初めてのトレーニングジムの選び方!一回試してみるのもあり?

ジムに通いたいけど選び方が全然わからない。

そうこう考えてる間にジムとか面倒になってきた。

そんな人多いと思います。

ジム選びって難しいですよね。

最初にしっかりと選ばないと結局全然通わないのにお金だけ払ってるような状態になってしまう可能性が高くなってしまいます。

今回は初めての人がジムを選ぶとき何を見ればいいのか?について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

設備がしっかりしている

自分がやりたいトレーニングに関する器具がしっかりと整っている場所を選びましょう。

公営ジムだとフリーウエイトはないことも多いので、ベンチプレスとかスクワットがやりたいと思ってるのに使うメリットはあまりないと言えます。

市営のジムだとプールがないとかは結構あるので自分がやりたいトレーニングに必要なものは用意されているのか?をしっかりと知っておくといいですね。

というかここは最初に確実に抑えておくべきです。

清掃が行き届いている

しっかりと掃除が出来ているかでそのジムのトレーナーの丁寧さがある程度わかります。

微妙に汚れが目立つようなところとかはあまり良くないですね。

気持ちよく利用するためにもしっかりと掃除されているところを利用したいところです。

トレーナーさんがトレーニングに詳しい

トレーナーは筋トレやダイエットに詳しいと思うかもしれませんが実はそうでもないんですよ。

個人レッスンのパーソナルトレーニングの場合は入った時点である程度教育されますが、トレーナーのアルバイトは資格が必要なわけでもなく面接に通りさえすれば誰でもなれるものです。

なので筋トレやダイエットに関して勉強している人としていない人ではレベルが全然違ってくるんですね。

トレーナーさんにダイエットについて質問したらなんか当たり前のことしか答えてくれないということもあるんです。

もしバキバキに鍛えられてるトレーナーさんがいれば知識面に関しては強い味方になりますね。

ジムの雰囲気

なんかここのトレーナーとは性格的に合わないとか雰囲気苦手ってところに通いたいとは思わないはずなんですね。

無理やり安くからとそういうジムで契約しても最初はお金払ってるから頑張っていくかもしれませんが、やはり途中で行きたくなくなってきてしまいます。

すると会員費の空払いで無駄な出費が起き始めるので雰囲気が合うというのも案外大切です。

男女比率

ジムはやはり男性が多いです。

しかし時間帯によって年齢層や利用している男女比率って違うんですね。

女性の場合周りが気になるということもあるでしょう。

ジムの中に女性専用のトレーニング場が用意されていたり、女性専用ジムもあるのでそういう場所も検討してみるといいと思います。

むしろ人いるのが嫌という場合はプライベートジムで個人レッスンを受けるようにしましょう。

この辺りはやはりお金との相談にもなりそうですね。

営業時間

トレーニングできる時間帯によってジムを変える必要があることも。

深夜や早朝しかトレーニング時間を作れないなら24時間開いているジムで契約しないと意味がないですよね。

自分にとって使いやすい時間帯や曜日に営業しているかというのはとても大切になってきます。

もし早朝や深夜しかトレーニングできない場合は可能であれば、ホームジムを作るというのも選択肢としてはありかもしれません。

通いやすい

これ一番大事です。

場所が微妙なところにあると行く気が出ず会員費が無駄になっていくことが多いんですよね。汗

何カ月も1回もジムに来ていないのに毎月会員費だけ払ってる人はかなり多いです。

会社の近くなら昼休みや終業後にトレーニングして帰れるし、家の近くでも終業後トレーニングしたり、休日のトレーニングにも通いやすいですよね。

ジムに通うぞ!って決めた時は少し遠くてもやる気がMAXなので大丈夫だろうって思うんですが、やる気MAXのときの感覚で距離を決めてしまうと失敗します。

やる気が全く出ない日でも行ける距離のジムで契約しましょう。

1回お試ししてみる

1回数百円とか体験無料でトレーニングできたりするので何回か通ってみてこのジムでいいかチェックしてみるといいですね。

1回試すだけでも雰囲気はわかりますし、混み具合や清潔さはわかります。

設備はめちゃくちゃいいんだけど自分が使いたい時間だと混み混みでやりたいトレーニングできなさそうとかもわかりますよね。

こういったことが分かった上で通うか決めるのはとても大切なので体験って緊張しますがしっかりと体験していきましょう。

まとめ

やはり一番大切なのは距離です。

どれだけ面倒でも通えるぐらいの距離が一番いいのでまずは距離と設備を見てその他のことも見ていってくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク