8時間ダイエットのルールを守れば得られる7つの効果!しっかりやれば効果は出るよ!

8時間ダイエットについてのやり方痩せないと言われる理由について書きましたが、まだ肝心な効果については書いていないんですよね。

8時間ダイエットは他の色々なダイエット方法に比べて無茶なところがなく取り組みやすいものです。

今回は8時間ダイエットで得られる効果について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

痩せる

まあこれは普通にダイエットをすれば当たり前ですよね。

食欲に負けてドカ食いしてしまったりするとむしろ太る可能性がありますが、これは8時間ダイエットだけでなくどのダイエットでもありえることです。

しっかりと食べ過ぎない工夫をしてダイエット効果を得ましょう。

リバウンドしたくない場合もその対策は必須ですね。

空腹感を抑えることができる

実は8時間ダイエットって他のダイエット方法に比べて空腹感がマシなんですよ。

1食あたりの量を減らす食事制限に比べて朝食抜きの方が空腹感はマシと言われています。

実際やってみると最初は多少感じるけど慣れてくるとその空腹感がいい感じになってくるという感じですね。

朝起きてすぐに時々プロテインを飲むことがありますが、その日はめちゃくちゃお腹空いた感じがきつくなります。

ダイエット成功には食べないときいかに空腹感を感じにくくするかが大切ですが、8時間ダイエットだと自然とこれを減らすことができるというわけなんです。

集中力が高まる

人間は空腹時の方が集中力が高まります。

これはまだ飢餓が当たり前だった時代の名残だと言われてたりしますね。

お腹空いて何かを食べないといけなくなったときは狩りに出て獲物を捕らえてこないといけません。

このときは本気で集中しないと獲物を逃すことになり命に関わってきますよね。

今はいつでも食べるものがあり、日本で餓死することなんてないですがはるか昔の遺伝子は今も残ってるので、空腹の時間帯は集中力が高まるというわけです。

どちらかというと空腹よりカロリー摂取していない時間が長くなると集中力が高まるように思うので、8時間ダイエット中でもしっかり水を飲むのは大切です。

水で多少空腹もまぎれますし。

無駄食いを防ぐ

しっかりと8時間ダイエットのルールを守ればそれ以外の時間に無駄なカロリー摂取がなくなります。

ダイエットに失敗したり太っていく人はちょっと小腹が空いたときにお菓子を食べたりジュースを飲むのが原因なことが多いんですね。

8時間ダイエットだと食べられる量に限界がありますし、それ以外の時間にカロリー摂取しなくなるので無駄にたくさん食べすぎた!ということは減るでしょう。

プチ断食効果

16時間の間何も食べないということで半日断食の状態になります。

なのでプチ断食と8時間ダイエットの効果はかぶるんですが、プチ断食によって胃腸の調子が整ったりする効果を8時間ダイエットでも得ることができるでしょう。

断食って考えるとちょっときつい部分があると思いますが、8時間ダイエットならなんとかなりそうと思いませんか?

アンチエイジング

空腹の間に体内の炎症が改善されていくので老化防止にも効果があります。

炎症は老化の大きな原因になってしまうので、できる限り少ない方がいいんですね。

毎日3食規則的に食べていると炎症を回復させる時間がなくなりますし、余計に食べていると食事自体が炎症の原因になってしまうんですよ。

ただし8時間ダイエットをしていても食欲に負けてつい食べ過ぎたり、無駄なお菓子やジュースを飲むと炎症は増えてしまうので気を付けましょう。

睡眠の質改善

炎症は睡眠の質を下げてしまいます。

プチ断食状態になり炎症が抑えられることで睡眠の質が高まるんですね。

そのため多少睡眠時間が短くなることもあります。

普段仕事や勉強に部活と忙しくて睡眠時間が足りていない人にオススメですね。

睡眠はダイエットにとってめちゃくちゃ大切です。

睡眠不足になると太りやすい体質になってしまうし、運動するのが面倒になったり食欲が更に増してしまうなどダイエットにとってマイナスなことばかりが増えていくので、睡眠の質が改善されしっかりと眠れるのはとてもいいことなんですね。

まとめ

個人的に8時間ダイエットはプチ断食と同じくかなり取り組みやすいダイエット方法だと思います。

ダイエットの大原則である摂取カロリー<消費カロリーを忘れずに綺麗な身体を作っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク