海外で流行!日間プランクチャレンジの5つのメリットとは?

お腹を細くしたい。

いい感じに引き締まってくびれのある身体になりたい。

こんな欲求は誰にでもあると思います。

そんなポッコリお腹改善やくびれが欲しいという人にオススメのトレーニング方法がプランクです。

プランクというトレーニングを30日間続けていくのが30日間プランクチャレンジなんですね。

今回は30日間プランクチャレンジとプランクのメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

30日間プランクチャレンジ

30日間スクワットチャレンジと同様に海外で流行ったトレーニング方法ですね。

スクワットチャレンジでスクワットを行うようにプランクチャレンジではプランクをします。

30日間かけて休息日を挟みつつ最大5分までプランクの時間を延ばしていきましょう。

プランクはその日の合計ができればOKです。

20秒を15回で5分でもいいですし、30秒を10回でも1分を5回でも5分を1回でもいいです。

できるだけ長めでスタートした方が回数が少なくなるので面倒さはかなりマシになりますね。

プランクのメリット

プランクは割と全身使われる

何度かプランクをしてみるとわかるんですけど腹筋以外にも色々な部分の筋肉が使われています。

そのためダンベルカールなどで小さい筋肉をピンポイントでトレーニングするよりも効果的に消費カロリーを増やすことができるのでダイエット効果は少し高めになります。

ただダイエットで脂肪を減らすのを目的にする場合はプランクチャレンジをするよりもスクワットチャレンジをした方が圧倒的に効率がいいでしょう。

バランス能力向上

体幹部分が鍛えられるのでバランス能力が向上します。

特にスポーツをしている人には嬉しい効果ですね。

技術的に進歩していなくてもバランスが良くなるだけでスポーツはかなり上達することがあるので、伸び悩んでいる場合はプランクなどの体幹トレーニングに取り組んでみるといいでしょう。

ポッコリお腹改善

プランクでは腹直筋という普段腹筋と言われているところよりも周りの腹横筋などが鍛えられます。

腹斜筋や腹横筋は内臓を支える働きをしているので鍛えることでポッコリお腹の改善にもつながるようです。

あまりお腹周りに脂肪は多くないはずなのにお腹が出ているという人はプランクしてみるといいでしょう。

運動習慣をつけるのに効果的

運動は習慣化させてずっと続けていくのが一番大切です。

やめればせっかくついた筋肉は落ちていくしリバウンドの原因にもなるんですよね。汗

プランクチャレンジは30日間トレーニングを行うので運動を習慣化させるためにとても効果的です。

最初は軽く短い負荷で徐々に時間を伸ばしていくのも続けやすくていいんですよね。

プランクチャレンジが終わる数日前から次は何のトレーニングをするか決めておきましょう。

終わったからだと達成感のままトレーニングをやめてしまう可能性もあるので先に新しい目標を作っておくのが大切です。

姿勢が綺麗になる

プランクでは身体の前後を鍛えることができます。

背中も鍛えられるので猫背の人は姿勢改善にもつながるんですよ。

姿勢ってめちゃくちゃ大切ですよね。

猫背かそうじゃないかだけで見た目が全然違いますし、猫背じゃない方が綺麗に見えます。

しかも猫背をやめるだけで酸素摂取量が増えて(元に戻って)消費カロリーが増えるため太りにくくもなります。

女性なら見た目のバストアップにもつながるでしょう。

まとめ

30日間プランクチャレンジは最初がかなり短い時間なのでそこまで厳しいトレーニングではありません。

そのため続けやすく運動習慣を作るための最初の運動としてもかなり取り組みやすいですよ。

ただ肘が痛くなるのでヨガマットとか何かしら肘の下に敷くものが必要ですね。

ヨガマットなかったらタオルとかでも十分だと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク