ダイエットにはスクワットが効果的!足が細くなる方法やがっつり鍛える方法を紹介!

ダイエットにはスクワット!みたいな話も聞きますが「スクワットって足太くなるんじゃないの?」って思ってる人も多いですよね。

実際やり方次第でスクワットは足が太くなってしまいます。

でもしっかりと足が細くなるようなスクワットをすれば綺麗に引き締まった細い太ももになることもできるんですね。

今回はスクワットでダイエットすることについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スクワットダイエットの効果

足が細くなる

やり方にもよりますが太ももを細くすることができます。

太もも周りにはたくさんの筋肉がついているので細くなるように筋肉を意識してトレーニングできれば綺麗で細い足になることは可能なんですね。

同時にふくらはぎも鍛えて足全体が細く見えるようにすることもできます。

筋肉がついて基礎代謝が上がる

最近では座っている時間が増えて足の筋肉が衰えている人が多いです。

下半身の筋肉は全身の70%と言われているので足の筋肉が落ちると基礎代謝は落ちやすいんですね。

なので足の筋肉をスクワットで鍛えることで基礎代謝を維持向上していくことで、ダイエットが落ち着いた後のリバウンドを防ぐこともできます。

全身が引き締まる

スクワットやってみるとわかりますが太ももだけじゃなくて色々なところの筋肉使ってますよね。

腹筋とか背筋も使ってます。

なのでスクワットで背筋が鍛えられ猫背改善にも効果がありますし、腹筋が鍛えられることでポッコリお腹の改善にも効果的です。

全身が引き締まるトレーニングと言っていいでしょう。

日常生活が楽になる

思いもよらなかったところでメリットが得られます。

たとえば階段を登るのとかものすごく楽になるんですね。

そうなれば今までエレバーターやエスカレータ使ってたのを「今日はちょっと階段で行こうかな!」って思えるようになります。

こういった日常生活の中での運動をNEATと言いますが、これを増やすことで自然と痩せやすく太りにくい生活になっていくんですよ。

スクワットで鍛えられる筋肉

大腿四頭筋、大臀筋、内転筋群、ハムストリングスをメインに全身の筋肉が使われるので程よく鍛えることができます。

本当はしっかりと色々な種目をした方がいいけどどれか1種類だけトレーニングしたいという場合はスクワットがいいですね!

足太くなるんじゃないの?

男女によってかなりの差が出のがトレーニングの特徴です。

同じトレーニングを行えば男性の場合の方が筋肉がつきやすいためごつくなります。

もちろん同性でも個人差はあるので「スクワットを~回やったら絶対痩せる」とは言えません。

男性の場合

テストステロンの作用で筋肉が太くなりやすいのでがっちりした足になることが多いです。

あまり太くなりたくない場合は低負荷高回数で行うといいでしょう。

相当ごつい足が欲しい人以外は自重でのスクワットでも十分です。

女性の場合

テストステロンが少ないため相当頑張っても足が太くなることはあまりないと言えます。

それでも気になる場合は鍛えるときのトレーニング内容を工夫していくといいですね!

トレーニング内容については後で書いていきますね!

スクワット15回で腹筋500回?

スクワットはトレーニングの中でも消費カロリーが多く1回0,5kcal程度と言われています。

ということは50回で25kcalになるんですがこれは体重50kgの人が500mほど走れば消費できるカロリーです。

時速10kmで走ったとすると3分走ったときと同じですね。

50回スクワットするのも3分ほどなのでジョギングとは大差ないと言えるでしょう。

スクワットを1時間続けるのは無理ですが。笑

腹筋の話に戻りますね。

腹筋を鍛えてくびれを作りたいと思ってる人が多いがスクワットをする方が効果的です。

理由は筋肉の大きさが全然違うのでスクワット15回するだけで腹筋500回分と言われているからなんですね。

これだったら腹筋をしている間にどんどんスクワットした方が痩せそうだと思いませんか?

腹筋やるならスクワット!って感じですね。

スクワットは運動の中でもトップクラスで痩せられる

筋トレは基本的にグリコーゲンをエネルギー源にするため脂肪燃焼効果は少ないのでダイエットに向かないと言われているんですよ。

ダイエットの脂肪燃焼ならジョギング!ってよく言いますもんね。

でも実は筋トレが終わった後も代謝が上がり続けてその間は脂肪が燃焼されていくんです。

EPOC(運動後過剰酸素消費量)といってこの間は脂肪燃焼が大きくなっているんですが、EPOCの持続時間がジョギングと筋トレでは全然違ってくるんですよ!

ジョギングの場合はトレーニング終了後2時間ほど経てば元の代謝に戻ります。

ですが筋トレの場合は強度によりますが最大48時間も代謝の高い状態が続くと言われています。

この差を考えると最終的な消費カロリーでは筋トレ(スクワット)が上回るんですね。

なのでスクワットはやはりジョギングをするよりもダイエットに効果的だと言えます。

やり方

スクワットのやり方は色々あってやり方次第で足が太くなったり、引き締まって綺麗で細い足のなることもあります。

足をがっつり鍛えたい場合

この方法でのスクワットの場合はかかとに体重ががっつりかかるためその分大腿四頭筋(太ももの前側)の筋肉にたくさん刺激が入ります。

その結果太ももがごつくなって男らしい太ももを手に入れることができるんですね。

バーベルなど負荷を増やしていくことで更に消費カロリーとその後のEPOCの持続時間が伸びていくので上手く活用していきましょう!

足を細くしたい場合はつま先スクワット

回数はそこまで多くなくていいですしものすごく疲れるほど追い込まなくても大丈夫です。

これはさっきのスクワットと違ってつま先に体重をかける方法ですね。

このスクワット方法では大腿四頭筋の負荷が分散されて大臀筋(お尻)や内転筋群(内太もも)、ハムストリングス(太もも裏)の負荷が大きくなり太もも全体をまんべんなく鍛えることで足を引き締めて細くしていくことができます。

つま先の方に体重がかかることで大腿四頭筋ではなくハムストリングスへの負荷が大きくなります。

さっきのスクワットではつま先より膝が出るのはダメって言われてましたがあれは効果的に太もも前面を鍛える方法だからです。

更に動画のように足を広げることで大腿四頭筋の負荷が減って今度は内転筋群にも負荷がかかるようになります。

特に女性の場合はこのスクワットで足を細くしていきたいですね!

期間

個人差がかなり大きいです。

早ければ1週間ほどででるし1ケ月かかってようやく出てくる人もいるんですね。

これは今までの運動経験だったり週に何度何回やるかとか栄養バランスなど様々なことが関わってくるので、「1ケ月で~cm足が細くなる!」とは断言できないのです。

成功した場合はどんな感じになれる?

健康的で引き締まった綺麗な足になることができます。

しっかりとトレーニングすればモデルのような綺麗な足になることもできるでしょう。

正しいやり方をしなければ必要以上に足が太くなってしまうので注意してくださいね!

30日間スクワットチャレンジ

海外では30日間スクワットチャレンジというひたすらスクワットをして全身スリムになろう!という方法が行われています。

最初は回数が少ないけど慣れてないので結構きついそうですが慣れるとこなせそうですね。

30日間スクワットチャレンジ

30日間休息日を入れつつもスクワットをがっつり行っていくのでチャレンジする場合は正しいスクワットを行いましょう。

でないと30日後には太ももが太くなってしまいます。汗

ただ序盤は筋繊維がたくさん破壊されその時に水分が筋肉に入るため一時的に太くなったり体重が増えたりすることがあります。

これは慣れていくと解消されるので続けていけば元に戻ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スクワットはやり方次第でしっかりと足を細くすることができます。

もしやり方を間違えて「あれ?足太くなってない?」って思ったときは1週間ほど中断してフォームを改めてもう一度チャレンジしてみましょう!

太ももを引き締めるために「内太ももを鍛えて痩せよう!太ももを細くするには内側を鍛える!?」も合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク