8時間ダイエットのやり方と8つの知っておきたいこと!上手く使えば自然と食べる量は減る!?

なんか簡単なダイエットってないかなー。

とお探しのあなたに朗報!

今回紹介する8時間ダイエットは”比較的”簡単なダイエット方法ですよ!

あくまで”比較的”なので誰でも必ず成功するというわけではないですし、この方法は合わないという人もいるでしょう。

今回は8時間ダイエットのやりかたについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

8時間ダイエットのやりかた

8時間ダイエットは筋トレをメインにトレーニングしている人の中ではリーンゲインズダイエットとして名称を知ってることがあるかもしれません。

1日の中で最初に何かを食べた時点から8時間以内にすべてのカロリー摂取を終わらせる。

ちょっとした注意点はありますが基本的なやり方としてはこれだけです!

基本的に何を食べてもいいと言われていますが、ダイエットなのでやはりお菓子とかジュースは良くないですね。

普段の食事に追加してお菓子やジュースの摂りすぎで摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太るということに変わりはありません。

摂取カロリー>消費カロリーになると太るという原則はどんなダイエットでもぶち破ることはできませんよ。汗

8時間ダイエットをするときに知っておきたいこと

一番いいタイミングは?

1日のうち8時間だけカロリー摂取していいけどどのタイミングがベストなのかというのは知っておきたいですよね。

8時間ダイエットを行う場合最初の食事なりカロリー摂取は12時がいいでしょう。

ちょうど昼食の時間ですね。

朝食のタイミングから始めると最後の食べ終わりの時間が16時17時になってしまいます。

こうなると仕事の都合上12時に1食しか食べられないという人も多くなると思うんですね。

そうなると8時間ダイエットというより1日1食生活になってきます。

最後の食事が16時になると寝る前に時間が空きすぎて空腹で眠れない可能性も出てくるんですよ。

その結果ちょっと何かをつまんだりジュース飲んだりしてしまうことになりかねません。

昼食の時間に1食目を食べれば最後は20時までに食べ終わればOKですよね。

これなら2時間ほど残業して19時ぐらいから夕食を食べてもOKですし、残業が長引くようならこの時間までに一旦夕食の休憩を入れればよくなります。

寝る前には消化も進んでるので睡眠の質が下がることもないでしょう。

可能なら細かく食べるタイミングを作る

昼食と夕食だけと決めずに15時とかに間食を入れてうまく栄養バランスを整えていくといいでしょう。

たった2回の食事だけで栄養バランスを整えるのは難しいです。

量が多くなってお腹いっぱいになれば眠くなるし消化にも時間がかかりますよね。

間食はもちろん低GI値なものがいいのでお菓子とかジュースはアウトでです。

アーモンドなどのナッツ類が良いですね。

手軽にパッと食べられるのも魅力的!

コーヒーを飲むときは注意

8時間ダイエットで大切なのはカロリー摂取しないことです。

食べてもいい8時間以外のタイミングでもストレートの紅茶やブラックコーヒー、水、お茶などはカロリー0なため飲んでも問題ありません。

しかしカフェインは胃酸の分泌を増やすため空きっ腹で飲む場合は水と交互に飲むなど飲みながら薄めた方が良いですね。

またコーヒーに砂糖を入れたりするとカロリー摂ってしまいますし、0カロリーとかカロリーオフと書いた飲料も実際はカロリーあるので飲まないようにしましょう。

というかダイエット中にジュースは基本アウトです。

水をたくさん飲む

8時間ダイエット中の残り16時間は食事からの水分摂取がないため特に水分不足になりがちになります。

なのでその間はしっかりと水を飲むようにしましょう。

16時間のうち8時間寝てるとして残り8時間は1時間につきコップ1杯ほどの水を飲むといいですね。

1日2ℓは飲みたいところなので残りは後の8時間で喉が渇いてきたタイミングで飲むようにすれば程よく水分補給できるでしょう。

水を飲んでダイエットが超効果的!5つのメリットとは?

タンパク質をしっかり摂る

食事に使える時間が短時間になってしまうためタンパク質の摂取量が減ってしまう可能性が高いという問題があります。

タンパク質はあらゆる細胞を作るのに必須なので不足すると大変です。

内臓とかの大切な臓器の修復に優先して使われるためタンパク質不足になると肌荒れしたり筋肉が落ちていくんですね。

ダイエットを始めたら肌荒れし始めた場合タンパク質不足の可能性があります。

これはどのダイエット方法を使っていても同じなので気を付けましょう。

たんぱく質がダイエットにおよぼす効果は?摂取量を増やすことで得られる10の効果

寝る3時間前までには食べ終える

8時間ダイエットはどのタイミングでもいいとは言ってもできる限り寝る前3時間は睡眠の質を維持するためにも避けたいですね。

寝る直前に食べていると消化と吸収で内臓がフル活動していますし、なんといっても胃の中に食べ物入ったまま横になるとものすごく違和感ありますよね。

太ってしまう原因にもなるのでできる限り寝る3時間前には食べ終わるようにしましょう。

仕事や勉強の都合上6時間ダイエットとかになってしまう日もあるかもしれませんがアリだと思います。

8時間で食べられる量には限界がある

やはり短時間で食べる量を増やすのは難しいため、今まで1日3食朝昼晩に食べてた時に比べると比較的簡単に食事量を減らすことができます。

なので脂肪を落としたいと考えている場合には効果的ですね。

しかし普段から8時間ダイエットの食事法を使っていると摂取カロリーを増やすのが難しいので筋トレして筋肉を付けていきたい時期には不向きです。

ダイエット方法なので増量中は使いにくい方法ですね。汗

低GIで腹持ちの良いものを食べるとお腹が空きにくい

最後の食事から寝る前に空腹感を覚えると寝付きにくくなることもあるでしょう。

出来る限り空腹を感じにくくするために低GIで腹持ちの良い食事をしていくといいですよ。

低GIな食事は食後の眠気やだるさも抑えることができるので、まだまだやることがある時間帯には気を付けておきたいものです。

1日8分の軽い運動でOK?

これに関しては「いや、うん。まあ寝転がってるよりはちょっとだけ消費カロリー増えるけど。。。」って感じですね。汗

軽い運動ということはウォーキングとかジョギングになると思うんですが、仮に10分ジョギングしたとしたら消費カロリーは50kcalぐらいでしょう。

これで痩せるのは無理がありますよね。

もし8分間の運動でもダイエットに効果を出すためにはタバタ式トレーニングやHIITのようなかなりハードなトレーニングが必要になってくるでしょう。

タバタ式なら運動時間は4分間ですし、HIITも強度からして10~20分程度しかできません。

それぐらいの強度なら短時間のトレーニングでも効果が出ますよ!

まとめ

8時間ダイエットは様々なダイエット方法の中でも比較的取り組みやすい方法だと思います。

なにより自然に摂取カロリーを減らすことができるのがいいですね。

普段からあまり食べられない人が8時間ダイエットを行うと摂取カロリーが少なくなりすぎることがあるので、そういう場合は間食したり食べられなければプロテインで摂取カロリーを増やして極端すぎるダイエットにならないように調整しましょう。

極端なダイエットにはリバウンドしか待ってないですからね。汗

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク