ジムの選び方がわからねえ!初心者が押さえておきたいジム選び14のポイント!

ジムに通いたいんだけどどこがいいのかわからない。

なんかとりあえず料金高いのがいいのかな?大手がいいのかな?

とか色々悩みますよね。

ジム選びにはいくつかのポイントがあります。

そのポイントを抑えておけばジム選びに失敗する可能性が激減するので知っておきましょう。

今回はジム選びのポイントについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ジムの選び方!初めての人が失敗しないために知っておきたいポイントとは?

スポーツジムは近くにあるか

これが一番のジム通いを続けるコツだと思いますね。

ジムまでの移動時間が30分とかかかる場合最初はモチベーションが高いため我慢できますけど少し慣れてきたら面倒になってきて通わなくなってしまうことが多いんですよね。

平日しかトレーニングしない場合は家の近くか会社に近くどちらでトレーニングするのもいいし、休日もトレーニングしたいという場合は家にできるだけ近い場所を選ぶと良いでしょう。

私みたいに雨が降ったら家から出たくないとか思う人でも会社や家から近かったらなんとか通うことができますよ。笑

値段

ジムによって値段は結構違います。

公営のジムだと安いですけど設備が微妙、ルネサンスやコナミなどの大手の場合は値段高めの傾向がありますね。

設備も大切なことに間違いないですが毎月支払っていける価格帯のジムを探すのもとても大切です。

ジム代が生活を圧迫するのは精神的に厳しいですよね。汗

営業時間

何時から開店していて何時に閉店するのかはめちゃくちゃ重要。

日中は朝会社に行って夜も終電近くまで色々と忙しい人が日中しかやってないジムで契約しても意味がないです。

まあそんなところでは契約しないと思いますが。

休日だけなら行くだろと思って契約しても行かない場合が多くなります。

こういう人なら24時間営業のジムを選ばないとジム通いの習慣はつかないだろうし、日中トレーニングの時間を作れるならば昼過ぎとか比較的空いてるのでその時間に使えるジムで契約すれば良いでしょう。

自分のトレーニング目的にあった設備があるか

フリーウエイトとかマシンを使ってがっつり鍛えたいんだ!という人が公営のジムに行っても設備が整っていないのであまり意味がないという状況になってしまいます。

が、プール使いたいだけとかならプールのある場所を選べば良いので公営でも問題ないジムもあるでしょう。

他にもトレーニング後にはゆっくりお風呂はいって1日の疲れを癒したいなーとか思ってるならスパ施設が充実してるというのも選択肢の一つになると思います。

自分がどのようなトレーニングしたいのか?とか何を使いたいのか理解した上でジム選びをしていこう。

最低でも自分が使いたい器具が置いてある場所を選ばないと値段が安いとか家から近いとかも意味がなくなってしまうので気をつけてくださいね。

混み具合

自分が通える時間帯の混み具合をスタッフさんに聞いておくといいでしょう。

ジムに行ったのはいいけど使いたいマシンがいつも混んでて待ち時間めっちゃ長いなら他のジムに行ったほうがいいですし、家で自重トレーニングやってる方がいいぐらいです。

混んでてなかなか使えないのはイライラしてジムが良いが面倒になる原因にもなるので普段使える時間帯がどれくらいの混み具合なのか初回に聞いてくださいね。

会員さんのレベル

ほとんどの筋トレ初心者はいきなりバキバキの人たちに混じって筋トレを始めるのに抵抗があると思います。

ゴールドジムなんかは比較的バキバキな人が多いと思いますがトレーニング初心者がそこでトレーニングするのは恥ずかしい!と思う場合は他のジムを選んでみるといいですね。

恥ずかしいのが理由でトレーニングできなかったりそもそもジムに通うのが嫌になってしまっては元も子もないですし。

ただそういったバキバキな人はトレーニングの邪魔さえしなければ優しくてトレーニングについて教えてもらえたりするのでトレーニング上級者がいるジムで筋トレするのは自分の成長が早くなるは思います。

スタッフさんのレベル

初心者の自分がトレーニングや栄養などについて質問したとき適切な回答をしてもらえるかが大切。

もちろんしっかり教育を受けているジムの方が正確な回答が返ってくる可能性は高いですが、中にはアルバイトでもめちゃくちゃ勉強していて知識豊富でわかりやすく説明してくれる人もいるので実際に体験とかに行ったとき質問してみるといいでしょう。

自分が初心者のときは特に正確なフォームを教えてもらえたり知識を得られることでトレーニング効率は圧倒的に変わってくるのでトレーニングに詳しいスタッフさんがいるのはポイント高めです。

適当に自己流でトレーニングしていると結構頑張ってるつもりなのに全然筋肉が成長しないとか、変な筋肉の付き方をしたり怪我の原因になってしまったりするので気をつけましょう。

清潔さ

ジム内の清潔さはそのジムのレベルに直結すると言ってもいいです。

特に私の場合トイレが汚いともうそのジムを使う気にはなれないんですよね。汗

トイレが汚いところはスタッフさんの態度も良くなかったりと割と清潔さと施設のレベルも繋がっているのでジム内は綺麗に掃除されているか?も見てみるようにしてください。

雰囲気が好きかどうか

人によって同じジムでも雰囲気が好きかどうかというのは違ってきます。

なんとなく合ってないなと思ってるジムに通い続けるのはそれだけで精神的に苦痛になってくる可能性が高いので別のジムを検討してみてください。

人間の直観は7割以上当たると言われているので「このジムなんか合わない。」と思ったらやめてもいいと思いますよ。

プログラム内容

これも自分がやりたいプログラムのある場所を選びましょう。

似たようなプログラムでもなんか違うなーという感じになることは多いのでとにかく1回体験してみるのが手っ取り早いですね。

プログラムはヨガとかエアロビクス、アクアビクスなど色々あるので好きに選んでみてこれだ!って思うものがあったら入会を決めるといいですね。

ちなみに現在肥満気味で1年以上運動不足状態が続いている場合はいきなりジョギングとか始めると膝への負担が大きすぎるのでアクアビクスがおすすめです。

スパ施設はあるか

人によっては汗を流した後ゆっくりしたい人もいると思います。

仕事終わりにジムに行ってそのままお風呂も済ませたいと考えている場合はスパ施設にもチェックを入れてみましょう。

やはり綺麗に掃除されていないと使いにくいというか水回りは気持ち悪いと思うので清潔さのチェックも必須ですね!

シャワーだけのところもありますが中には結構大きな浴場があるジムも。

サウナは有害金属のデトックスにも使えるのでトレーニング→水分補給→サウナという流れもいいと思いますよ。

女性専用スペースがあるか?

女性の場合女性専用スペースがあるというのも心強いと思います。

と言ってもどこでもあるわけではないので近場のジムであったらいいなーぐらいで探してみてください。

そんなのどうでもいいわって人には無関係な部分でもありますね。

むしろ男いるの無理!という場合は女性専用ジムを活用しましょう。

キャンペーンを利用する

たいていの場合数ヶ月に一度キャンペーンで1、2ヶ月分の会費が安くなったりします。

ここに決めたって時にタイミング良くキャンペーンをやってたりすれば迷わず入会するといいでしょう。

ただキャンペーンで入会した場合は数カ月以内に退会したらその分払ってねというパターンもあるのでよく話を聞いてから入会してくださいね。

長期契約は行わない

いきなりの長期契約は割安になるとしてもやめたほうがいいです。

1発目のジムでは合うか合わないかわからないところもありますからね。汗

もし2週間ほど通って「あ、ここなんか合わないな。」とか思っても長期契約してしまった場合やめられなくなってしまいます。

仕方なく通う意志を持ってみるものの結局やる気が出なくなるので通うのをやめてしまうことに。

なのでまずは一番短期で契約していつでもやめられる状態を作っておくのもジム通いを続けるコツになると思います。

合わないだけでなく急な転勤とかちょっと忙しくなってきたとかホームジム作りたいなとか色々な理由でジムを退会するのには短期契約の方が動きやすいでしょう。

まとめ

ジムの選び方で特に大切なのがジムの通いやすさだと思います。

スタッフさんが良かったり設備が良くても通うのが面倒になったらどうしようもありませんからね。

まずはできる限り近くというのを前提にいいジムを探してみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク