やる前に知っておきたいダイエットの10個のメリットとちょろっとデメリット

痩せたいけど何度やっても失敗する。リバウンドしてしまう。

そんな人はめちゃくちゃ多いです。

ダイエットに失敗する人は90%以上と言われています。

ですがダイエットする理由を明確にしておけばそこまでダイエットって失敗するものじゃないんですね。

みんな「痩せたい!」といった漠然な目標をもって始めるから失敗するわけです。

理由を明確にすると言ってもたくさんありますよね。

今回はその中でもダイエットをするメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ダイエットを成功させることで得られるメリット

自信がつく

ダイエットを成功させることができれば自信がつきます。

痩せれば今まで太ってるという自覚があった人でもそうでない人でも、見た目が変わるので自信がわきます。

もしくはダイエットに成功した!という体験自体も自分に自信を持つことができる理由ですよね!

ダイエットに成功するということは痩せるまでの計画や食べたいものを我慢する自制心が必要になってきます。

なのでしっかりと計画を守って痩せることで自己管理能力がつくんですね。

自己管理能力はダイエットだけじゃなく仕事や勉強、悪習慣や良い習慣を作るときにも役立ちます。

さらに見た目が変われば気持ちもポジティブになりますよね♪

気持ちの変化というのも大切で今までできなかったことにチャレンジしてみたりすることで、さらに自信がついていきます。

健康になる

元がどれくらい太っているか、にもよりますが肥満に入るぐらいだと健康には良くありません。

肥満には高血圧や糖尿病、脂質異常症などのリスクがあります。

これらは動脈硬化の原因になって心疾患など重い病気につながってしまう可能性があるんですね。汗

肥満を解消することで病気のリスクを減らすことができるのはかなりのメリットじゃないでしょうか?

もちろん肥満じゃなくなれば100%病気にならなくなるわけではないですが、病気の要因をひとつ減らすことができます。

身体が軽くなる

太っている時にくらべてやはり身体が軽くなります。

身体が軽いのは体重が軽くなった分当然軽くなりますし、精神的にも軽くなるからです。

身体が軽ければちょっと運動量を増やしてみたり、今まで断っていたようなイベントにも参加してみたりと行動力が増してきます。

行動できるようになればそこでもまた自信をつけることができますよ♪

睡眠の質が高まる

太っていると睡眠の質が下がることがあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は太っている方が起きやすくなります。

睡眠中に呼吸が止まることで酸素をうまく取り入れることができない時間ができるので、睡眠の質がグッと下がってしまうんですね。汗

また心臓への負荷も強くなって突然死の原因にもなるようなので気を付けたいですね。

肥満が原因の睡眠時無呼吸症候群は痩せると改善していくこともあるのでまずは脂肪を減らしていきましょう。

印象が良くなる

痩せれば印象は良くなります。

たまにマスコットキャラ的な存在でぽっちゃりなのに人気な人もいますが、例外ですよね。

たいていの人は痩せている方が好印象をもってもらえます。

見た目なんて関係ないっていいますが、第一印象はめちゃくちゃ大切ですよね。

恋愛でも最初は中身わからないので絶対に見た目で判断しますし、仕事面でいうと太ってる人は自己管理ができてない証拠だって思われる場合もあります。

痩せるというのは簡単なことじゃありませんが、それ相応にメリットもあるので少しずつ痩せていきましょう。

食費が減る

太っている時に比べたら食費は減ります。

痩せるということはほとんどの場合食事制限をしないといけません。

食事制限をすれば当然食費は安くなりますよね。

普段の食事はもちろん間食する量も減るので人によっては驚くほど節約になる場合もあるでしょう。

疲れにくくなる

食事量を減らして運動をすれば疲れにくくなります。

運動を続けていると体力がついてだんだん疲れにくくなるのはわかると思います。

実は食事量を減らすことでも疲れにくくすることができるんですね!

消化吸収というのはものすごくエネルギーを使います。

実際に1日プチ断食とかしてみるとわかるんですが、次の日身体がものすごく軽いです。

食べてない分軽いというのを越えて疲労感がものすごく減るんですね。

ただ逆に何日も断食をするのはエネルギー不足でフラフラになるようなので危険です。

ほどよく食事量を減らしていきましょう!

生活習慣病のリスクが減る

肥満は生活習慣病のリスクが上がります。

糖尿病はインスリンの分泌などが関係してきますが、毎回の食事でインスリンを分泌しすぎると耐性が出来てきてしまって起こります。

インスリンの分泌は血糖値を調整するために行われるので、糖質などGI値の高いものをたくさん食べると分泌量が増えます。

太っている人って間食が多かったり、麺類や米、パンが好きというイメージが強くないですか?

糖質の多い食事はインスリンの分泌を高めてしまうので注意しましょう。

体臭が減る

太っていると汗をかきやすく雑菌の繁殖が増えます。

それが原因で体臭がきつくなっている人は痩せることで少しずつ改善していくことができますね!

また太っていると動くのが面倒で運動不足になることが多いです。

その結果運動で汗をかくことが少なくなって老廃物がたまり、体臭がきつくなっていることもあるんですね。

普段から汗を流すようにしてみましょう。

運動をしたり半身浴で汗をかいたりすることで体臭を抑えることができます。

汗をかいた後はちゃんと水分補給してくださいね!

運動後体重が落ちるのは水分だけでほぼ脂肪は落ちていないので、そのまま放置しておくと脱水症状の原因になることもあります。

また水分不足では代謝が下がりダイエットも上手くいかなくなるので気を付けましょう。

みんなに優しくなれる

ダイエットに成功すると周りに対して優しくなれます。

これは自信がついたことや心に余裕ができたことが理由です。

周りに優しくなれれば周りからの見る目も変わってくるでしょう。

ちょっとしたデメリット

もちろんダイエットにもデメリットはあります。

ですがちゃんと理解しておくことで防げるデメリットなので知っておいてください!

急なダイエットは体調を崩す

数日の断食やほぼ糖質0の糖質制限、脂質制限は体調を崩す原因になります。

場合によっては拒食症などの病気にもなることがあるので気を付けましょう。

急激なダイエットは筋肉を分解してしまって思ってる以上に脂肪は減りません。

一見痩せたように見えても筋肉がたくさん落ちて基礎代謝が下がってしまっている分、リバウンドの可能性が高くなるんですね。

というかほとんどの場合リバウンドします。

急なダイエットは短期間で行うことが多いので、今までより少ない食事量が習慣になっていません。

なのでダイエットが終わったらすぐ太ってたときの食事量に戻ってしまって、しかも基礎代謝が落ちてるので前よりも太るんですね。

しっかりと計画を立てて筋肉量を落とさず少ない食事量を習慣にしていくとリバウンドはしません。

ゆっくりとダイエットしていきましょう!

ダイエットする前に知っておきたいこと

ダイエットは一生もの

ダイエットは目標の体重になったときが終わりではありません。

むしろそこが始まりと言ってもいいでしょう。

目標の体重はあなたにとって理想の体型だと思います。

その体型を維持することがダイエットの本当の成功なんですね。

まずは目標体重になったことを喜びましょう。

頑張った自分を思いっきりほめましょう!

その後は体重、体型をキープするという新しい目標を立てて運動や食事計画を立てていくと一生リバウンド知らずになることができますよ♪

太ってた自分とはおさらばしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダイエットのメリットはたくさんあります。

ひとつひとつのメリットもものすごくいいものですが、たくさん増えるほど相乗効果が出てくるのでゆっくりとダイエットを成功に近づけていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク