはオススメしないので玄米プロテインがいいですね。

ちなみに私はアレルギーっぽいものが発覚してから弟にプロテイン上げちゃいましたし基本的には乳製品辞めました。

食事に入ってくる分はひどいアレルギーじゃないので食べないですが外食で自分で選ぶことはなくなりましたね。

体臭がきつくなる

簡単に言うと匂いやすくなるということです。

これはホエイやカゼインなどの動物性たんぱく質のプロテインを飲む場合ですね。

動物性たんぱく質はプロテインじゃなく肉や魚などでも体臭がきつくなりますが、プロテインで摂取量を増やせばその分きつくなりやすいんですよ。

これは食物繊維をしっかり摂ったり腸内環境を常に良く保つように工夫していくことで防ぐことができるのダイエット中にプロテインを飲むようになった場合は腸内環境にも気を付けるようにしてみてください。

私の場合ホエイプロテインが合わず玄米プロテインにしたのでプロテイン摂取による体臭は気にならなくなりました。

玄米プロテインは植物性のタンパク質なうえ食物繊維も含まれてるのでホエイより腸にいいんですよ。

アレルギーとかなくても腸が弱い人も玄米プロテインでいいかもしれません。

アレルギー持ちは飲めない

さっき言ったように牛乳アレルギーだとホエイやカゼインと言ったプロテインは飲めないし、大豆製品にアレルギーがある場合はソイプロテインは飲むことができません。

米がアレルギーというのは聞いたことないのであるのかわからないですが玄米にアレルギーがあるなら玄米プロテインは飲めないんですよ。

ただ全部アレルギーという人はそうそういないと思うので、自分に合うプロテインを選べば問題はほとんどないですね。

ソイプロテインはオススメしない

ドラッグストアとかで市販で売ってるのはホエイプロテインとソイプロテインです。

玄米なんかは売ってないので私の場合はiherbさんにお世話になってますね。

なぜソイプロテインはオススメしないのか?ですがイソフラボンの作用でテストステロンが減少するんですよ。

テストステロンは脂肪分解を抑え筋肉を付きやすい状態にしてくれますし、やる気や集中力を高める作用があるのでトレーニングへのやる気が高まったり集中しやすくしてくれます。

女性の場合イソフラボンいいじゃん!って思うかもしれませんが、最近はイソフラボンって女性ホルモンとしての効果ないんじゃないって意見の方が強くなってきているのでわざわざテストステロンを減らしてまでイソフラボンを摂取するメリットがなくなりました。

男性の場合はテストステロンを減らしてしまい全く得がないのでホエイか玄米にしておきましょう。

まとめ

牛乳にアレルギーがない場合はホエイプロテイン一択でいいでしょう。

一番安いですし。

プロテインのデメリットは体に合わないまま飲んでると余計体調崩しますよということが多いので自分に合ったプロテインを飲むようにしましょう。

と言ってもアナフィラキシーみたいな致命的なアレルギー持ちでない限りは実際飲んでみないと軽いアレルギーとかだとわからないこともあるので1袋試してみるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク