痩せたい!1ヶ月で3kg痩せることはできるのか?と痩せるための方法

やっべ!来月ちょっとしたイベントあるのにこの見た目はやばい!

1か月あったら3kgぐらい痩せられるんかな?

というか1か月でどれくらい痩せられるんだろう?

と思ったことありませんか?

1か月で10kg!とか書いてるところ結構ありますけど実際本当にそんなに痩せられるのかと。

今回は1か月で3kg痩せられるのか?と痩せるために知っておきたい方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

脂肪1kg減らすためには?

まずは脂肪を1kg落とすのに必要なカロリーを知っておきましょう。

1kgの脂肪を減らすためには7200kcalの消費が必要と言われています。

これ結構な量ですよね。

ですが1か月で3kgとなると21600kcal消費しないといけなくなります。

カロリーを計算してみる

21600kcalを30日で消費するとなると1日あたり720kcalですね。

720kcalを楽と思うかどうかは人によるところですがほとんどの人はきついと思うでしょう。

目安としてはジョギングをノンストップで1時間続けても500kcal消費できないぐらいです。

性別や身長、体重によって少し変わってきますがだいたいこんな感じですね。

なので運動だけで言うとジョギングを毎日1時間半を30日続けることになるんですよ。

脂肪だけで3kg減らすのはかなり厳しい

正直1か月で脂肪だけ3kg減らすのは相当厳しいと言わざるをえないでしょう。

そもそも太ってしまったということは食事や運動管理が苦手ということですよね。

食べたいしあまり運動は好きじゃないという人が多いと思います。

無理ではないけどかなり厳しいのが現状です。

断食すればいける?

となると断食したらいけるんじゃない?と思いますよね。

たしかに完全断食すれば3kg減らすのは難しくありません。

というかチョロイです。

ですがその3kgには脂肪も含まれていますがそれと同じぐらい筋肉が落ちていますし、体内の水分が抜けているだけだったりします。

水分が抜けた分はまた食事を元に戻して水分量が戻れば元通りです。

筋肉が落ちると代謝は下がりますが、食事量を戻したら筋肉量もすぐに元通りというわけではなく筋肉は運動しないとなかなか元には戻りません。

でも脂肪は戻ってくる。

見事リバウンドということになるんですね。汗

1か月で出来る限り脂肪を減らす方法

1日の合計摂取カロリーを減らす

まずは摂取カロリーを少し減らしていきましょう。

最低でも1日の消費カロリー以上の摂取カロリーを摂らないようにしなければ更に太ります。汗

このサイトではある程度の目安を計算してくれるので計算してみましょう。

運動で脂肪を減らす

運動することで少しずつですが脂肪をエネルギーとして消費していきましょう。

いまだに勘違いされていて「脂肪は20分以上運動しないと燃焼されない」と思われていたりするんですが、実際は運動し始めた瞬間から使われているので、5分でも時間があるときは運動していきましょう。

5分も4回やれば20分になりますから何もしないより断然いいです。

1日200kcalでも運動で消費できれば食事制限がかなり楽になりますからね。

食事制限のみ運動のみでは厳しい

ダイエット期間が短期になればなるほど食事制限のみや運動のみで痩せるのは難しくなっていきます。

なので1か月で3kg痩せたい場合は両方の管理をしっかりと行っていきましょう。

多少気持ち的に無理が出てくるのはしっかりとストレス解消していってください。

オススメは筋トレ

ジョギングでも消費カロリーを増やすことはできますがやはり筋トレがオススメです。

ダイエット中は筋肉が落ちやすいので筋トレをすることで出来る限り筋肉量を維持することに徹した方がいいんですね。

もしあなたが脂肪の内側に筋肉をもっているなら筋トレで維持しておくことで、脂肪が落ちた後は綺麗な引き締まった身体を手に入れることができます。

ジョギングの場合は何もしないよりマシですが長時間運動することで筋肉が落ちるので気を付けた方がいいですね。汗

MCTオイルを利用する

脂質からケトン体がエネルギーとして作られる効率を高めることで脂質の代謝を良くする、ケトン体が効率よく使えるように脂質/炭水化物+タンパク質を計算したときが1,5~2.0になるようにできればいい感じで脂肪を落としていくことができます。

食事内容を変える

野菜を増やして食物繊維不足で便秘になることを防ぎます。

便秘になってしまうと代謝が落ちてダイエットの難易度はものすごく高くなってしまいますし、体内に便がたまることで体重変わらないしお腹もポッコリしてしまうため痩せた感じがしません。

カボチャとかニンジンみたいな糖質の多いものは避けましょう。

タンパク質を増やしてその分糖質を減らすことでケトン体を利用しやすい三大栄養素の比率に近づけることができます。

脂質の量はそのままでいいですね

脂質まで減らしてしまうと代謝が落ちて余計に痩せにくくなるのでむしろ減らさないように気を付けるべきでしょう。

半日断食

朝食を摂らないことで午前中はブドウ糖不足になりケトン体をエネルギーのメインとして使うことができます。

胃腸の調子が良くなって吸収率が上がってるので、今までより少ない食事でOKです。

半日断食をすると太るんじゃないかと思われるかもしれませんが、しっかりと昼夜だけにして間食しなければ太ることはないので大丈夫です。

もちろん腹いっぱい食べず8分目を意識して食べましょう。

超簡単!半日断食でダイエット!いっしょに健康も手に入れられる!

見た目だけならむくみ改善でOK

体重3kg落とすのきついなら見た目だけでもなんとかならないの?という場合はむくみを改善していくといいでしょう。

普段の生活では塩分の摂りすぎや運動不足、血流の悪化などで身体がむくんでしまっている場合が多いです。

なので見た目をスッキリさせたいだけならむくみの改善をしていきましょう。

少しダイエットしつつむくみ改善をしていけば1か月で3kg痩せたような見た目になることは可能です。

もし1か月後にイベントがあって見た目を良くしたい場合はこの方法でさっと整えてからゆっくり痩せていくといいと思います。

ただイベントが終わって安心して食事とか生活を元に戻すと全て元通りになるので気を付けてくださいね。笑

無理をすると代謝は下がる

がっつり食事制限をして毎日運動しまくれば1か月で3kgいけるんじゃない?と思いますが、ストレスが多くなりすぎないように気を付けましょう。

ストレス過多になることでホルモンバランスが崩れ代謝がガタ落ちします。

結果すごく頑張ってるのにあまり体重は変わらなかったということもあり得るんですね。

運動と食事で頑張る場合は睡眠をいつも以上にしっかりとるとか他の部分でストレス対策をしていきましょう。

ダイエットをするとフラフラするのはなんで?

ダイエットとか糖質制限を始めるとフラフラするから自分にダイエットは向かないと言ってる人もいますよね。

これの原因は水分不足です。

糖質制限をすると麺類とか白米を減らしてたいていの場合他の食べ物を増やさないので食事からの水分摂取が減ってしまいフラフラしてしまうんですね。

なのでダイエットで食事制限する場合はかならず普段より多く水分補給しましょう。

ダイエットしてないのにフラフラするときはその時点ですら水分不足の可能性があるので、水を飲む量を増やしてみてください。

それで解決しない場合は病院で検査してもらった方がいいでしょう。汗

水を飲んでダイエットが超効果的!5つのメリットとは?

まとめ

1か月で3kg痩せることは不可能ではありません。

しかしかなり切羽詰まった状況でないときついダイエットになるのでオススメはできませんね。

1か月1kgぐらいのダイエットだとかなり簡単に行えるので1年で12kgを最高ラインとしてゆっくりダイエットしてみてはどうでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク