ダイエット中の爆食いOK!?チートデイを使って効率的に痩せていこう!

ダイエットの食事制限きついわー。

結局いつも食欲に負けて食べちゃってリバウンド。

そんな経験のあるあなたに朗報です。

実はダイエット中に爆食いしても痩せる方法があるんですよ!

それが今回紹介するチートデイです。

今回はダイエット中の爆食いOKな日チートデイについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

停滞期を乗り越えるのにチートデイを取り入れる理由

ダイエットで体重を落としていく目標体重にたどり着く前に体重が止まってしまうことがありますよね。

いわゆる停滞期というやつです。

抜ける前放置しているととても時間がかかるんですが、場合にもよりますが停滞し始めたころにチートデイを取り入れると次の日は食べた分ちょっと体重増えるけど2,3日後からは停滞していたのがウソのようにするすると体重が落ちていくようになるんですよ。

場合によるというのはチートデイで効果を得るにはしっかりと食事制限しているのが前提だからです。

ダイエットが長くなってきて我慢できずに実はちょっとお菓子食べちゃってるという場合もありがちですよね。

そんなときにチートデイを取り入れるとどんどん体重は増えてしまうだけなので気を付けましょう。

気づかないうちに食べる量が増えてることもあるのでめ摂取カロリーが多くなっていないか時々見直す習慣をつけておくといいですね。

チートデイを取り入れるメリット

停滞期を早く抜けられる

停滞し始めてからチートデイを取り入れるとその2,3日後からは体重が落ちていきます。

普通に食事制限のみの場合はかなり長い間停滞期から抜けられないことがありますが、比較的早く抜けることができ「体重全然減らないからダイエットなんかやめた!」と挫折する可能性が激減します。

代謝が落ちにくい

停滞期は代謝も下がります。

そのまま放置してるとダイエットが終わる頃にはかなり代謝が落ちてしまってちょっと食べただけで太ってしまう身体になってる可能性があるんですよね。汗

しかしチートデイを取り入れれば代謝が落ちそうになったタイミングでがっつりと摂取カロリーを増やすので「お、さっきまでカロリー少なかったのは気のせいか!じゃあエネルギーいつも通り使っていこ!」と脳をだませるので代謝は落ちません。

まあダイエットが進めば脂肪が減って体重が落ちる分必ず代謝は落ちるんですけど、食事制限飲みの場合と比べると断然落ち幅が少ないということです。

つい食べてしまった。。。が減る

これから3か月ずつ食事制限!

考えただけで辛いですよね。汗

でも「これから3か月食事制限!ただし10日に1日はカロリー気にせずに食べまくってもOK!」だったらかなり気が楽になりませんか?

食べていい日があるってわかってたらその日まで頑張って食事制限続けようと思える可能性が劇的に上がりますよね。

食事制限のストレスによってつい爆食いしてしまうことを減らしてリバウンドの原因を減らすことができます。

チートデイの取り入れ方

まずは日にちを決める

チートデイを取り入れると決めたらまずは次のチートデイをいつにするか決めましょう。

「今日はチートデイでいいか」とか適当に決めて行うと間違いなく失敗します。

体重がどんどん落ちている間はやらなくていいので体脂肪率別チートデイを見て自分が何日に1度ぐらい行えばいいのか知った上で取り入れてみてください。

体脂肪率別チートデイ(男性は10%減らして計算してください)

  • 35%~→必要なし
  • 31~35%→2週間に一度
  • 26~30%→10日に一度
  • 21~25%→7日に一度
  • 20%以下→5日に一度

もしあなたが今体脂肪率35%(男性の場合25%)以上ある場合はチートデイ必要ないのでまずはガンガン体重落としてください。

今回目安としてチートデイは何日に一度取り入れたらいいのかを書き出しましたが、この日数を確実に守らないというわけではありません。

できるだけ守った方がいいよという感じですね。

チートデイ自体はダイエットのストレス解消としてもとても効果的なので、「2週間も我慢するとか無理!」という場合は10日に一度チートを取り入れてもいいと思います。

ただ1日に一度と最初のチートデイを決めたらできるだけチートデイを1回挟んだ後はまた10日空けるようにしましょう。

ようは食べるときと食べないときにメリハリをつけるってことですね。

2日連続では行わない

2日連続では絶対にチートデイしないでください。

それはただの食べ過ぎですからね。汗

2日連続チートデイはアウト!を守らないとリバウンドする可能性が劇的に高まると思われます。汗

中途半端には行わない

2日連続のチートを行わないのと同じぐらい大切なのが中途半端なチートしないということです。

チートデイを行う日はダイエット期間よりちょっとだけ多く食べるというような中途半端は行わないようにしてください。

中途半端だと身体が代謝を上げてくれず多めにカロリーを摂った意味がなくなるんですよね。

維持カロリー+2000kcalぐらいは摂っておきたいところです。

1日だけのことなのでビビらずがんがんいきましょう!

1日中お腹いっぱいでもOKです。

ただそれは面倒だと思うのでたとえば夕食に焼肉食べ放題に行ってお腹いっぱいまで食べるとかがいいかもしれませんね。

ダイエットのご褒美にチートデイで定期的に食べられると考えたらなんか頑張れる気しますね!

チートデイの食事内容

なんでも食べてOK!

チートデイの日は何を食べてもOKです。

ジャンクフード食べてもいいしお肉食べまくってもいいですしケーキやジュースも解禁です。

ただしジャンクフードやお菓子、ジュース系統は次の日以降も食べたくなる誘惑が強くなるので気を付けましょう。

誘惑に耐えられる気がしない場合は食事量を増やすだけにしておけば無難ですね。

できるだけ栄養バランスは整える

何食べてもいいと言ってもある程度栄養バランスは整えてください。

ダイエット中しっかりと栄養を取れる数少ないチャンスですからね。

ここでしっかりと栄養バランスを整えておけばその後のダイエットもスムーズに進みますよ。

チートデイでダイエットが成功する一番の理由

実はカロリーがどうのこうのとかストレスがどうのこうの言ってますがこれが一番大切な理由なんです。

心理学で「どうにでもなれ効果」というのがあるんですよ。

これはダイエットだとちょっと誘惑に負けてしまって1つチョコレートを食べてしまったら「もうチョコ1個食べたから今日はいいや!」ってなってがっつり食べてしまうことを言います。

よくありますよね。笑

ここで止まればチートデイだったと後付で何とかなったりするんですが普通の食事制限で1日食べちゃうと「昨日失敗したからもうダイエットやめた!」ってなりかねないんですね。

しかしチートデイを取り入れることであえて爆食いする日を作るので「どうにでもなれ効果」が発動してしまう可能性を劇的に減らすことができます。

結果太りにくい状況を作ることができるんですね。

まとめ

チートデイは食事制限するとき毎回取り入れてもいいものだと思います。

うまく使っていけばかなり効率よく痩せることができるので十分に気を付けたうえでチートデイ取り入れてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク