ダイエットは現状を知るところから!今日からやっておきたい6つのこと

またダイエット失敗したー。

リバウンドしてしまった。

そんなあなたに質問なのですが、最初に現状把握しましたか?

ダイエットを成功させるためには自分の体型や運動、睡眠などの現状を知ることがとても大切です。

今回はダイエットに必要な現状把握について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ダイエットで大切なのは現状を知ること!

現状を知らなければダイエットは始まらない

今の状態がわかってないのにダイエットを始めてもリバウンドの餌食になるだけでしょう。

現状把握をしていない間はまだダイエットは始まってないんですよ。

運動とか食事の内容とか考える前に現状を知ってください。

簡単な部分では体重と体脂肪率、自分を客観的に見たときの見た目(写真)ですね。

体重、体脂肪率は食事量や水分量でかなり変わってくるのであくまで目安ですが、痩せていくと平均値は下がっていきますよね。

現状を知りたくない?

体重計になんて乗りたくない!という人も多いと思いますが、それは自分からダイエットを放棄しているということです。

ダイエットで一番大切なのが最初から最後まで現状を知ることなんですよ。

後半になってからも現状を意識することで運動量とか食事量が調整できますよね。

現状把握をおろそかにしていると「最近結構痩せてきてるしちょっと食べる量増やしてもいいかな。」とか思ってリバウンドし始めるわけです。

まずは今のあなたの体重や体脂肪率を知ってください。

やっておきたい現状把握

全身鏡を置く

まずは部屋や玄関などに全身鏡を置いてください。

小さな鏡や半身ぐらいしか映らないものだと現状把握しにくいんですよ。

半身の鏡でパッと見ても足とかどうなってるかわかりませんよね。

上半身も実際に全身鏡で見たときよりなんかマシな気がします。

全身鏡で見ると「あれ?思ったよりヤバイな。」ってなることあるんですよ。汗

写真とってみる

全身鏡を用意したら写真を撮りましょう。

太っているとつい服で隠してしまいがちになり現状を忘れてしまいます。

体型がわかりやすい服装や下着だけの状態で写真を撮ってみると現状把握しやすいですよ。

背中側も撮ることで後ろからみられたときの状態もわかります。

これでようやく今後の計画も立てやすくなってきましたね。

たとえば写真撮ってみると思った以上にお尻が垂れてたから引き締まってキュっと上がったお尻になりたいと思ったとしましょう。

ここで気合入れてジョギングしてもキュっと上がったお尻は手に入れることはできません。

筋トレが必要なんですね。

こういうことをわかるようにするためには現状把握が大切になってくるのでしっかり写真で残しておいてください。

毎日体重を測る

体重を初日に測ってからは毎日乗りましょう。

最初は少し面倒ですが慣れてきたら日課になります。

毎日体重計に乗って「今日は1kg落ちてる」とか一喜一憂はしなくていいです。

実際脂肪を1日1kg減らすのは無理なので水分量とかの問題ですからね。

毎日体重を測ることで今自分はダイエットしているということを感じることができるようにするのが大切です。

食事を記録する

1つだけ食べたチョコとか家で映画を観ながら食べたポテチまでしっかり記録しておきましょう。

記録を始めると何を食べたかわかるし食べたら書かないといけないので無駄なものは食べないようにするという意識が働きます。

それにダイエットするときは栄養バランスも大切なので「最近少し炭水化物多くてタンパク質少ないからちょっとの間はタンパク質多めの食事を意識していこう。」とかの細かい部分にも気を使えるようになるんですよ。

ちなみに食事記録に関しては「小さなチョコ1つ食べただけなし書かなくてもいいかな」とか思っても自分は知ってるので意味がないです。

というかウソをついたという事実が自分の自信を失わせてしまうので正直に書き出しましょう。

結局見るのも自分だけですからね。

睡眠を記録する

睡眠はダイエットを成功させるのにとても大切です。

睡眠不足によって食欲のホルモンバランスが崩れてお腹すきやすくなりますし、人によってはイライラしやすくもなりますよね。

イライラでストレスがたまったからドカ食いしたということもあるでしょう。

睡眠記録をとっていれば最低何時間寝ることで自分の場合は食欲が暴走しないのかだんだんわかってきたり、少し寝不足の日は昼寝して対応するとかの応急処置も可能になるんですよ。

運動を記録する

食事と睡眠の記録が定着してきたら運動も記録していきましょう。

どの運動でどれくらいカロリー消費できているのかを意識するだけで体重は減りやすくなるんですよ。

これは実際に研究されていることなのでかなり効果的です。

「今日は20分15秒走った」とかあまり細かく書くと面倒で挫折することになるので、どれくらい運動してだいたい何kcal消費したのかだけ記録しておけばいいでしょう。

運動での消費カロリーは思ったより大きくないので、記録して目で確認することによって運動後も油断して食べる量を増やしてはいけないということに気づくことができます。

まとめ

ダイエットは現状を把握するところから始めないとたいてい失敗に終わります。

一度体重と体脂肪が減ってもリバウンドすればそれは失敗です。

せっかく頑張って減らしたのに元に戻ってしまうのは嫌ですよね。

なのでまずはしっかりと自分の現状を知っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク