朝に運動をすることで得られる効果は?1日を気分よく過ごすには身体を動かそう!

あー運動したいけど全然時間がない。

朝はなんかぼーっとしてて目が覚めるの昼前。

そんなあなたには朝に運動をしてほしいと思います。

朝に運動を取り入れるだけで1日は劇的に変化するんですよ。

今回は朝に運動をすることで得られる効果について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

代謝を高める

朝の運動によって眠っている身体を起こすことができるので朝一から仕事や勉強がはかどるでしょう。

本当に朝に運動をしたときとしなかったときの集中力は全然違います。

毎日朝に運動していると集中力が高まってるのが当たり前なので気づかないんですが、雨とかで1週間ぐらい運動できない日が続いた後に再開するとすごく集中力が上がるんですね。

あれ、運動のおかげで集中力こんなに上がってたのかって驚くぐらいです。

でもやってるときは気づかないので今運動してる人は継続しましょう。

臭いをとることができる

特に初夏の汗かきはじめの時期は体臭がきつくなります。

朝出かける前に運動してその後シャワーを浴びることで臭い対策が可能になりますよね。

初夏の臭いは冬場でも汗をかくぐらい運動していないひ人の場合は誰でもあり得るのでしっかりと対策しておきたいところです。

朝ごはんがうまい

朝食を食べる人限定の効果です。

が、普段より数倍朝食を美味しく食べられるでしょう。

朝食欲なんてないよって人は起きてから運動して会社や学校の最寄まで移動してカフェで朝食を摂るといいでしょう。

そうすればもう身体も起きてるから食欲もわいてるでしょうし、運動したことで美味しく朝食を食べれますよ。

気分の落ち込み改善

朝の日光を浴びながら運動することでセロトニンの分泌が良くなる。

気分が落ち込んでいる人ってセロトニンが少なくなってしまってることが多いんですね。

セロトニンには精神を落ち着かせる働きがあるので、最近精神不安定なところがあるなと思う人にこそ朝に運動してほしいです。

ただでさえ気分落ち込んでるのに運動なんてやる気にならないとは思いますが、1週間だけでも試してみてください。

かなり気分が違ってくると思います。

運動の気分を良くする作用については「脳を鍛えるには運動しかない」という本に詳しく書かれています。

不眠解消

日光を浴びることで寝ている間にたくさん出ていたメラトニンの分泌が抑えられ、代わりにセロトニンが分泌され始めます。

セロトニンはメラトニンの材料にもなるのでセロトニン不足はメラトニン不足にもつながるんですね。

鬱っぽくなってる人が不眠になりやすいのもこれが原因だったりします。

午前中にしっかりとセロトニンを出すことでメラトニンも増え不眠が改善されることもあるんですよ。

また朝に運動することで運動不足による不眠も多少は改善できます。

運動不足を改善しようと思って夜に運動すると交感神経が働きすぎて余計不眠になってしまう可能性があるので気を付けましょう。

寝る2時間以内の運動は避けましょう。

運動の効果を高めるには?

コーヒーを飲んでから運動

時間に余裕があれば運動の15~30分前ぐらいにコーヒー1杯ぐらい飲んでから運動してみましょう。

カフェインには脂肪分解作用があるのでコーヒーを飲んでから運動すれば効率よく脂肪を減らすことができるんですね。

間の時間はストレッチして身体を温めたり出かける準備をしておくといいでしょう。

そんな余裕がないというときは飲まなくても全然問題ありません。

水分をしっかり摂る

寝起きは水分不足です。

なので水を飲まないと代謝が高まらず効率よくエネルギーが使えません。

また水分補給せずに身体を動かすのはそれだけで負担がかなり大きくなるので気を付けましょう。

最近は部活など運動中でもしっかりと水分補給するようにと言われるようになりましたよね。

自分一人で運動するときにも水はたくさん飲んでください。

朝に運動するときの注意点

起き抜けに激しい運動はしない

起きて5分10分しか経ってないのに急に走りに行くと身体への負担が半端ないです。

なので早起きして少し出かける準備をしつつ身体を起こしてから運動するといいでしょう。

HIITなどのハードなトレーニングをするには起床から1時間以上は時間を空けた方がいいように思います。

水分補給はしっかり

運動を始める前に必ずに最低コップに1杯の水を飲みましょう。

起き抜けは寝ている間ずっと水を飲んでいないので水分不足です。

水分不足は体調を崩す大きな原因になるので気を付けてくださいね。

無理して早起きしない

今すでに5時間とかしか寝てないのに更に睡眠時間を削ったりしないでください。

睡眠不足は太るもとであり、筋肉も付きにくくなるため睡眠時間はできる限り減らさない事が大切です。

朝早くに起きる分は夜早く寝ましょう。

ただし毎日9時間とか寝てる人は2時間ぐらい削っても大丈夫な場合が多いので、自分の体調と相談してみてください。

まとめ

朝の運動は思った以上に効果が大きいです。

なにより朝一から代謝を高めて1日を活発になれるのが大きいですね。

夜に規則正しく運動するのは色々な予定で難しいと思いますが、朝一から予定が入ることはほとんどないでしょう。

継続には一番いい時間帯だと思うので、一度試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク