なんと貧乏ゆすりにダイエット効果が!?意外な7つの効果

鬱陶しいイメージのある貧乏ゆすり。

というか”鬱陶しいイメージしかない”と言っても過言ではないでしょう。

しかしそんな貧乏ゆすりはダイエットにかなりの効果があるんですよ!

今回は貧乏ゆすりがダイエットに効果的な理由と外でやっても鬱陶しくない方法を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

貧乏ゆすりがダイエットに効果的な理由

疲労回復

貧乏ゆすりが疲れに効果があるのはふくらはぎの筋肉をがっつり使うからです。

平日に残業も含めてがっつり働いたから休日はゆっくりしたい。と考えてずっとゲームとかテレビで過ごした結果次の月曜はどうでしょう?

すごくだるくないですか?

これは休日で疲労を回復できていないからなんですよ。

時にはゆっくり身体を休めるのも大切ですがこれは日ごろ身体を使う仕事をしている場合です。

実はもっと早く身体の疲れをとるアクティブレストという方法があります。

これはあえて身体を動かすことで血流を良くして疲労物質を除去する方法です。

貧乏ゆすりもこれと同じような働きをしてくれるんですね。

なので仕事や勉強をしながら貧乏ゆすりをしているのは常に疲労回復しているともいえるかもしれません。笑

特にデスクワーカーは1日中身体を動かさず血流が最悪になってることが多いので時々貧乏ゆすりをして疲れをとるのもいいでしょう。

消費カロリー意外と多い

ウォーキングよりも消費カロリーが多いと言われています。

しかし1時間あたりウォーキングは180kcalぐらいで貧乏ゆすりは40kcalなので意識的に行ってもそこまでの効果はなさそうですね。

ただ貧乏ゆすりの場合合計すると何時間も行うことになることもあるので結果として消費カロリーが大きくなるかもしれないです。

1日あたり40kcalの消費だとしても1年で40×365=14600kcalとなり意外と2kg以上の差が出ることになるのでバカにならないんじゃないでしょうか。

血糖値を上げにくくなる

食後に急激に血糖値が高まるとその後急激に下がりそのタイミングで偽の空腹感に襲われるためつい食べてしまう人が多くなります。

しかし食後にうまく貧乏ゆすりを利用すると足を動かすのにエネルギーが使われて血糖値の上がりを抑えることができるんですよ。

結果血糖値が下がるときも急激には下がらずに無駄な空腹感によって食べてしまうことが減り、ダイエットにもとても効果的ということになるんです。

最近では血糖値と痩せやすさは関係ないと言われつつありますが、低血糖になると空腹感が出てくることに間違いはないのでかなりダイエットには有利に働くと思われます。

むくみの改善

むくみは血流が悪くなって血液や停滞していることで起こります。

血液が停滞する理由は座りっぱなしで下半身に血液が行かないことですね。

ふくらはぎは第二の心臓と言われていて下半身から心臓に血液を戻す役割をしています。

なので貧乏ゆすりでふくらはぎを動かすことでむくみを改善することができるんですね。

むくみが改善できれば脂肪が落ちなくても少し細く見えるのは間違いないです。

ちょっとしたタイミングでのむくみ改善なのでちょいちょい貧乏ゆすりしておくとむくみ予防にも効果的です。

貧乏ゆすりでふくらはぎが鍛えられていけばそもそもむくみにくい状態を作ることもできるので意外と万能だったりします。

むくみ改善で痩せる!?見た目を細く見せるために使える7つの方法

体温を上げる

体温が1℃上がるごとに基礎代謝が10~12%ほど上がると言われています。

たった10%と思うかもしれませんが、基礎代謝が1200kcalの人が起きている間16時間として計算すると1時間ごとにに5kcalの差が出てきます。

さっきの貧乏ゆすり自体の消費カロリーと一緒に計算すれば1日ごとに45kcal消費するので更に痩せやすい状態を作りだすことができるでしょう。

ながら運動に最適

仕事中や勉強中はぱっと外に出て運動しに行くのは難しいですよね。

しかし貧乏ゆすりだとそんな作業中ですら運動時間に変えてしまうことができるんですよ。

これで運動する時間がないという状況を打破できます。

と言ってもやはり普通に貧乏ゆすりしているとウザいので周りにうざがられにくい方法を後で紹介します。笑

ながら痩せ!?ついでに運動でいつの間にか痩せる17の方法!

ストレス解消

無意識で貧乏ゆすりを行っている人の中にはストレスがたまっていてそれを無意識に解消しようとしているという場合もあります。

つまり貧乏ゆすりにはストレス解消効果があるんですね。

ダイエットでかなり多いのがストレスによってつい食べてしまってリバウンドという状態ですよね。

とくに仕事を始めるとストレス量は跳ね上がるので気を付けたいところです。

こういうときも貧乏ゆすりで少しずつストレスを解消することができるんですよ。

日中にイラっとしたことがあるのをそのまま溜めておくと仕事が終わってからコンビニによってお菓子やらジュースを買ってしまうことになりかねないのでちょいちょい解消していきましょう。

最大のデメリット

やはり人前ではやりにくいということですね。汗

無意識でやってる人を見るとイラっとすることが多いのでわざわざ自分で貧乏ゆすりするのは抵抗あるかもしれません。

しかし両足交互にやったりもしくは両足同時にやればリズムをとってるだけにも見えるし、時々横に足をブラブラやるようにしてみるだけでなぜかいっきに貧乏ゆすりの嫌な感じが消せるのでオススメですね。

私が受験生の時友達が音楽を聴きながらいつもリズムに乗りながら勉強してたんですが、隣で勉強してても全然うっとうしくなかったですしむしろなんか楽しそうな雰囲気まで出てたので、「あれ?この人脳内で音楽流れてるんじゃね?」って感じでリズムに乗って貧乏ゆすりしてみましょう。笑

まとめ

貧乏ゆすりには思ってる以上にメリットがたくさんあります。

しかし使い方を間違えるとうっとうしい感じが出てしまうので外で行う場合は鬱陶しくないように気を付けましょう。

まあ周りにどう思われてるかわからないですけどね。笑

でも運動する時間がないという場合の消費カロリーアップにはとても効果的だと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク