ダイエット中のおやつがやめられない!どうしても食べたいときの6つの対処法

ダイエット中って食の誘惑がものすごいですよね。

特に今まで食べ過ぎで食事制限を始めたばかりは気が狂いそうなぐらい辛い日もあるでしょう。

そんな食事制限をしているときにおやつなんてもってのほか!

というわけでもなく食べるものを選んで食べ過ぎなければ意外と食べてもいいんですね♪

もちろん今までのようにジャンクフードやケーキなどの太りやすいものが食べられるわけではありませんが、空腹感を多少ごまかすことができるようになるだけでかなり食事制限は楽になるでしょう。

今回はダイエット中のおやつについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ダイエット中のおやつは何を食べたらいい?

ダイエットをしているからといって完全に間食をやめる必要はありません。

ストレスを感じることなく間食をやめられる場合はやめた方が早く痩せることはできますが、逆にストレス太りしてしまう人もいますよね。

ストレスを減らすためにも量は減らしつつ間食するのも問題ありません。

ただ今までと同じケーキやポテチといった炭水化物や脂質の多いものを食べていると痩せることはできません。

ではどのようなものを間食として選べばいいんでしょうか?

ナッツ類

アーモンドや落花生、クルミなどのナッツ類を間食に少し食べるようにしてみましょう。

ナッツ類には健康的な脂質がたくさん含まれています。

ダイエット中に避けたいのはトランス脂肪酸などの質の悪い脂質です。

脂肪は太る原因だからといって極端に脂肪をとるのを避けてしまうと健康に良くないんですね。

男性の場合はテストステロンの分泌量も下がってしまうなど太りやすくなってしまう他男性っぽさまでなくなってしまいます。

またナッツ類は炭水化物の量が少ないうえビタミンやミネラルも豊富なのでダイエット中の栄養バランスを整えるにもオススメですよ♪

ドライフルーツ

ドライフルーツって甘いですよね!

果物を乾燥させたものなので当然なんですが。笑

ドライフルーツにはたくさん栄養が含まれています。

果物なので食物繊維も含まれているのでダイエット中の便秘予防にもなります。

またドライフルーツでは果物を皮ごと食べることになりますよね。

皮にはたくさんの栄養や抗酸化物質が含まれているので普段食べている果物よりも多くのビタミン、ミネラルを摂取することができるんですね。

ただ水分が抜けている分量が少なく見えるので食べ過ぎないように注意しましょう。汗

ガム

おやつの代わりにガムを噛むというのも対策になります。

ガムはキシリトールにしましょう。

果物系の味が付いたガムはキシリトールに比べるとカロリーが高くなります。

ガムにもほんの少しカロリーがあるので油断しがちですがキシリトールの場合無視できる程度しか入っていないので、キシリトールガムにするといいですね!

食事の少し前にガムを噛んでおくと満腹中枢を早い段階で刺激できて、必要以上に食事で食べ過ぎるのを防ぐこともできます。

豆腐

豆腐が好きだったらお腹すいたタイミングで豆腐を食べましょう!

豆腐はカロリーが低いし血糖値を上げてしまう炭水化物の量も少ないです。

また植物性タンパク質も豊富に含まれているためダイエット中の栄養摂取には効果的ですね。

豆腐だけじゃなく納豆などの大豆類もオススメです。

野菜類

間食としてはちょっと心もとないですが野菜をしっかり食べるといいですね!

朝食、昼食を抜きがちな忙しい人はサラダだけでもさっと食べるといいでしょう。

野菜スティックなんかちょうどいいかもしれません。

タンパク質や脂質など三大栄養素はあまり摂れませんが、ビタミン、ミネラルの不足を補ってくれます。

食事の初めに野菜を食べることで血糖値の上昇を抑えて太りにくくなるので毎食にサラダなど野菜類を食べるようにするといいですね♪

サラダチキン

コンビニダイエット食の代表ともいえる食べ物ですね!

コンビニによって味の種類が何種類もあってその日の気分や好みに合わせて選べるのがメリットでしょう。

低炭水化物高タンパク質なので少し炭水化物を控えたいときには是非食べたいものです。

個人的には食事制限中だけでなく昼からちょっと集中力を落とすことなく作業を進めたいなというときに食べると、眠気もほとんどなく集中力を落とさなくていいのでかなり使いやすい食べ物だと思ってます!

ダークチョコレート

チョコレートと言ってもホワイトや甘いチョコレートではなくダークチョコです。

最低でもカカオ70%以上のものを指しています。

ダイエットの敵と思われているチョコレートは実は健康にはいい食べ物なんですね。

あまり良くないのはチョコレートに含まれている砂糖が原因でカカオは様々な健康効果があります。

ストレスホルモンであるコルチゾールの量を減らしてくれたり、抗酸化作用が強く肌の乾燥を防いでくれるといった効果もあるんですよ!

コルチゾールの分泌量が増えると太りやすくなるし、ダイエット中は食事制限の影響で肌が荒れたりしますよね。汗

ダークチョコレートにはそういったダイエットのデメリット部分をサポートしてくれることもあります。

ゼロカロリーのものは飲まない

基本的にカロリーオフ、ゼロカロリーの飲食物を口にするのはやめましょう。

見た目にだまされることがありますがゼロカロリーでも100ml中5kcalは含まれています。

ちょいうことは500mlのジュースを飲めば25kcal程度は摂っていることになるんですね。

しかもゼロカロリーだしと思って飲みすぎる原因にもなります。

またこういった商品は普通の砂糖じゃなく人工甘味料を使うことで甘くされています。

人工甘味料をたくさん摂取することでカロリー摂取とは違った状態で体重増加の原因となる研究結果もあります。

人工甘味料を完全に排除するのは難しいですがあえて摂るのはやめましょう。

チアシード

チアシードにはオメガ3脂肪酸というものが豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸には中性脂肪を減らしたり、代謝を促進するといったダイエット面の効果だけでなく、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病も予防することができるので健康的な身体を作りたいと言う人にもオススメです。

ただ食物繊維の量も多いのでいっきに食べるとお腹がゆるくなってしまう可能性がありますので気を付けましょう。あ背

低カロリーのおかし

ダイエット中でもお菓子食べたい!と言う人はおかしを食べてもいいです!

ただ低カロリーのものにしましょう。

普段と少し味が異なるので違った楽しみ方ができますし、もしかしたらこっちの方が好み!という人もいるでしょう。

うの花クッキー 1kg (20枚×12袋) ダイエットクッキー 豆乳おからクッキー

空腹感をごまかすには?

ダイエット中に間食を食べるのは抵抗があるという人の場合は空腹感がこないようにするのが大切です。

今までの習慣としておやつ食べたいという気持ちもありますが、やっぱり夕方とかになると小腹がすいてくるので何か食べたくなってくるんですよね。

ではどうやって空腹感をごまかしていけばいいでしょう?

運動

運動をすると一時的に空腹感が紛らわされます。

何か食べたいと思うタイミングとして食事前にちょっと時間が空いたときとかありますよね。

たとえば夕食まで1時間あるけどお腹すいた。みたいな。

そういうときは数秒だけ我慢して運動をしてみましょう。

外にウォーキングに行ってもいいし、自宅で筋トレなどをしてもいいでしょう。

オススメとしてはウォーキングですね!

外に出ることで運動の効果だけでなく強制的に何も食べられない状態になるので食べたくても関係なくなります。

30分~1時間歩いて帰ると夕食が待ってるので間食しなくて済みますね♪

趣味に没頭する

趣味があるなら間食を忘れるためにもがっつり集中してるというのもありです。

ゲームが好きならゲームをすればいいし、読書が好きなら本を読んでいるといつの間にか時間過ぎてます。

やりたいことないわーって人は部屋の掃除などしてみてはどうでしょう?

結構な運動にもなるのでカロリー消費もできますよ♪

水を飲む

人間は喉の渇きと空腹感の差が脳でしっかりと把握できないそうです。

実際は喉が渇いているだけなのに、お腹すいたと思うことがあるんですね。

喉乾いてるだけなのにお腹すいたと思ってお菓子食べるとかめちゃくちゃもったいないと思いませんか?

実は水を飲むだけで満足できるのに無駄にカロリー摂取してしまうわけです。

結局お菓子で喉乾くから後に飲み物飲むことも多いですよね。

先に水を飲むだけで摂取カロリーを減らせる可能性があるので水分補給はこまめにしておきましょう。

喉が渇いたと思ったときには遅いのでどのタイミングで飲むと決めておくといいでしょう。

1時間にコップ1杯の水を飲むとかいいですね!

まずは3食しっかり食べる

毎日のように間食をしているあなたに質問。

しっかりと朝昼晩食べていますか?

まずは3食しっかりと栄養バランスの整った食事を十分にしましょう。

ダイエット中だからと朝食を抜いたりしていると摂取カロリーは激減しますし、栄養バランスも狂ってしまいます。

栄養が足りていないのも空腹感の原因になるのでしっかりと食べましょう。

毎日1.2食で間食をするのは本末転倒です。

3食しっかり食べた上でまだ間食したいときに初めて対策を考えましょう。

血糖値を高くしない

血糖値は空腹感に大きく影響します。

食事で高血糖になるとその後必ず1度は低血糖になってしまいます。

この低血糖状態になったときに空腹感が襲ってきてついお菓子を食べてしまったりするんですね。汗

低血糖にならないようにするには食事内容を血糖値が上がりにくいものに変える必要があります。

GI値というものが高い食べ物は糖質に変わって吸収されやすく血糖値の変動が起きやすい食べ物です。

逆に低いものは血糖値が安定するのでダイエット中は同じようなものでもGI値が低いものを食べるようにしてみましょう。

場合によってはこれだけで痩せたという人もいるので大切なことですね!

寝る

夕食後にどうしても空腹感に襲われた場合はさっさと寝ましょう!

人によっては空腹感で初日は寝られないことがあるかもしれませんが、布団でゴロゴロしてたら寝れます。笑

寝てしまえば次の日の朝までは何も食べなくて済むので勝ちですよね。

もし夕食前にお腹が空いたときも夕食まで寝るという方法もありでしょう。

ただ寝過ぎると夜寝れなくなって今度は夜食との戦いが始まってしまうので、昼寝をすることで夜寝れない人はやめた方やいいでしょう。汗

夕食前のおやつを我慢した結果夜食食べたら最悪ですからね。笑

睡眠時間をしっかりととることでストレス解消になったり、ホルモンバランスも整って痩せやすい身体を作ることもできるのでお腹が空いたら寝るというのもひとつの方法として使えますよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

間食を完全に我慢してしまう方法とダイエット中でもそこまで問題のないものを少量食べるという方法があります。

間食をする場合は低カロリーで少なめにしましょう!

ひとつひとつは低カロリーのものでも食べ過ぎたら意味ないですから。汗

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク