糖質制限で便秘になってしまう5つの理由!糖質制限したままでも改善できるぞ!

最近便秘になってきた。

そういえば糖質制限始めてからかも?

とか思ってる人には今回の記事が役立つかもしれません。

たしかに糖質制限が原因で便秘になることがあるんですよ!

しかしこの便秘は改善できます。

今回は糖質制限中に便秘になってしまう理由について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

糖質制限の便秘で体重増加するのはなぜ?

糖質制限中に便秘になると体重が増加する可能性もあります。

理由は

  • 便の重さ

です。

便の重さって結構あるんですよね。

平気で1,2kgはたまったりします。

慢性的に便秘な人の場合3,4kg溜まってたなんてこともあるぐらいですから「体重全然減らない!」場合便の重さで脂肪が減った分と釣り合ってるのかもしれません。

この場合は便秘改善すればいっきに体重減るしお腹のポッコリ感も改善される可能性があります。

糖質制限で便秘になってしまう理由

食物繊維不足

糖質制限をすると食物繊維の摂取量も同時に減ってしまいます。

白米とかにも少量ながら食物繊維含まれてますからね。

食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、便秘の場合に足りなくなっているのは水溶性の食物繊維です。

「とりあえず食物繊維増やせばいいだろ!」と思って不溶性を増やしても効果がないどころか、便秘の人が飲むと更に便秘が悪化してしまう原因になると言われています。

ちなみに急に水溶性の食物繊維を大量に増やすと身体が慣れていなくて腸が水分不足になり便秘の原因となってしまうことがあるので時間はかかりますが少しずつ増やしていくのが良いですね。

身体が慣れてきて感覚が出るまで1日あたり10gずつ増やしていくといいんじゃないでしょうか。

水溶性食物繊維が多い食べ物は寒天・わかめ・もずく・バナナ・リンゴ・アボカド・オクラ・納豆などです。

不溶性食物繊維が多い食べ物はゴボウ・枝豆・ほうれん草・大豆・じゃがいも・サツマイモ・エノキ・しめじなどです。

便秘に悩まされている場合はまず水溶性を増やして不溶性はあまり増やさないように心がけてみてください。

ちなみに食物繊維を増やすと食欲が抑えられるのでダイエット中は食物繊維を増やすと無駄な空腹と戦う回数を減らせますよ。

水分不足

糖質の豊富な食べ物は水分も豊富だったりします。

そのため今までは気を付けてなくても水分補給できていたのが糖質制限によっていっきに水分不足になる場合もあるんですね。

水分不足はダイエット中の便秘として影響が出るだけでなく体調不良の元にもなるので水を常に持ち歩くようにしてましょう。

ダイエット中に水を飲むことで得られるメリット!むしろ水不足では痩せられない!?

脂質不足

糖質制限を始めてから便秘になった場合糖質の多い食べ物を減らすことで勝手に脂質の摂取量も減っているパターンがります。

なのでタンパク質だけでなくしっかりと脂質の摂取量も確保しましょう。

と言ってもダイエットをしている人が食事量を増やすのは難しいしお腹いっぱいで更に食べるわけにもいかないのでオリーブオイルを飲むといいですよ。

私は直接飲むのは嫌なのでサラダにかけて摂ってます。

味に変化はほぼないので問題なく摂取できる方法ですね。

そういえばサラダにオリーブオイルをかけ始めてから特に便通が悪いわけではなかったんですが更に良くなったと思います。

ただ脂質を増やすために脂っこい食べ物を増やせばいいというわけではなく質の悪い脂質は食欲の暴走を起こす原因になってしまうため良質な脂質の摂取量を増やすようにしてみてください。

オリーブオイルの摂取量を増やす場合は質に注意しましょう。

適当に買うと水増しとかで他に混ざってるものがある分オリーブオイルとしての性能が下がってしまってます。

そういった混ぜ物のない質の高いオリーブオイルがこちら

ちなみにココナッツオイルでもOKなのでオリーブオイルは苦手な場合ココナッツオイルをコーヒーに入れたりして飲むのがいいかもしれません。

腸内環境が悪くなっている

糖質制限はてきとうにやると食物繊維が減るしタンパク質や脂質の摂取量が増えるため腸内環境が悪くなりやすいんです。

腸内環境の悪化は多くの体調不良の原因になってしまうためできる限り避けたいところ。

一度悪くなった腸内環境を改善していくのは時間がかかるので今のうちから腸内環境改善方法を取り入れていって綺麗な腸を目指していってください。

じゃがいもに含まれてるレジスタントスターチというのがかなり腸に良い働きをしてくれるんですが糖質制限中は食べられないのでレジスタントスターチをサプリで摂るのがオススメです。

身体の炎症を抑えて睡眠の質も高まると言われているのでかなり役立ってくれるでしょう。

腸内環境改善が一生太らないダイエットへの近道!?

糖質制限が厳しすぎ

糖尿病でもない限りそこまで激しい糖質制限をする必要はないです。

というか厳しすぎると体調不良の原因になることもあるんですよね。

ムチンという腸内環境を良くしてくれるものを作るのに1日あたり200kcalぐらいは糖質が必要となるようです。

糖質で言うと50gほどですね。

なので1日あたり50gは質の良い糖質を摂るようにすることで便秘を防げる可能性が高くなるでしょう。

と言っても1日50g以下の糖質に制限している人はパッと見で炭水化物とわかる白米とかパンは完全に食べないような状態なので1日1食でも糖質摂ってる間は大丈夫です。

糖質制限15のデメリット!メリットを大きくするためにしっかり対策していこう!

糖質制限中じゃなくても便秘なら応用可能!

今回は糖質制限中の便秘対策として紹介しましたが便秘の原因は糖質制限してなくても同じ場合が結構あります。

なのでもしあなたが糖質制限してないけど便秘やわって場合でも試してみて損はないでしょう。

まとめ

糖質制限をすると便秘になった!という話は結構聞きます。

とくに女性の場合頑張りすぎて全体的に栄養不足になってしまってることもあるので糖質を減らしすぎずしっかり栄養バランスが整うようにしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク