むくみ改善で痩せる!?見た目を細く見せるために使える7つの方法

やばい!もう後1週間でイベントあるのにダイエット間に合わない!

せっかく久しぶりのデートが近いのにやばいな!

こんなときってありますよね。

今まさにそんな状況かもしれません。

こういう時は今更ダイエットに気合を入れても間に合わないでしょう。

ですが安心してください。

ダイエットでは間に合わなくてもむくみを改善することで2,3kg痩せたように見せることもできるんですよ。

むくみが改善すればその分細くなりますからね。

今回はむくみの改善方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

水をたくさん飲む

まずは水分摂取量を増やしましょう。

むくみの原因は水分が多いのではなく水分不足によって体液の循環が悪くなっていることの方が多いです。

学校や会社にいるといつの間にか時間が経っていて水分摂取を忘れることがあったり、外出しているとトイレがないから水分補給しにくいということもありますが、1日2ℓを1時間にコップ1杯程度のペースで飲むようにしてみましょう。

ダイエット中に水を飲むことで得られるメリット!むしろ水不足では痩せられない!?

睡眠時間をしっかりとる

睡眠中は疲労回復のためにたくさんの老廃物が排出されます。

しかし寝不足だとその作業が進まずに体内でたまってしまってむくみの原因になるんですね。

寝不足の朝の顔がパンパンな原因はこれです。

飲み会の後とかだと最悪でしょう。汗

ちょうどいい睡眠時間は普段のどれくらい寝てるかによっても違うので一概に〇時間寝ればいい!という基準はありません。

毎日8時間寝てるならできるだけ8時間寝た方がいいし、毎日6時間なら6時間で十分な睡眠になるでしょう。

ただ今日は9時間寝たけど明日は4時間しか寝ないという睡眠時間がバラバラなのは最悪なのでやるべきことを毎日にバランス良く振り分けて睡眠時間も同じようにしていきましょう。

さっきので例で9時間寝て次の日が4時間になるなら平均が6,5時間になるので、可能であれば1日目は早く寝て二日目に気合でこなしていくといいですね。

仕事とかだとなかなか難しいところもありますが、ここは調整していきましょう。

その方がむくみだけでなく体調も良くなります。

身体を動かす

できるだけ習慣的な運動をしていくようにしてください。

運動して筋肉がつくことでリンパ液の循環が良くなりむくみにくくなります。

特にふくらはぎを鍛えるとむくみにくくなるように感じますね。

できなければ仕事や勉強中に1時間に1度程度椅子から立って伸びとか屈伸とか軽く身体を動かすだけでもむくみにくい状態を作ることができます。

個人的にかなりオススメなのが貧乏ゆすりです。

貧乏ゆすりはふくらはぎの筋肉を使うので全身のむくみをとるのにとても効果的なんですよ。

学校や会社だとやりにくいと思うのでそういう場合は、朝夕に家で行ってみるといいでしょう。

なんと貧乏ゆすりにダイエット効果が!?意外な7つの効果

飲みに行くのを減らす

飲み屋に行くとお酒と一緒に色々と食べますよね。

居酒屋で食べるものはお酒に合わせて作られているため塩分が多いんですよ。

結果塩分摂取量が多くなり水分をためこむのでむくみの原因になってしまうんですね。

ただし塩分が無駄な水分をため込むんですがアルコールによって体内の水分は激減しています。

老廃物のたまった無駄な水分がたまるのに、アルコールで必要な水分が出ていくというかなり悪い状況になるわけです。

ビールを1ℓ飲むと尿が1,1ℓ出ると言われているので、お酒を飲むときは必ず水を飲みましょう。

最低でも飲み会の後はかならずミネラルウォーターを飲むようにするといいですね。

僕は飲みに行った帰りは近くのコンビニでミネラルウォーターを1本買ってそれを飲みながら1時間ほど歩いて家まで帰るようにしてます。

こうすると歩いてる間に酔いが覚めることで睡眠が深くなりますし、帰りに運動してるし水分摂取もしてるので次の日の朝もむくみにくくなります。

食事内容を変える

毎日むくみやすい人は食事内容を変えてみましょう。

塩分減らしてカリウム増やすといいですね。

お菓子やジャンクフードの身体に良くないと言われている食べ物は控えると余分な塩分とか脂質を摂らずに済みます。

更にカリウムを摂ることで老廃物のたまった余分な水分が排出されるようになりますよ。

その代わりしっかり水分補給することで体内は綺麗な水分が循環するようになり、むくみにくくなるだけでなく疲労もたまりにくい状態を作ることができますよ。

減塩の食べ物は控える

塩分控えるなら減塩のもの食べればいいかな!と思った人もいるでしょう。

でもできるだけで減塩食品は控えて下さい。

減塩という文字に惑わされて余計に多くとってしまう可能性があるんですよ。

ダイエット中でもカロリーオフと書かれているジュースとかって飲んでしまう人が多いんですが、カロリーオフに安心して普通のやつより飲みすぎた結果太ってしまうということが起こりやすいんです。

これと同じで減塩味噌汁だからと言って飲みすぎたり味噌を入れすぎたりみたいなことになりかねないので、あえて減塩食品はスルーしていくのが減塩する方法です。

マッサージする

むくんでしまった対処療法としては足とか顔とか気になる部分のリンパマッサージを行うといいでしょう。

リンパ液は筋肉が動くことで流れるため自力で流れることはできないんですね。

なので滞った分はマッサージで動かしていくとむくみ解消につながります。

最初は今まで滞ってた分を動かすことになるので、時間がかかるし毎日やる必要があるかもしれませんが、徐々に普段から流れやすくなってきて毎日やる必要はなくなってくるでしょう。

まとめ

むくんでいると顔は大きく見えるし、身体が太く見えてしまいます。

全くダイエットしなくてもむくみ改善するだけで2,3kg痩せたようにも見えるので、緊急で細くなりたい人は今日から行っていくといいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク