ダイエットにデメリット?11のデメリットを知って対策を練ろう!

ほとんどみんなが経験のあるダイエット。

最近では男性でも一度はダイエットしたことがあるというのが普通になってきていると思います。

そんな一般化されているダイエットですがデメリットって考えたことありますか?

ダイエットには痩せる以外にも色々とメリットがある一方デメリットもあるんですよ。

今回はダイエットのデメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ダイエットのデメリット

ダイエットって難しい

そもそもダイエットって簡単なものではないんですよね。

体重を減らしたいだけなら食べなければいいんですが、筋肉量を維持したりリバウンドを防ぐことや健康面を考えると考えることが一気に増えます。

痩せても不健康だと全く魅力なんてないしリバウンドするぐらいならダイエットしない方が健康にいいという研究もあったりします。

私個人的には健康そうなぽっちゃりの方が不健康そうなガリガリより圧倒的に魅力的です。

リバウンド率が圧倒的に高い

ダイエットのリバウンド率は90~95%と言われています。

みんな一回は痩せるけどほとんどは元に戻るということですね。

リバウンドはいろんなところにダメージを与えます。

せっかく痩せたのに元に戻れば「自分はダイエットに成功しないんだ。」と精神的にダメージを受けますし、短期間でダイエットとリバウンドを繰り返せば体にも大きなダメージを与えてしまうため病気になりやすくなったりします。

リバウンドする原因はダイエットを一時的なものと考えていることです。

リバウンド防止をせよ!知っておきたい8つの対応策

サルコペニア肥満の原因に

サルコペニア肥満とは筋肉量が落ち脂肪が筋肉の隙間にまで入り込んでいる状態です。

しかし筋肉が落ちているため一見太ってるようには見えないんですよ。

これが問題で自分では太ってないと思いきや実は体内は脂肪だらけということも多いのは特に食事制限を行うことの多い女性ですね。

サルコペニア肥満を防ぐには筋肉量の維持がとても大切なので気を付けましょう。

筋肉が落ちる

基本的にカロリー不足の状態で筋肉量を増やすことはできないと言われています。

しかししっかりトレーニングすれば維持はできるんですね。

ただ食事制限をするだけだと筋肉量はどんどん落ちていってしまうので筋肉量を維持、増加させるために食事内容やたんぱく質の摂取量、トレーニング量を調整していきましょう。

できるかぎり脂肪だけを落とす!筋肉量を維持して痩せるために知っておきたいこと

栄養不足になりやすい

最近は隠れ栄養失調というのもあってカロリーは足りてるけど栄養不足という人が多いんですよ。

そういった人がダイエットをすると更に栄養不足になってしまいみるみる健康からは遠ざかってしまうんですね。

カロリー制限中はどうしても栄養不足になりやすいので意識的に栄養バランスが整うように食事をしましょう。

ダイエットすると体調を崩す人は間違いなく栄養バランスが崩れてます。

習慣化されにくい

ダイエットの目標がほとんどの場合体重-〇kg、体脂肪率-〇%で決められてしまうためダイエットが習慣化されません。

ダイエットは一時的なものではなく生活習慣です。

生活習慣としてのダイエットが身に付けばもう一生太ることは知らずに生きていくことができるので運動や間食抜きを少しずつ日常化していくといいでしょう。

慣れるまでがきつい

ダイエットをするということはお菓子やジュースをやめたり食事量を減らしたり、運動を始めたりすることになります。

私の場合1日2食を始めて6年経つので朝食を食べないなんて当たり前ですが、毎日3食+間食の状態から間食を抜くだけでもきついですよね。

実際今砂糖禁止を進めるためにジュース禁止(例外あり)を始めたんですがきついです。

ただ慣れてしまえば飲まない状態が当たり前にはないます。

これは続ける習慣を身に付ければかなり楽に習慣化できるようになるので習慣化について勉強しても損はないでしょう。

お金がかかるかも

どれくらい太ってて痩せるのかにもよるんですが、今使ってる服全部買い替えないといけなくなることもあります。

嬉しい悲鳴ですが実際お金がかかる可能性があるのは知っておきましょう。

誘惑が多い

食事制限にはとにかく誘惑が多いんですよ。

食事の誘いや飲み会だけでなく、家に帰れば家族がお菓子を買ってきている場合もありますよね。

ダイエットを始めた途端なぜかケーキを買ってきてくれたりもするのであらかじめダイエット宣言しておきましょう。笑

便秘になる可能性あり

普段から便秘気味の人は更にきつくなってしまう可能性がありますね。

ダイエットで便秘になるというのは結構聞くと思うんですが、原因は食物繊維と水分です。

食物繊維も水分も色々な食べ物に含まれていてある程度自然に摂っているため、普段の食事では便秘にならない人でもダイエットを始めて食物繊維と水分摂取量が減ると便秘になってしまう可能性があるということです。

便秘は代謝を落とすしずっと体内に便が残っていて体重が減らない原因になるので、ダイエット中は食物繊維と水の摂取量に気を付けましょう。

食物繊維を増やすのって難しいことが多いのでレジスタントスターチやガラクトオリゴ糖がオススメですね。

この2つはダイエットだけでなくアンチエイジングにも効果的と言われています。

ただ摂取カロリーを増やさずに食事量を増やすために食前に低カロリーのサラダをがっつり食べるのもオススメです。

ダイエット商品に踊らされることも

ダイエット用の運動器具だったり、「これを飲めば痩せる!」という商品を買ってしまい結局ほとんど使わないことがあります。

器具なんかなくても自重の筋トレやジョギングで痩せることは十分可能ですし、本当にこれを飲めば痩せる!というのがあるとすればそれは薬になるので病院でしか売ってくれないはずですよね。

ちなみに今これを飲むと痩せるというものは1種類しかなくしかも病院でしか取り扱っていないらしいです。

つまり市販のものは過大広告の可能性が高いということ。

置き換えダイエットの場合は1食分をそれに置き換えるのでカロリー量が減り痩せるのは当たり前だったりします。

置き換える場合はタンパク質がしっかり摂れるプロテインがいいですね。

まとめ

当然ですがダイエットにはデメリットがあります。

しかし100%どうしようもないというデメリットもないのでしっかり対策をとっていけばほとんどメリットだけのいいとこどりもできるんじゃないでしょうか。

うまくダイエットできるようにメリットとデメリット両方を知っておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク